彼氏をヤンデレにして依存させてしまった話

TAKEBE_akaiitonotanin_TP_V

はろー、こんばんはー、リアルでは口が悪いメンヘラキャバ嬢ことせりです。お元気でしょうかみなさん。いつも見て頂いて有難うございます。
 
あ、こちらもよろしくお願いします(ほしいものリスト)。

 
さて、今回ですね。私の彼氏について語ろうかなと思います。Twitterではちょくちょくお話しているのですが、私には彼氏がいまして。名前をみーくんとしましょう。猫系わんこ男子です。超可愛いのです。その彼氏を付き合う過程でヤンデレ的な感じにして、私自身に依存させてしまったのですよね…。
 

でもそんなことしちゃ駄目だよメンヘラガールズ、ボーイズ!
私は後悔してるよ!!という事を真面目に伝えようかなと思います、はい。
 

 

◆ヤンデレってなんぞ

ヤンデレって何、ってお話ですね。結構みなさんお話は聞いたとこあると思います。ヤンデレ萌えとかを主食にしている方も多いですかね。
 
2次元でのキャラのヤンデレ化とかよくありますよね。ざっくりとしたイメージはそんな感じです。簡単に言うと相手の事を好き過ぎて病んだ状態の、相手至上主義な人っていうのがヤンデレかなって思うのです。
 
特定の誰かを愛して愛して、その過程で独占欲を孕んで病んで、その人を外敵から「護ろうとする」行為が心底にあるのかもしれないです。「自分だけを見ていれば感じていればいい、相手のすべてを自分だけのものにしたい」「自分の愛を理解してくれない君は、自分の愛を理解できるようにしてあげなきゃね」のような感情は独占欲が強いとも捉えられますね。
 
特徴としては、愛している人から嫌われること、愛している人の心が自分から離れること。主にこの2つを恐れ嫌がる傾向が強いです。独占欲も独占されたい欲も両方存在していますので、基本は浮気しない傾向にあります。
 

それはいいことなのですが、相手の存在至上主義、相手以外からの好意なんかどうでもいいし気持ち悪い興味ないってなりますかね。相手がいない生活には嫌気が刺したり、相手の存在が自分を構成しているような感覚になってる人も多いみたいです。イメージ的にはこんなかんじですかね。
 
「あなたが私の事を愛してくれてないのだったら私もう生きている意味ないよね?!」
 
私独自の定義ではありますが、恋愛におけるメンヘラとの違いを端的に言うと、「特定の誰かに」愛されたいのか「誰でも」いいのか。特定の誰かに愛されたくてその人以外興味ないのがヤンデレ、誰でもいいから愛されたく病んでいる状態がメンヘラかなって思います。賛否は多々あると思いますが、あくまで個人的な定義です。
 
なんか文章だと分かりづらいので、軽く表にまとめてみました、こんな感じです。
 

キャプチャ

 
さて、これだけ見ると「相手の事を只管愛してくれるヤンデレって最高なのでは?」と思うかもしれません。気持ちはわかります。自分だけをみてくれる人っていいですよね。

 
でも、ヤンデレ最高って思えるのは2次元だけです。だって実際の生活における弊害とか考えなくて済みますよね。2次元の一部分だけを見て「ヤンデレ最高!!」とか言っちゃ駄目ですよ。大方そういう人は実際にヤンデレさんと付き合ったら互いに不幸になるのではないかな、と思います。
 
重要なのは、ヤンデレは2次元だからいいんです。実際幸せになれるのは、一部の組合せだけなので3次元で求めたらあかんよ!!ってことです。
 
幾ら、ヤンデレが好きだとしても、嫁を幸せにしたいならヤンデレにしちゃいけないよ。中途半端な気持ちでヤンデレっていいよな、って思ってるとヤンデレサイドは、「どうして自分だけを見てくれないの?」「あんなに愛してるってってくれたのにどうして」みたいな感じになって、最悪ストーカーやDV化してもおかしくはありません。生半可な気持ちならやめましょう。
 

 

◆依存かれぴっぴ、召喚

簡単に言うと依存させちゃいました。メンヘラガールズ&ボーイズは真似しちゃ駄目ですよ。ある程度常識もってる人なら、字の如く、後で後悔しますからね。
 
さて、ヤンデレ経緯を話すために私の大学時代の話をちょろっとしましょう。と言っても数か月前なのですが。
 
大学に通っていた時に、私はあるサークルに入っていたのですね。まぁ正直に言うとそのサークルがある種メンヘラ化を促進したのですがそれはおいておいて、そこではリーダー的なポジションにいたのですよ、このクソメンヘラビッチもどきの私が。
 
そんなリーダー的なポジションだった時にする事って、指示出しとかなのですが、実際めんどくさいんですよね。そのくらい考えてやれやボケ、ってなるので。

まぁそれを表に出すわけにもいかないし、外面よい先輩、或いは同輩であれるようにはどうしたらいいのか?考えた結果、心理学を齧る事にしてました。「自分の思い通りに人を動かしたら楽だよな~~なら心理状態把握してその人操作しちゃえ~~」みたいなノリで心理学を勉強していたのですね。(尚実際に使えない学校の授業である心理学の単位は落とした模様。無駄に知識だけはあったから、わかってることばかり言われてつまらなくなって行かなくなりました)
 

そんな矢先に2年前に知り合っていたみーくんに再開。みーくんとの関係は簡単に言うと、現在は交際相手兼お仕事仲間です。社畜仲間って言ってもいいのかもしれない。互いに幹部みたいなものなので、会う予定を作らなくても、会議やら仕事やらで会うんですよね。
 
まぁそれはさておき、みーくんはメンヘラホイホイみたいなヤンデレな性格をしてるんです。自分の懐にいれた人への対応が甘すぎるんですね。

今年の3月位には「この子と付き合えたら楽しそうだなぁ」って思ったんですけど、当時みーくんには彼女がいたので、親友的なポジションにいれたらいいかなぁって感じでした。当の本人、みーくんがメンヘラチックだから仲良くなれるけど、恋人にはなれないだろうなぁって思ってました(笑)。それでも構わないと思えるくらいには、みーくんの傍にいたかったんですよね。「あわよくば、彼が私に依存してしまえばいい」みたいな思考ですかね。
 
そんなわけで、「どうやったら依存するのか。どうやったら私だけ見てくれるのかな。可能なら、愛してほしいなぁ」というメンヘラスパイラルに陥った結果、相当心理学知識を悪用して陥落させましたね。性格悪い?うん、知っています。私の性格が悪いのは腐れ縁の3.4年関わっている奴のお墨付きなのです。言い方はあまりよくないですが、性格悪くて何が悪いの?
 
これに関して思う所がある方もいるかもしれませんが、私は性格悪い事を免罪符にしてどーのこーの、という訳ではありませんので悪しからず。普段はそういう面は一部以外には公開していませんよ。
 
これくらい開き直ってるので、性格悪い事もメンヘラな事も全部みーくんには公開済です。とはいえ私がみーくんに罪悪感がない訳ではないのです。とはいえ、それでもいいって言ってくれるみーくんは超絶可愛いのです。いや本当に可愛い。私の嫁は生態系一可愛い。So Cuteなのです。
 

 

◆依存させるためにしてしまったこと

先程、心理学知識を悪用して陥落させたという事を記載しましたね。

では具体的にどうやってしまったのか、という事をざっくりとお話しましょう。先に記載しておきますが、真似はしないでください。愛しい人と、貴方の為です。
 
当時、私が考えた事は「どうやったら私に依存して、私を見てくれるようになるかな」という事でした。つまり目的は「依存させる事」でした。
 
「どうしたら依存してくれるかな?」と考えた際に、前提とした事がこちらです。
 

・一緒に課題をクリアする。
・まず自分の事を考えさせる時間を増やす事
・私に関する事での感情の波を激しくする事
・相手のメンヘラチックなところを否定しない、受け入れる
・自分も弱さを公開する。
・↑4つを実行した上で一気に突き放す。

 
ざっくりというと、こんな感じです。実際にどうやって実行するか、という点ですが1つ目は余裕でした。だって一緒に仕事を達成し終わったばかりでしたので。
 
自分の事を考えさせる事は簡単です。仕事の会議等では否応なしに顔を合わせる事になりますし、仕事関係でLINEをして、その後雑談になる事も多く、恐らく5月までは毎日LINEをしていましたね。Twitterでも仲良くはしていましたので、自動的に関わりが多くなる事で、私の事を考える時間は増えますね。

 
私に関する事での感情の波を激しくする、これはざっくり言うと喜怒哀楽を激しくさせる事でした。ちょっと話がズレるのですが、私は基本社畜体質なのです。仕事あったらそれ以外の事は考えず、仕事を一人で抱えて、傍からみたらそつなく仕事をこなすように見せる。こんな人間なんですが、相当仲の良い人間から見たら限界が近づいているのはバレバレなんですよね。
 
みーくんも当時、仲の良い人間に1人であったので私の限界が来ている事に気付いていました。更にいうとその当時、他部署からの引き抜きで海外に来ないかというお話が来てたのですが、今抱えている仕事はやり遂げないといけなかったのでお断りしたのです。
 
幸か不幸か、結果的にはそれらの関連で、みーくんの感情を見事に揺さぶっていましたね。「なんとかしてあげられないのか」「なんで他の人はなんもしないの」等の喜怒哀楽でいう怒哀の部分が主でしたが、その課題はクリアしました。
 

相手のメンヘラチックなところを否定しない。という所ですが、これも簡単なんですよね。「普段の生活において、自分を否定ばかりする人と肯定してくれる人、どちらと仲良くしたいですか?」という問いの答えです。
 

自分の弱みを見せる、これはざっくり言うと「貴方にだけこんな弱い姿を見せているのよ、貴方を信頼しています」という意思表示ですかね。相手を独占したい、と考える相手には、自分の弱みを見せる事が効果覿面であると考えました。これも当たりでした。
 

突き放す、これに関しては賭け要素が強いです。うーん…わかりやすくいうと、ドラマチックな展開といったとこでしょうか。DVの例を出してみましょうか。
 
暴力を振るった後に愛情を過剰なほどに与える行為をDVとしましょう。

「なんで暴力を振るうの?私がした行動が間違っていたのかな?」のような心理状況になりますね、そして自分を追い詰めますね、最終的に謝罪をする際に、快く受け入れて愛情を与える、これによって被害者は「私はこの人から離れてはいけない」みたいな心理になりますね。
 

まぁざっくりではありますが、こんな感じで依存させてしまいましたね。やったらあかんよ、フリじゃないです。
 

 

◆ヤンデレ彼氏の実際

ここからは、実際、彼氏(みーくん)を依存させてみてどうだったのか、っていうレポートです。
 

うーん…はっきり言ってしまうと、依存させるのはやめとけって感じです。なんでやめとけなのかってとこなのですが、結構理由はシンプルなんですよね。相手を不幸にする可能性が高い。これに尽きます。

 
みーくんが精神的に私に依存してる以上に、私はみーくんに依存して生きているのですが、ここで問題です。

 
私が不慮の事故とかで死んだらみーくんはどうなるでしょうか?
 
いきなり依存している、なおかつ愛して病まない相手がこの世の何処にもいなくなるのです。残るのは服や写真、記憶だけ。私だったらそんな世界、いらないかなぁって思ってしまうのです。

何が言いたいのかって、簡単な事なのです。依存させるって事は今後の相手の人生に影響を及ぼす可能性があるなって思うのですよ。「その人の存在がなくなった今、何を糧に生きればいいのだろう?」こんな風に考えて、最後に自ら人生さよならを選択された日には、黄泉の国でお説教モードになります。
 

幾ら依存してほしいと願っても、いくら愛してほしいと願っても私の根底にあるみーくんへの思いは「幸せになってほしい」これ一択なので、後追い自殺してほしいなんて、願っていません。なので、正直言ってしまえば、互いに依存している共依存的状態の現状はあまりよろしくないですね。それでも(多分)みーくんが嘘をついてない限り、本人も幸せみたいだし私とみーくんの関係はこれでいいかなぁって思っています。
 

ただ、この関係性は本来あるべき形ではないと思いますし、大方互いのメンヘラ基質が作用してなければこの関係が上手くいくことはなかったと思います。つまりあれや、相手を幸せにしたいなら、依存させようとか思わないで普通に恋して普通に愛してあげてください。普通がわからない場合は仕方ないです。Google先生に聞いてみましょう。
 

余談ではありますが、LINEの返事が不規則という人はヤンデレくん/さんと付き合う事をお勧めしません。返事が長時間来ないと不安がります。

ざっくり言うと所謂「重い恋愛」が無理な人は依存もヤンデレも付き合えないのではないかなって思います。元より依存傾向の強いヤンデレさんは、基本的に独占欲する/されたい欲が強いというお話を前述しましたが、その理由から自分(ヤンデレじゃない側)からの愛情を感じられなくなると不安がります。なので気持ちが移り気な人には絶対お勧めしません。
 

 

◆まとめと反省

ヤンデレと依存体質が本当に周りも巻き込まず双方幸せになれるのは2次元だけだから、まじでやめときましょう。
 
もしこの記事を切欠に「依存してくれるのいいなぁ…」とか万が一にでも思ったらお風呂入ってきてください。落ち着いて。考えない。想像しない。お・か・しですよ。昔避難訓練でやりましたよね。
 
もしそういう交際したいというのであれば、リスクを考えてから行動してくださいませ、私は責任取れないしこれを助長したくて書いたわけじゃないのです。
 
私とみーくんはたまたまうまくいっているに過ぎないです。実際私にヤンデレの気があるからうまくいってるだけかもしれないですし。
 
幸せな、恋をしてくださいメンヘラボーイズ、ガールズ。




The following two tabs change content below.
せり

せり

眼鏡がおいしそうと言われた変態とメンヘラを引き寄せるメンヘラキャバ嬢

1 件のコメント

  1. 名無しのメンヘラ(仮) 返信

    せりさん、初めまして。
    好きな人に無意識でとっている態度がまさに、これだったので驚いてコメントしちゃいました。
    すでに突き放す段階なので相手にメンヘラの気質がないことを祈るまでです…
    せりさんの書く言葉好きです。また掲載楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です