31歳男。IT系のインフラエンジニア。他人と比較してしまう癖,,,

パイン缶さん
回答数
2
パイン缶
さん

31歳男。IT系のインフラエンジニア。他人と比較してしまう癖とワナビー思考が混ざりあい、結果自己肯定感が低い、加えて嫉妬深い。

自分と他人を比較してしまう癖があります。
例えばテレビに出ている東大卒とか有名大卒の人、はてな界隈などネット上に数多いる優秀なエンジニア達、帰国子女やバイリンガル、こんな感じの天才肌の人(https://anond.hatelabo.jp/20120904230532)、自分が難しいと思っていること/苦手意識を持っていることをあっさりとクリアしている人、などなど。

自分が得意だと思っていることでさえ、世界を見渡せば上には上がいくらでもいて、そんな自分より能力が高い人達を見る度に「すごいな、ああいう風になりたいな、なりたかったな」という気持ちが溢れ、でもその直後に現実の自分と理想のギャップに打ちのめされて、能力の低い自分を責めます。

その後に起きるのは相手の粗/欠点を探すことによる自己正当化。
運がよかったに違いないとか、環境が良かっただけじゃないかとか、親が金持ちだったんだろうとか、幼少期に海外で暮らしてりゃバイリンガルにもなるわとか、あの人は自分より年齢が結構上だから経験が違うんだ、とか。

でもその後、自分が見つけたと思ってた粗が全く存在しなかったとわかったらもうダメ。
自分より年齢がプラマイ3, 4歳だった、自分の育ってきた環境と大差なかった、なんだ条件イーブンじゃん、翻って今の自分は?同じような条件下で出来ない自分って甘え?今の自分が努力してあの人のようになれる?あと3,4年後の自分はどうなってる?進化してる?現状維持?それとも加齢により退化してる?ダメだ間に合わない。もう、間に合わない。こんな思考がグルグル頭をループします。

大して賢くもない大学を卒業してからの4年間フリーターでありプチひきこもりでした。大学時代も積極的にベッドの中で過ごすような人間でした。周囲と比べてスタートが大幅に出遅れた、自分だけ時間が止まっていたような負い目もあるのか、どこかで逆転を狙ってる節がありますが、でも、現実は違う。
間に合わない。あの人たちは何歳の時には既に高いレベルに居たのに、今から自分がそれを目指しても間に合わない。差は埋まらない。追いつけない。自分がようやく手にした幾ばくかの金も、周りは20代の頃には手にして、いろんな人生経験をしていたんだ、と。

でも何か自分にプラスになるようなことを手に入れたくて、逃げるように台湾に行き、中国語を勉強したりした時期もある。必死に努力した。でも結局これも上を見てしまって自信が無い。
そんな思考で身動きが取れなくて、就職活動も上手くできなかった20代後半。就職をしない息子に業を煮やした父親は「お前は人生で頑張った経験なんかないんだろう。大学受験もしてないし」と吐き捨てた。
ふざけんな!勉強して大学受験したわ、試験受けたわ、合格もしたわ。語学の勉強だって自信をつけたくて必死だったわ。ああ、この人は何も見てないし、知ろうともしないんだと心底がっかりした。

話は変わってエンジニア界隈はマッチョイズムとマウンティングに溢れマサカリが飛び交う(特にネット上では)世界なため、無能がいると困る、存在価値がない、邪魔、こんなことも知らないなんて今まで何やってたの、日々勉強当たり前、しない奴は淘汰されて当たり前、といった実にマッチョな言説を目にすることが多いです。
自分は当たり前といわれる基礎的なことすら出来ていないんだ、価値ないんだ、なんでこんな仕事してんだろう、こんなんでこの先生き残れるのだろうか。終わらない負の思考ループです。

話がとっ散らかって何を相談したいのかわからなくなってますが、要は苦しいですってことが書きたかっただけです。スミマセン。ごめんなさい。ごめんなさい。
頑張りたい、頑張れない、逆転したい、でも努力はあまりしたくない。こんな人間、他人から見たら甘ったれで人生舐め腐っているように映るでしょうか?

生きづらい 希死念慮

回答一覧

ま

さん
ま
さん

質問主さまは謙虚だから、上には上がいることを素直に認められるのだと思います。素敵です。

頑張っていて且つ謙虚だからこそ、上を見過ぎて苦しくなるところがあるのかもしれません。

仰る通り、人が先天的に持ってる才能や与えられた環境や資源って元々不公平なのだと思います。
その上で、持てるリソースでやれるだけのことをやっていくしかない。その意味で誰しも努力は必要なのかもしれませんね。
でも、努力が全て報われる訳ではないし、行き着くところも個人差があると思います(だからこそ、もしかしたら全く別のところで光る何かが、誰しもあるのでは無いでしょうか)

逆に言えば、その不公平さを自覚せずに、周りにマウンティング仕掛ける人々の言うことは、聞いても意味が無い気がします。
本当にすごい人は周りにマウントする必要も無いのかもしれないです。

拙い意見ですが、少しでも参考になれば幸いです。

110_TakahiroIto
110_TakahiroIto
さん
110_TakahiroIto
110_TakahiroItoさん

相談内容を拝見しました。

エンジニアの世界は上には上がいて、
その差は埋まることはない、
というのは、認めざるおえなく、
まともに勉強等しても、
逆転のチャンスはないと、
私も思っています。

悔しいけど、センスの差というか、ありますよね。。。

しかし、観点を変えれば、
パイン缶さんより、
エンジニアとして未熟というか、
開発等の技術に詳しくない方も
おられると思います。

そのような方に何らかの技術等を
教える立場になることを
心がけてみてはどうでしょうか?

一人で頑張るのではなくて、
パイン缶さんが、身近なエンジニアの方に対して、手を差しのべてみてはどうでしょう?

エンジニアとしても、
-100を0にするエンジニア
0を1にするエンジニア
1を100にするエンジニア
とか

デバッグが得意なエンジニア
保守が得意なエンジニア
新規開発が得意なエンジニア
とか

色々な性質があり
それでもそれぞれ仕事になるように思えます。

何かしらのご参考になりましたら幸いです。