自閉症の僕でも音楽が出来た話

C754_mixer_TP_V

本稿は読者投稿コーナーに応募してくれた方からの原稿です。


初めまして、宮地(みやち)と言います。
僕の現状をいいますと22歳、自閉症、休学2年、今年留年確定の大学一年生です。普段は健常者に紛れてなんとか生活してる障害者です。友達も、彼女もいません。

タイトルに自閉症でも音楽が出来たとありますが、すいません、少し嘘、というか矛盾になります。音楽自体は17の頃からやっていますが、自閉症と診断されたのは今年の6月くらいです。長々と申し訳ないです。そろそろ本題に入りたいと思います。

 

当時の僕はいじめられてニートでした。ただ、自分でもわかってないのですが、よくあるように「いじめが原因で、いじめた奴を見返すために音楽を始めた」とかそういう考えはなかったように思われます。以前から電子音楽に興味があったし時間もあるからやってみるかって多分そんな軽い気持ちで始めたんだと思います。

始めたは良かったんですけど、僕はIQ87だし、鬱も発病してたし、それ以前に何も音楽経験もないし楽譜も音符も読めない、正直に言いますと「よくこんな奴が音楽やろうと思うな」って状態でした。でも、一年かけてなんとか学ぶことができました。やってるうちに「ああこれは別に今学ぶ必要はないな」って思えることもあったので、それが僕にとってはいい方法だったのかもしれません。今でも学ぶ必要はないと思ってるものは学んでません。実際のところ自己流なのでどこまで行ってもつぎはぎです。

でも、それでいいのかもしれません。最初からなんでも完璧にできる必要なんかないんだって思います。現実世界でも僕は成功より失敗ばかりの人間です。でもなんとかこの歳まで生きてこれました。

 

ところで、お前は一体どうやって作曲しているのかと言いますと、俗にいうDTM、デスクトップミュージックです。

これが僕には本当に性に合ってまして、シーケンサーという入力したデータを自動的に演奏してくれるソフトウェアです。この記事を読んでる皆様もやってみませんか?

ピンキリですが、ご安心ください、無料でダウンロードできるものもあります。楽器だって無料でダウンロードできるソフトウェアもあります。今は本当にいい時代になったと思います。

 

 

こちらの曲ですが、僕が作りました。この曲は先ほどのシーケンサーだけは有料のものですが、他は全部無料です。本当にやろうと思えばDIY精神で出来てしまうのですよ、音楽というものは。

僕は最近作曲出来てないんですが、やってる時は楽しくて嫌なこともその時は忘れることができるように思えます。

 

人生に関しては今のところ、主観的にですが、良いことより悪いことの方が多くあったように思えます。しかし音楽においては、これまた主観的にですが、大変なことも嫌なこともありましたが、楽しいと思えたことの方が多いです。これだけは断言できる。まだまだ僕もどんどん作って、どんどんいい曲を作りたいと思います。

 

あとこれは、作曲じゃあなくて音楽のお話になってしまうのですが、僕はエレクトロニカという音楽ジャンルが好きです。作ってる音楽もそうなのですが、このエレクトロニカ、ポップスのようにヴォーカルありの曲もあるのですが、圧倒的にインスト(楽器のみの曲)が多いです。ですから寝苦しい時や、もう何も出来ないくらいしんどい時に僕はよく聴きながら横になってます。すると少し落ち着き、もう少し頑張ってみようかなと思います。

お読みになってくださった方ありがとうございました。またのご機会に。

 

追伸 この前僕が作ったアルバムが400円で売れました。


【投稿者】
自閉症の宮地くん さん

【プロフィール】
はじめまして、宮地と申します。花坂埖氏の舎弟です。よろしくお願い致します。

ツイッター:@ghy303
ブログ:ghy303.hatenablog.com




The following two tabs change content below.
読者投稿コーナーに応募してくださったみなさんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です