こんな質問していいのか分からないし、誰かの失礼に当たるか,,,

dove_xxxさん
回答数
4
dove_xxx
さん

こんな質問していいのか分からないし、誰かの失礼に当たるかもしれません。もしそうだったらごめんなさい。
1~2年ほど前からだるさ・憂鬱が続き、きちんと仕事に行くことができなくなり、転々とするようになってしまったので最近心療内科に通い始めカウンセリングを中心に受けています。

カウンセリングはあっていると思うのですが、主治医の方が初診とは違う先生になってしまったのもあってなんだか理解してくれてないような気がしてます。
もともと自信がなく、人づきあいが下手で自己嫌悪に陥ってよくリスカをします。

ネットの診断など社会不安障害、うつの可能性があるのですぐ病院へ行ってくださいと毎回言われますが、先生には何も言われずこの薬は効いたか?などコロコロ変えたりする程度です。
初診以外は5分で終わらせるシステムなので今更聞いてもらえないだろうというのと、病名があるなら的確な薬を私は欲しいので、病院を変えた方がいいのかな…と悩んでいます。

こんな相談ですみません。もしよいアドバイスやご意見ありましたらよろしくお願いいたします。

心療内科

回答一覧

hotspringmayou
hotspringmayou
さん
hotspringmayou
hotspringmayouさん

質問が失礼なんて、そんなことありませんよー!
むしろ、回答を書く機会をくださってありがとうございます。
私にとって、ここでの回答って、すごく勉強になってるので^^ 

以下、本文です。
……
セカンドオピニオンを探したり、同じ病院でほかにも先生がいるのであれば、受付で相談して、主治医を変えてもらう、というのもアリだと思います。
私は県立の精神医療センターに通っていたのですが、主治医を変えている患者さんはけっこういましたよ。
医師と患者の関係は、信頼が重要だと思うので、検討してみてください。

また、お薬の処方がコロコロ変わる、というのは必ずしも悪いことではないと思います。
医師によるでしょうが。

私の主治医も診断名を言わないタイプだったのですが、同時に、
「症状に向き合う」医師でもあるので、私はとても信頼しています。
「精神疾患は色々な要因が混ざり合ってることがとても多いから、
『この病気だからこの処方』ではなく、そのとき患者さんが『何に一番困っているか』という点を考えている」
と仰ってました。

精神科の薬は副作用や、体質との相性も大きいので、合わない可能性がある薬はすぐ変更になります。
私は何年も精神科に通っているのですが、最近になってようやく、処方が定まってきました。
なので、「病名を言わないから」「処方がすぐ変わるから」といった理由で変えるのは、もしかしたら早急かもしれないな……と少し感じました。

5分の診察については、たしかに短いですね。ただ、「話したい」「疑問を持っている」と伝えれば、多めに診察時間をとってくれる場合もあると思います。
疑問点や要求をご自身から直接言いづらい場合は、紙に書いたり、第三者(家族や友人、SWなど)に付き添って代弁してもらう、という方法もあります。
そして、以上の方法をとって、微妙な反応を返されたら、速攻で転院しましょう。笑

お薬と診断名については上述のとおりですが、
本当に「信頼が重要」だと思うので、とっとと変えてしまっても全然問題は無いと思います。
別の先生なり病院なりに変えて、「でもやっぱり合わないな」と思って元に戻る、というのも可能ですし。
よくあることですよ。先生もわかっていると思います。

あまりまとまった回答になっておらず申し訳ないです。
なにかご参考になれば幸いです。
お大事になさってください。

110_TakahiroIto
110_TakahiroIto
さん
110_TakahiroIto
110_TakahiroItoさん

相談内容を拝見しました。

ネットで診断テスト、
というのは、確かにありますが、
ネットで診断することって、
実はできないものです。

ネットでの診断テストは、
基本的には、参考までで、
そこまで、あてにしない方が、
よい場合が多いと私は思います。

速効性があるわけではないのですが、
「私」という言葉を主語等にして、
言葉を組み立てる訓練等をすると、
自分の気持ちをつかみやすくなることがあります。

「私」という言葉を主語等にすると、
受け身のような状態を少し、
はじめは言葉だけかも知れませんが、
改善できることがあります。

念のために、「私」というのは、
dove_xxxさんのことです。。。

病院は、初診の時の先生と、
再診の時の先生は異なることが、
多い気がします。

私は何でだかは知りませんが。。。

何かしらのご参考になりましたら幸いです。

taro_murakami
taro_murakami
さん
taro_murakami
taro_murakamiさん

はじめまして taro_murakamiと申します。

処方が変わってしまうことですが、それは仕方がない部分があります。
というのも、精神科の薬というものは脳内の神経伝達物質などに働きかけるものなのですが、精神科では患者さんの脳内の検査をしていないからです。なのであなたの脳内で何が起こっているのかわからない状態で、問診で得た情報から効きそうだなと思った薬を処方するしかないのです。
そして脳内を確認する代わりに「気分が良くなったか?」などの問診をすることで薬の効果を確かめたりします。
さらには薬はすぐに効果が現れないものもあるため、なかなか客観的な判断というものが難しいのです。

病名も問診をすることでつけているものなので、病名と適切な投薬が簡単に結びつくとは言えないと思います。そこには相関関係はあるでしょうけれども。

(確かに髄液検査で脳内物質の代謝物を測定したり、コルチゾールの値を唾液で調べることもできますが…)

(質問の趣旨と異なりますが、わたしは不安やうつに対して運動がいいとご存知ですか?おすすめですよ。)

dove_xxx
dove_xxx
さん
dove_xxx
dove_xxxさん

みなさん遅くなってごめんなさい。
色んなご意見やアドバイスをいただけてうれしかったです。そしてすごく勉強になりました。
もうすこし今の先生で続けてみようと思います。
また悩んでしまったら話を聞いてもらえると助かります。ありがとうございました。