障害者のまったくいなくなった社会はどう思いますか。素晴らしいと思いますか

AMEjyoubudehoiku_TP_V

「障害者のまったくいなくなった社会はどう思いますかか。素晴らしいと思いますか」

という問いかけを学生たちにした先生がいたらしい。そしてその半数は「素晴らしい」と答えたのだそうだ。

はっきり言わせてもらう。寒気がした。
まず浮かんだのは「安直すぎやしないか」という感想だ。
ではなぜわたしがこの感想を抱いたのか障害者の視点から書いていけたらなと思っている。

まず、障害者という言葉を辞書で引いてみた。
辞書にはこう書いてある。

「何らかの原因によって長期にわたり日常生活または社会生活に相当な制限を受けざるを得ない人のこと」(Wikipediaより)

ふむ。なるほど。と思う。
だけど障害にもいろんな障害がある。
身体の障害、発達の障害、精神の障害……。

たぶんこのコンテンツを見ている人の多くは、発達の障害もしくは精神の障害を持っている人が多いと思う。ちなみに、これを書いているわたし自身は、発達障害と診断されている。このわたしも診断された発達障害、実は結構厄介な障害で、見た目や話した感じはごくごく普通であり、とても障害かどうか見分けがつかない、医師であっても診断の難しい障害である。障害として認知されたのも最近の出来事で、それまでは発達障害という定義すらなかったと言われている。つまり、発達障害という障害は、医学が発達した現代の世界が作った障害とも言えるとわたしは思う。

医学は日々進歩し続けている。もしかしたら、50年後、わたしたちが歳をとってしまったころには、今治らない病気でさえも治るようになっているかもしれない。それは単純に素晴らしいことだと思う。多分最初に載せていただいた問いかけの学生たちもそういうことを踏まえた上で、「素晴らしい」と答えたのではないだろうか。誰だって病気にも障害にもなりたくはない。それは健常者だって障害者だって同じだ。

だけど、わたしが思うのは、「それって安直すぎる考えなんじゃない?」ということだ。何に対してそう思うのかは未だに自分でも定かではない。ただ、何故か自分の心の中で危険信号が鳴っている。

先ほどの問いかけを見た時、最初にわたしが思い出したのは、伊藤計劃という作家の「ハーモニー」の世界である。

読んだことのない方に簡単に説明すると、舞台である近未来の世界では、病気という概念が存在しない。人々は皆、watch meという端末で国に健康を管理され、心身共に健康である。この世界では、太ることも自殺することも許されない……。という世界観だ。

話が少し逸れてしまったが、わたしにはまるで先ほどの問いかけが「ハーモニー」の世界そのものな気がしたのだ。確かに障害者が存在せず、皆が健康な世界は素晴らしいとわたしも思う。だけど、その「障害者が存在しないことが素晴らしい」という思考に至ることがわたしには怖い。いや、これはあくまでも「障害者がまったくいなくなった社会」という仮定の話であって、その障害者がまったくいなくなるまでの過程はあくまでも視野に入れないということはわかってはいるのだけれど、その考えそのものが、わたしにはとても怖い。

最初に述べた通り、わたしは発達障害者だ。そしてこのメンヘラ.jpには、発達障害や精神障害を抱えている人達がライターとして日々記事を書き編集し更新している。わたしは最初に診断されてもう五年以上も立つけれど、自分の発達障害のことをまだ受け入れられずにいる。だけど、この先もおそらく寛解するまでか死ぬまでこの障害と付き合っていくことになる。それだけは確かだ。それはどの身体であれ、精神であれどの障害者だって同じだ。これから医学がどんどん進歩して、新たな薬や治療法だって出てくるかもしれない。それはとても素晴らしいことだと思う。だけど、わたしには「障害者がまったくいなくなった社会」というものが全くもって想像できない。より正確に言えば、「障害というものがまったくなくなった社会」というものを想像できない。

わたしは障害というものは、医学が進歩すればするほど増えていくものではないかと思う。最初の発達障害の話に戻るけれど、つい最近になるまで、発達障害という障害は存在しなかった。医学が進歩したからこそ発達障害は障害と認められ、少しずつではあるが認知されつつある。わたしはそれは別に構わないと思う。きっと障害を持つ当事者たちはずっと他の人とは違う違和感に苦しんできたと思うから、「障害」と何かしらの名前がつくことで安心した人もいるのかもしれない。逆に「障害」と名前がつくことでレッテルを貼られているような気持ちになる方もいるのかもしれないけれど……。それは人それぞれなのでわたしからは何とも言えない。ただ、わたしがひとつ言いたいのはこれだ。

「障害がまったくなくなることはほぼありえないし、障害者がまったくいなくなることもほぼありえない」

きっとこれからも医学の進歩と共に発達のような障害は次々と見つかるだろうし、いつ新型ウイルスや伝染病が流行るかもわからない。不慮の事故だって起きるだろう。もしかしたらこれからの情報化社会に疲れて精神的に病気になってしまう人だっているのかもしれない。だから、あくまでも個人的な意見だけどこの問題についてはいつまで経っても答えが出ないのではないかとわたしは思う。

むしろそれよりも、わたしが健常者のみなさんに問いかけたいのは、「もし自分が障害者だったらどうするのか」ということだ。そしてわたしと同じく障害を持っているみなさんにも「もし自分が健常者だったらどうするのか」ということだ。自分ではない相手の気持ちを考えるのは、簡単なことに見えて案外難しい。だけど、

まずは考えてみることからはじめてみてはどうだろうか。……いやあ偉そうに長々書いてはみたものの、これ、需要があるのだろうか(汗)ここまで読んでくださった読者のみなさん、もうちょっとだけお付き合いいただきたい。

ということで今回の記事で伝えたいことをざっくりとまとめるとこうなります。

・医学の進歩、発達とともに発達障害や精神障害など見えない障害が増えている

・いつ不慮の事故や新型ウイルスに感染するかもわからない

・健康な社会になってもそれが住みやすい社会とは決して限らない

・障害がまったくなくなることもありえないし、障害者がまったくいなくなることもありえない

・健常者は障害者の、障害者は健常者の気持ちを一度考えてみてはどうか

の五つです。もしよろしければみなさんも考えてくだされば嬉しいです。そしてあわよくばこのメンヘラ.jpやはてなブックマークやTwitterで意見をどんどん発信してくれたらな、と思います。

……まあ散々長々と偉そうに書いたけれど、わたしはただの通りすがりのメンヘラ.jpの読者投稿マンなので間違っている点は多々あると思います。そこはちゃんと指摘してくださると嬉しいです。読者のみなさん、いつも読んでくだってありがとうございます。そして編集さん、今回もこんな記事を書かせていただいてありがとうございます。以上、もう読者のみなさんと編集部のみなさんとメンへライターのみなさんにはには頭が上がらない花坂 埖でした。また記事が掲載されることがあったらよろしくお願いします。

あ、そして最後にもう一度だけ、みなさんにお聞きしたいことがあります。

「障害者のまったくいなくなった社会はどう思いますかか。素晴らしいと思いますか」




The following two tabs change content below.
花坂 埖

花坂 埖

片田舎に住む実家暮らしの20歳。中学生の時に南条あやと出会い、広汎性発達障害と診断されたことにより、メンヘラをこじらせ現在に至る。只今絶賛自宅療養中。

7 件のコメント

  1. 寿司マーブル 返信

    障害者が己の障害を感じることなく暮らせる社会を作ることができたら、この世から障害者はいなくなるんだと思います。
    それはとても素晴らしいことですよね。そういう意味で障害者がいなくなるのなら、私はいいと思います。
    (ネズミの国が障害者割引をしていないのは、障害者の方でも健常者と同じように楽しむ設備が整っているからだそうです。)

  2. とりあえず人 返信

    そもそも誰が健常者とされる人で、誰が障害者とされ人なのかまったくわからないです。みんながみんな、同じ人に同じ判断基準でみてもらっているわけでもないですし、そうであったとしてもその判断する人がそもそも健常者とされる人か障害者とされる人かの判断をどうするかもわからないですし。

    そのような事情の下で障害者のまったくいなくなった社会がすばらしいとよくそんなふうに答えられましたと思います。また、障害者のまったくいなくなった社会が実現したとしても、そこでは多数者の好き嫌いという安易な意見により今この世界で障害とされていないものが障害とされ、それをもつ者が障害者として扱われることになるだけではないでしょうか。

    障害者のまったくいなくなった社会、言葉のままに受け取ればすばらしいかもしれません。日常生活において大なり小なりの支障をもつ人がいなくなるのであれば。
    しかしながら、障害者のまったくいなくなった社会は人がもつ怖さというものを感じる社会です。判断がとか判断基準がとか言いましたが、仮にある1つの考えにより始まりがあるとしてその1つの考えに支配される世界の何がすばらしいのでしょうか。おもしろさもつまらなさも存在しない社会にすばらしさがあるでしょうか。

    支離滅裂なところもあると思います。また、長くなってしまい申し訳ありませんでした。

  3. sin 返信

    「障害者がひとりもいない世界」なんてのはそもそも実現不可能なのは分かってる話で、だからこそ理想として素晴らしく不可能だから安直に考えていいじゃないかな。

  4. め。 返信

    「障害者のいない社会は素晴らしいか」という問いに対して、
    ・障害者が全くいなくなることはありえない
    ・障害者の気持ちをもっと考える
    といった切り口からお答えになろうとするのは賛同出来ません。

    おそらく筆者は「今、障害者の数が少なくないこの世界において、『障害者のいない社会は素晴らしいか』という問いに対して『素晴らしい』と答えるのは素晴らしいことなのか」といった問いにお答えになっているのではないでしょうか。
    もう一度、本当に与えられた問いに真摯に向き合っているのか、熟慮くださると幸いです。

    以上、感想でした。

  5. め。 返信

    (脳も含めた)体の問題により日常生活に不自由を感じる人たちがいなくなったら素晴らしいではないか、という意見に対して、無根拠の「そんな世界では自由や多様性が奪われるに違いない」といった類の妄想から「寒気がする」「安直である」「よくそんな風に言える」といった批判をすることこそ、それらの批判がまさにあてはまる人々である気がします。

    質問自体がナンセンスである、と言われたらそれは正直納得せざるを得ないですが、無根拠から来る他意見の批判を見ると、本当に真面目に考える気があるのでしょうか、とどうしても疑ってしまいます。

  6. 猫丸 返信

    例えるならみかん箱に押し入れられたみかん達が押し合い圧し合いして傷つき痛んでゆき触れ合うみかんも巻き添えにする。その被害を最小限に留めるには傷んだみかんを取り除かなければいけない。しかしながらそれらは氷山の一角であり表面化してはいないが既に傷ついたみかんは其処に存在している。それらもいずれは痛みが進み取り除いたみかん同様、取り除かなければならない。その傷んだみかんを無くす為には品種改良をする若しくはパッケージングを考え直し選別した上で出荷する。それでも必ず規格外は存在し市場価値の無い物として取り扱われてしまう。痛んでいようがいまいが、規格外であろうが無かろうが同じみかんである筈なのにだ

    表層だけを見ればより良い社会を目指す考えを持った学生と写るでしょう。ただ無くすべきは障碍であって同じ人間であるにも拘らず障碍者をなくす対象とした事に疑問を感じず素晴らしいとした事にこの方は戦慄を覚えたのだと思います。障碍者を無くす対象とするのではなくその存在を認知し受け入れともに歩む社会、互いに障碍を持つ事を恥とせず偏見を恐れず公言できる社会が理想ではないかと私は考えております。なにせ健常者視点での障害者ですから・・・障碍者視点からの健常者はどう写っているでしょうか、誰も考えた事はないでしょうしその発想も無い事でしょう。障碍者自らが自身の障碍を認知できなければ健常者の側が障碍者として写っていますよ。

    余談ですが素晴らしいとする心理を深読みすれば想い焦がれた思想がこじれ理想だけが先走った結果、選民思想に繋がってしまうかもしれませんね

  7. みかんごはん 返信

    『障害』がまったくなくなった世界は素晴らしいと思いますか?
    という問いなら安直に素晴らしいと答えられるとおもうけれど
    『障害者』がまったくいなくなった世界は素晴らしいか
    と問われると、すこし詰まってしまう。
    障害では無く障害を持った『人』の存在そのものを否定するのか…と。
    健常であることこそが幸福なのだという
    健常者の上から目線の価値観の押し付けというか
    残酷さを感じてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です