【今週のメンヘラ.jp】10月3日~10月9日までのまとめ

コラム 今週のメンヘラ.jp おまえ

さて、今週も始まりました!

今週のメンヘラ.jp

前回同様、「今週の記事」を振り返ることで、こんなことーあんなーことーあーったーでしょー、と思い出す回です。

遅ればせながら、今週の担当はライターの「おまえ」です。よろしくお願いいたします。
Amazon欲しいものリスト

この「今週のメンヘラ.jp」どんな順番かはわかりませんし、存じ上げないのですが、メンヘラ.jpのライターのみんな、いつ自分の番がくるか楽しみに待っててね!そう、担当制に変わりました!
うちの編集わかり手さんは、相変わらず急です!

皆さん、え、わかり手さんじゃないの?と思う方は多いと思いますが、これからは、それぞれライターの振り返りをお楽しみいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

では早速今週を振り返っていきましょう!

【月曜日:10月3日】


正しい呼吸で精神病は治る?呼吸とメンタルの関係性

読者投稿の、大麻眞紘さんの記事ですね。
鼻呼吸と口呼吸でこんなにも差が出るものなのかと、大変驚きました。

人間の口は呼吸器官として設計されていないようで、どうやら僕たち人間は鼻で呼吸をするように作られているらしいのです。

の一文にとても驚かされました。鼻で呼吸すること前提なことも、口が呼吸器官ではないということにも。
自律神経にまで関係のある鼻呼吸・口呼吸、他人事でなくなった人は多いのではないのでしょうか?
鼻歌とか有効じゃないかな…とこっそり考えたりしました。

 

【火曜日:10月4日】


ひきこもりのラブホ清掃バイト、夏。

わたし、おまえの昨年の実体験を記事にしたものですね。
ラブホ清掃バイトは、人に会わない裏方の代わりに、大変な肉体労働バイトだと知ることができました。

見守ってくれた両親に感謝をすることになった、二日間のバイトでした。

 

【水曜日:10月5日】


オフ会ビッチのたのしいオフ会講座 オフ会を健全に楽しむための5つの約束

Cyndiさんによる、健康的かつ健全なオフ会講座です。
読んだ方の中にオフ会行ってみたいなあ、やりたいなあ、と感じ方が多くいたのではないでしょうか?わたしは行きたい!と思ってしまいました。そして、地方であることに歯嚙みしました。

健全に、体力の持つ範囲で、楽しく遊びましょう

まとめにこうあるように、インターネットで仲良くなった人と、自分の体調と相談しつつ、集まって楽しい時間を過ごしましょう!
という、素敵なオフ会講座でした。

 

【木曜日:10月6日】


障害者のまったくいなくなった社会はどう思いますか。素晴らしいと思いますか

読者投稿の花坂埖さんの記事になります。

問いかけから始まる本文、皆さんはまず、どんな答えを思い浮かべたでしょうか?
どちらの半数になったでしょうか?

花坂さんの考えをじっくり読む記事でもあり、それぞれが答えを考えさせられるような記事であったと思います。

わたしとしては、今の障害者が消え、次に生まれた障害者が消えと永遠のループを続け、ループの途中には「障害者になったらどうしよう不安障害」のようなものができたりして、でも消えるのは止まらず、最終的に、人間という動物がいなくなるのではないか、と思いました。

 

【金曜日:10月7日】


働く統合失調症患者。クローズ就労のメリット・デメリット

読者投稿、sabaさんの実体験と、現実のことが書かれた記事でした。
オープン就職、クローズ就職
どちらにもメリット、デメリットはあり、そのひとつである、クローズ就職について細かな実体験を書いてくださいました。

”障害者扱いされない”ということの大きさを喉元に突きつけられたような気持ちになった記事でした。
普通であると認識され、そう扱われることが、自分にとってどれほど難しく大変なことなのかを感じました。
普通って、なんでこんなにも難しいんだろう、と思いますね。

 

【土曜日:10月8日】


電通過労死事件】被害者のツイートから浮かび上がる電通の体質

今週のまとめ最後になる記事は、編集であり、ライターであるわかり手さんによる記事です。

電通で働いていた24歳の女性が自殺。それが過労によるものだったという、過労死のニュース、そして被害者である女性のTwitterのツイートを紐解いていった記事です。

逃げることも、辞めるここもできず、いや、そんな選択肢すら頭の中にはなく、死ぬという電源コードを引っこ抜くことで全てを終わらせることになってしまいました。

130時間と報道されていますが、Twitterを見る限り、130時間を大幅に超えた時間外労働があったのではないかと、わかり手さんは推測しています。

日本で生まれた過労死、という言葉。
生きるために働いていたはずが、気づかぬうちに働くために生きている。
という現実に変わっている。そんな、過労、時間外労働を強いられている人が、この一件だけでなく、可視化されていない中に何十、何百もあるのかと思うと、とても恐ろしく感じます。

今回は、というか今回も電通でしたが、次はどの会社で過労死が起きるのか。今この瞬間にも人しれず起きているのかもしれない過労死。
社会だけでなく、国で動かなければ、根の深いこの問題が解決する日はこないのではないか、と考えてしまいました。

 

【今週の人気記事】


【電通過労死事件】被害者のツイートから浮かび上がる電通の体質

今週の人気記事は、過労死が起きた電通、電通の過去、被害者のツイートなどに切り込んでいったわかり手さんの記事です。

きっとこれは始まりにすぎず、これから様々なメディアで取り上げられることになるであろう問題だと思います。
そして日本の気質、もう一度見つめ直し、過労死なんていう言葉が産まれない国になることを、願いつつ、選ばせていただきました。

アメリカの大統領選も重要ですが、今回起きたニュースがもっと広まり、電通だけでなく、ブラック企業と呼ばれる会社が存在することが、異常なんだと皆が思う、日本になることを、願います。根底から変わることを。

人より多く働くことを美徳と考える人が減るといいのでしょうが、今の状態では、まだまだ難しいんだろうとも思います。皆さんもみなさんなりにこの問題を直視し、考えてみてはどうだろうか、と思います。

 

【今週のオススメ記事】


今週のオススメ記事!

障害者のまったくいなくなった社会はどう思いますか。素晴らしいと思いますか

花坂 埖さんの投稿記事をオススメさせていただきます。

「障害者のまったくいなくなった社会はどう思いますかか。素晴らしいと思いますか」

という問いかけから始まる書き出し。
この問いかけをみて、どう思うだろう?と自分の中で考えながら読み進めていった方も多いのではないかと思います。

発達障害である、花坂さんからの目線で綴られた文章は、とても読みやすく、発達障害ではなく、双極性障害であるわたし以外にも、鬱病の方、統合失調症の方、様々な方が、花坂さんの考えを読みながら、考えさせられた記事ではないかと思います。

あくまで仮定の話ではありますが、とても興味深く、花坂さん自身の目線、考えで出された、5つの答え。賛同した方、違う結論に達した方、様々な方がいらっしゃったと思います。Twitterでも、様々な方がこの問いかけについて考え、ツイートをしているのを見ることができました。

わたし、”おまえ”の考えは、上記で記したように、今の障害者が消え、次に生まれた障害者が消えとループを続け、ループの途中には「障害者になったらどうしよう不安障害」のようなもあらたな障害者が出来、最終的には人間という生き物は、この地球に存在しなくなるのではないか、という考えでした。

問いかけではじまり、問いかけで締めくくられた記この記事には、誰かが決定した”明確な答え”というものが存在しません。だからこそ、読み終えた私たちは、問いかけの答えをそれぞれが考え、Twitterなどで、答えをツイートしたりしたのではないかと思います。

考えさせられると同時に、とても面白く興味深い記事だったと思います。
さて、みなさん、
「障害者のまったくいなくなった社会はどう思いますかか。素晴らしいと思いますか」
いま一度この問いかけを残し、わたしのオススメをおしまいにしたいと思います。
というところで、そろそろ「今週のメンヘラ.jp」をおわりにさせていただこうとおもいます。
先週あったように、今週は読者投稿多めの週だったのではないかと思います。

来週も、様々な記事が更新されるであろう、メンヘラ.jpを、何卒、よろしくお願いいたします、

そして、今週もメンヘラ.jpをご覧いただき、誠にありがとうございました!

今週担当、おまえ

 


【執筆者】
おまえ さん

【プロフィール】
20代無職メンヘラオタクで腐女子。あと乞食。
ひょんなことからメンヘライターに。躁鬱持ちは今日も今日とて生きてます。皆さんお薬ちゃんと、飲みました?
Twitter:@ideograph89

 


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 今週のメンヘラ.jp おまえ
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント