死と狂気はあらゆるものを魅惑的にする / 連載小説「つがいの琉金」 第1回

1

つがいの琉金 第1回

※この作品はフィクションです


カノジョの部屋の白い壁をだいだい色の琉金が泳ぐさまは、すごく不安で恐ろしく、それでいてきれいだった。僕らは琉金におののきながら長い時間を過ごした。死と狂気はあらゆるものを魅惑的にする。その虜になった僕らは二度と戻ることはなかった。

カノジョは、ツイキャスというインターネットの生放送サービスで、いわゆる”顔出し”放送をしていた。生放送の配信者の半分くらいは自分の姿を映さず声だけの放送をしているし、顔を出していてもマスクなどで顔の一部を隠していることが多い。でも、カノジョは常に顔をまるごと見せていた。

短い髪に真っ白な肌。不健康にやせ細った身体。整った顔は美人の部類に入ると思うのだけど、放送の時は常に瞳孔が開き気味で怖い。でも、妙に人を惹きつけるものがある。声も低くて特徴がある。

そして向精神薬を大量に服用し、ろれつの回らない状態で、おかしなことを口走る。琉金が泳いでいるとか、死んだ友達が会いに来たとか、本人も幻覚だとわかっていて、見えている幻覚の内容を視聴者に解説してくれる。

「あのね。今、琉金が見えるんだ。そこの白い壁あるでしょ。そん中を泳いでる」

カノジョが壁を指さすと、画面にリスナーからのコメントが入力と同時に表示される。

──白い壁に琉金ってきれいですね。

「うん。すごくきれい。怖いけどね」

──怖いんですか? きれいなのに?

「幻覚はなんでも怖いよ。不安で手が震えてくる。でも、きれいなんだ」

仄暗い狭い部屋の中、カノジョは昔ながらの丸いちゃぶ台を前にあぐらを書いていた。きれいなTシャツと短パン姿を最初見た時にはどきりとした。

だらだらと雑談をしながら缶ビールを二缶くらい呑んだ後で、カノジョがおもむろに大きなクッキーの缶を持ってきた。

「なに飲もうかな」

──デパス?
──マイスリー?

リスナーからのコメントが並ぶが、理解できない。デパスってなんだ? 検索をかけて向精神薬の一種だとわかった。

カノジョは缶の蓋を開けると、画面に向かって中を見せた。錠剤がたくさん入っている。あれが全部向精神薬なんだろうか? カラフルできれいだ。

──すごい、うらやましい。全部デパス?

「ううん。マイスリーやレキソタンもあるよ。あとねえ。ハルシオン、エリミン、ワイパックスとかエビリファイとかもね」

聞いたことのない名前……全部薬なんだろう。後で調べよう。

──エリミンは禁止になったんじゃ……

「その前にたくさんもらってたのが、まだ残ってるんだ」

──分けてくれー

昏い部屋で繰り広げられる会話は、僕にとって初めて聞く事ばかりで刺激的だった。薬のこと、メンタルクリニックのこと、らりって記憶をなくしてやらかしてしまった話。そして病気のこと、自傷のこと……僕は、カノジョの話に夢中になった。 (続)


【連載小説 つがいの琉金】
第1回 死と狂気はあらゆるものを魅惑的にする
第2回 ノベルコース、ツイキャス、OD、梨香
第3回 結婚とケーキと冷たい熱帯魚
第4回 徹底的な感染
第5回 梨香(完)

【著者】
一田和樹

【プロフィール】
11月6日東京生まれ。バンクーバー在住。
「一田和樹」と「いちだ かづき」のふたつペンネームを持ち、「一田和樹」名義ではサイバーセキュリティミステリを、「いちだ かづき」名義ではファンタジー小説を中心に執筆。

公式WEBサイト
twitter




The following two tabs change content below.
読者投稿コーナーに応募してくださったみなさんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です