お手帳1級獲得をかけた、医師との壮絶な読み合い。 ─残された時間はわずか!家族の反応は一体!?─

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

自律神経はいつも通り乱れていますか?
梅雨の影響をちゃんと受けていますか?
きちんとメンがヘラっていますか?
今日もインターネットに依存してますか?
さあ、落ち着いてお薬飲みましょう。
はじめましょう。

みなさんこんにちは、そして初めまして。

メンがヘラってはや6,7年、躁鬱持ちの23歳。

わたしたちの身分証明書のお手帳は1級、実家住まい無職すねかじり、あげくクソオタ腐女子の、「おまえ」と申します。よろしくお願いいたします。ちなみに、来月には24歳です。20歳を過ぎたらあっという間に時は流れていき、いつの間にか24です。皆さん祝ってください、アマギフか図書カードが欲しいです。この通り、堂々とした乞食でもあります。

ギュギュっと無理矢理つめこんだ、クソの役にも立たない自己紹介をさせていただきましたが、そんな人間の書く文章です。みなさん肩の力も脳の力もぬき、ぼんやりと読んでください。文章ポンコツマンなので、何言ってんだこいつ?と思うことがあっても、メンがヘラなんで詰めないでください、お願いします。すぐ死にかけの魚みたいになります。詰めないであげてください。

あまりの自信のなさから、注意書きすることで牽制を入れつつ、みんなの身分証明書、お手帳の話をひとつ、書かせていただこうと思います。

 

お手帳ってのがあるらしい?獲得ボーナス発生中?

存在は知っていたお手帳、実は最近もらいました。ほんの数ヶ月前です。

お手帳の存在を知ったのは、インターネットのテキストサイトでした。みんながガラパゴスガラパゴスしていて、なんとなく作った前略プロフィール。注意書きのワンクッションページに、コンテンツ「memo」とランキングのみのテキストサイト。無料で使えたアルフー。そんな懐かしき日々の中で、自分がメンがヘラになる前に、メンがヘラな先人たちの文章の中、そこでお手帳を知ったのでした。

そして、メンがヘラになりたてのころ、ついにわたしも!お手帳を貰おう!と医師に聞いてみたところ、医師からは、

「まだ、不安定な時期だから、そう早く決めるのは…」

と言われ、その後ちょっと終わったこととして、存在を忘れていました。

未成年の方、医師にそんな感じでお手帳作りを先延ばしにされる可能性があるよ!知っておこう!

その時の診断名は鬱だったのですが、色々あり、別の病院を紹介され、脳を調べた結果躁鬱だったことがわかりました。躁鬱のおまえ誕生の瞬間です。

どうやら、躁鬱は分かりにくいらしく、悲しいことに何年も勘違いしていました。そして躁鬱に鬱病の薬はあいません、時にマイナス効果です。喜怒哀楽を0か100にしてくれる効果はありました。それに振り回された年月このやろう…あのやろう…そんでWikipediaの躁鬱のあの画像なんだよ、右側悪意の塊みたいな顔してんじゃねえか。おかしいぞ、おい、誰が設定したんだあれ

はい、話を戻します。

お手帳、そうお手帳。わたしがもらうきっかけになったのは、今年のはじめ、入院をしていたからです(ちなみに2回目の入院です)。

精神病棟ではありますが、閉鎖病棟ではなかったのでよかったです、本当に。

煙草が外でしか吸えなかったので、アル中で入院してるおっさんたちと一緒に煙草を吸っていたのですが、こちらの病院の閉鎖病棟はアル中とシャブ中が暴れ叫ぶ、静かな時間も人もない人間動物園状態と聞き、本当に閉鎖病棟じゃなくてよかった、「クワイエットルームにようこそ」なんて現実にはないんや…と思ったものです。本当の閉鎖病棟は檻。

 

お手帳獲得!獲得ボーナス周囲のreaction

まあそんな場所でない、ただただやることのない開放病棟で、年の近い人たちと話すようになり、当然お手帳もってるよね?何級?といった具合に聞かれ、持ってないことを伝えると、とったほうがいいよ?と勧められ、ポンコツなわたしはポンコツ思考で、「よし、入院中に申請だそう!お手帳もらおう!」と、決めました。

そこからは両親に話し、医師に診断書を書いてもらい、その他書類を親に任せ、あとは届くのを待つばかりという状態でした。

申請からお手帳もらうまで、2、3ヶ月かかったと思います。そして、お手帳は急に届きます。あいつ急に届いて、

はい!おまえ今日から手帳持ちの障害者な!

と、いきなり自覚を迫ってきます。親に書類をほぼ任せたツケがその時まわってきました。しかし、相変わらずわたしの頭はポンコツ仕様。

お薬タダだぜ!やったなあ!?納税者にこうべを垂れて生きっぞ!

と脳みそすっからかんなことを思っていました。
わたしの場合、もらった本人より、周囲がショックを受けていました。

特に親は、割と古い考えの持ち主なので、娘が障害者というものになってしまったのか、とショックを受けていました(※両親は過保護です)。わたしとしては、水戸黄門のように、

このお手帳が目に入らぬかあ〜〜!

とわりとオープンな気持ちなのですが、普通の、健常者にそれをやると、まあ当然、引かれますよね。やらないです、気持ちだけです。

病気のことだけでなく、お手帳のことを話すと、ネットのように見下されることより、扱いに困る。そんな顔をされますね。

健常者からしたら腫物のような存在なのでしょう。

運転免許の写真では笑い合えても、お手帳の写真では笑い合えない。そういうことなんだと思います。
今からとろうとしている方は、そういった目で見られる、ということは、覚悟したほうがいいのかもしれません。中には眉をひそめる人もいるでしょう。

かくいうわたしも、祖母に病気をわかってもらえず、

キチガイ!キチガイになったの!わかる!?

と、坊に手のひらの血を見せた千尋のように、キチガイを連呼したものです。母と一緒に。

もう1人の祖母は理解は示すものの、治ると信じて疑わず、お経かってくらいずっと頑張れを唱えてきましたが、聞き流すことでことなきを得ました。でもそのあとすぐお薬飲んだよ。メンタルを静かにゆっくり削られていっていたよ。やっぱお薬は大切だよ

 

まとめとかそういうやつ

そんなこんなで、お手帳をもらうまで、もらってからのできごとでした。

これからお手帳をもらう人は、まず何より先に、医師にお手帳について話してみましょう。聞いてみましょう。他は…診断書って意外とお金かかるってことと、証明写真は進化しているっていうことを知っておいてください。あと書類は基本的に面倒臭いです。

そして、申請してすぐ届いてくれるポンタカードや楽天カードと違い、少し時間がかかります。

等級によっても受けられるものの違いがあるのですが、県や市ごとにも違いがあるそうです。ちなみにわたしは県内ならお薬がタダになりました。

詳しいことは、市役所で聞きましょう!まあ、聞かずとも、冊子を取り出し、頭が痛くなるほどべらべら長々と説明してくれるので、念のためお薬を持って行きましょう。そっちのほうが大切かもしれません。落ち着くことは大切です。非常薬は大切です。そしてやっぱり、ひとりでとるより、誰かについていてもらった方が安心できるんじゃないかな

以上がおまえという、一個人のお手帳を取るまでのお話でした。面白いことかけてなかったろ?でも許してくれ、面白マンじゃないから面白文章マンにもなれないんだ。そんなわたしは今日もちょっとお薬多めに生きてます。

自律神経は乱れています。
梅雨の影響で頭痛が止まらない。
ロキソニンとはお友達。
今日もきちんとメンがヘラ。
書きつつお薬飲みました。
何より今日も、インターネットをうろうろしていました。

それではみなさん、また次の機会にお会いできることを楽しみにしております。
晴れた日は陽の光をあびていきましょうね。
それでは、また、このインターネットで!

(編注:「お手帳」とは「精神障害者手帳」のことです。「お」をつけるとかわいくなりますね)




The following two tabs change content below.
おまえ

おまえ

20代無職メンヘラオタクで腐女子。あと乞食。 ひょんなことからメンヘライターに。躁鬱持ちは今日も今日とて生きてます。皆さんお薬ちゃんと、飲みました?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です