バイトについての質問です。 新しくバイトがしたいのです,,,

さくらさん
回答数
5
さくら
さん

バイトについての質問です。

新しくバイトがしたいのですが、精神障害もちであることはやはり言わない方がいいのでしょうか?

気分障害なので気分に波があり、週3とかでも休みがちになるかもしれないので、その辺を先に言った方がいいのでは、と考えています。

しかし、言えば落とされてしまうのでは?とも思うので、やはり言わずにいたほうがいいですよね。

言わずにいたほうがいいならそうします。
誰にも相談出来ないので少し迷っています。
よろしくお願いします。

バイト 気分障害

回答一覧

えっぐ2号
えっぐ2号
さん
えっぐ2号
えっぐ2号さん

(追記)
もちろん、一番いいのはバイト先に気分障害のことを伝えて、融通を効かせてもらうことです
が、残念ながらそういうところはまだまだ少ないと思います

すでにご存知でしたら申し訳ないのですが、
・精神障害を隠して働くこと=「クローズ就労」
・精神障害を伝えて働くこと=「オープン就労」
といいます
興味があれば、上記のキーワードで検索されると、それぞれのメリット・デメリットについて書いてある記事が出てくると思います

ハッピーバイトライフをお祈りします( ˘ω˘)

四菱
四菱
さん
四菱
四菱さん

バイトを始めて上にどういう人が付くのかによって変わってくると思いますが、基本的には言う必要はないと思います。

自分が精神疾患を持っていることはプライベートな話ですから、週3で働きたい事を伝えてOKをもらえれば、それでバイトを始めればよいのではないかと思います。

また、バイトとして雇ってもらった後に、気分障害を持っていることを知られたとしても、それでクビにする事は、倫理的に問題があるため雇用され続けられると思います。

しかし、もしそのバイトを続けたいと思ったら、上司なりに気分障害の事をいつかは相談した方が良いのではないかと思います。
上司には理解を得た方が融通がきくからです。

それは、バイトについてみないと何とも分かりませんから、上司が理解のある方でありそうであれば、相談してみて良いのではないかと思います。
理解が無さそうな上司であれば、出勤が難しい時は適当に理由をつけて休むのが良いのではないかと思います。
(例えば、病弱なため風を引きやすく、今も体調がすぐれないため休みます、など)

休むことが増えてくると、周りと不和になっていくと思います。
ですから、その時はバイトなんだからと開き直って諦めるか、自身の気分障害について説明して理解を得てシフトを調節してもらうか、のどちらかを選択する事になるかもしれません。

いずれにしても、自分のせいにせず、自分にとって良い方向の選択をされればよいのではないかと思います。

つみれさんの多少でも助けとなれば幸いです。

えっぐ2号
えっぐ2号
さん
えっぐ2号
えっぐ2号さん

自分の経験にもとづいたアドバイスしかできませんが、言わないほうがいいと思います

体感的に、採用を決定するオーナーとか店長とかのポジションにいる人は、精神障害への偏見を持っていることが多い気がします
また、そもそも採用する側は、「シフトに出れる人」がほしいので、とりあえず面接に通ってしまいたいというのであれば、休みがちになるうんぬんは言わないほうがいいと思います

自分は、「面接通ればこっちのもん」みたいな考え方なので、面接時には、最低限の出れない日(授業とか)だけ伝えて、あとは採用後にシフトの要望を伝えています٩( 'ω' )و

110_TakahiroIto
110_TakahiroIto
さん
110_TakahiroIto
110_TakahiroItoさん

相談内容を拝見しました。

自分からは、
何か強い理由でもない限り、
言わない方がよいと思います。

言えば、基本的には不採用になる確率が、
上がることが多いはずです。

万が一、面接時に、面接官から、
何か持病を持っていたりしますか?
と質問された場合が考えどころで、
工夫するところになるかもしれません。

その場合は、つみれさんが、
ご自身の気分障害のことを
どう表現するか(正直に言うか?、ごまかすか?)、になると思われます。
(そもそも、面接官は気分障害というモノを知らなかったりする可能性等もありそう。。。)

万が一、質問された場合ですが。。。
履歴書に、
ブランク期間が空いていたりすると、
何か病にかかってましたか?
等、質問される場合がたまにあります。

つみれさんが学生さんであれば、
あまり関係ないお話かもしれませんが。。。

何かしらのご参考になりましたら幸いです。

taro_murakami
taro_murakami
さん
taro_murakami
taro_murakamiさん

はじめまして taro_murakamiと申します

私は精神疾患についてはカミングアウトするべきだと考えています。
私の場合はカミングアウトをすることで周囲からの理解や支援を得ることができ、アルバイトを見つけることもできました。現在オープンでアルバイトをしています。精神疾患であっても、受け入れてくれるところは受け入れてくれますし、急な欠勤でも対応できるようなところが見つかるまで探せばいいのではないのでしょうか。伝えずにバイトをはじめても、健常者と同様に働くよう要求された場合、齟齬が生じて、つみれさんと雇用主の関係がうまくいかなくなると思います。

(私はカミングアウトすることで、精神疾患から立ち直った先輩を見つけることもでき、その方を通じて回復することもできました。)

また、「休みがちになってしまう」ということですと、まだアルバイトをすることができるほど回復していらっしゃらないのではないのかな?とも思ってしまいました。「欠勤が多いこと」と「精神障害への偏見」は別の問題です。たとえ精神疾患でなくても、欠勤が多ければ雇われにくくなるでしょう。欠勤せずに問題なく働ける人が精神障害を理由に雇用をされないということでしたら、それは「精神障害への偏見」だと思います。
治療を優先しながら、例えばクラウドワークスのようなサイトを通して、つみれさんの融通の効くような働き方をするのもアリだな、と思いました。

最後に、精神障害ということでしたら、精神障害の雇用義務が始まりましたので、それを活用してアルバイトを探してみるのもいいかもしれません。

ご参考になれば幸いです。