40代子持ち共稼ぎ母です。 10代後半から程度の差はあれ、常,,,

みねこさん
回答数
2
みねこ
さん

40代子持ち共稼ぎ母です。
10代後半から程度の差はあれ、常に生きづらさを感じて生きてきました。

心身の調子が二極化しがちです。
元気な時は常に「何か」してなくては落ち着かず、
元気がなくなると何をする気力もない、という状態です。
例えば家事。
元気な時は、鏡の曇りひとつ見逃す事が出来ず、家中を掃除しまくる。
やってもやっても何かが目につき、掃除が果てしない。苦しいです。
元気ないときは部屋中散らかりまくっててもアクション起こす気力がなく放置です。
それもまた自己嫌悪で苦しい。

適応障害の診断を受けた事があり、カウンセリングにも一定期間通いましたが
カウンセラーと上手くいかずやめてしまいました。

自分に自分が振り回されるのがつらいです。

適応障害 生きづらい

回答一覧

カラメルシロップ
カラメルシロップ
さん
カラメルシロップ
カラメルシロップさん

僕も妻も同じように、家事や仕事でなど調子の良し悪しの差が激しいです。
二人とも発達障害とうつ病の診断がついています。数年前から僕と妻二人で精神科に通院して、一緒に診察を受けて、比較的安定している状態になりました。
物事を片方が出来ない時に片方がフォローしたり、きつい時には家族全員でゆっくり休んでいます。
カウンセリングでなく、精神科で診察を受けて投薬治療されてはどうですか。自立支援制度を利用したりすると、一定額以上はお金がかからなくなります。
また、地域に相談支援事業という電話相談などをできる機関がありますので、福祉課や病院や相談支援などに相談されてはどうでしょうか。

しそ
しそ
さん
しそ
しそさん

気分の二極化といえば双極性障害(いわゆる躁鬱病)なのではないかと感じたのですがいかがでしょうか…。気分の波に振り回されるのは心身ともに辛いですね。お子さんもおられて家事育児も仕事もされて本当に大変だろうと思います。責めたくもないのに自分のことも責めてしまってとても苦しいと思います。
自分が壊れる前に再度精神科の診察を受けてみてはいかがでしょうか。
少しでも心身楽になれることを祈っています。