メンヘラ.jpとは

コラム わかり手

メンヘラ.jpは、メンタルヘルスに問題を抱える当事者(=メンヘラ)たちがより良い生活を歩むための「つながり作り」を目的としたメディアです。

メンタルヘルスの問題を抱えることで、私たちしばしば社会的に孤立しがちです。部屋の中から一歩も動けない、家の外に出れない、学校や会社に溶け込めない。程度の差こそあれ、心の不調は私たちを「孤立」に追い込みます。

孤立は苦しいものです。
ひとは、生きるために「つながり」を必要とします。

メンヘラ.jpは、オンラインメディアという形で様々な形の「つながり」を提供できればと考えています。

それでは、私たちの考える「つながり」とはどんなものなのか?

以下では、その一部についてご説明させて頂きます。

 

心の問題を抱える『仲間』とのつながり

心の病の治療は、基本的に通院と自宅療養を中心に行われます。そのため私たちは、自分以外の「他の患者」の声を聴く機会をあまり持ちません。

ともすると

「こんな苦しい想いをしているのは、世界で私だけなんじゃないか?」

という想いまで湧いてきます。闘病生活は基本的に孤独です。

メンヘラ.jpでは「読者投稿」という枠組みで、メンタルヘルスに問題を抱える様々な当事者たちの闘病記や生活記を募集・掲載しています。

彼らの体験談を読むことで『仲間』の存在を知ることができる。

そして体験や、感情や、知識や、想いを共有することができる。

私たちはそのような思いから読者投稿コーナーを運営しています。

【関連項目】
・読者投稿コーナー

また、より直接的にサイト内でコミュニケーションを取れる仕組みについても、現在システムを構築中です。時期は未定ですが、今年中には新しい『仲間とのつながり』の形をお見せできるのではないかと思います。こちらについても、お待ちいただければと思います。

 

生きるために役立つ『知識』とのつながり

メンタルに問題を抱えつつ生きることは、なかなか簡単ではありません。医療、福祉、法律など、多くの分野横断的な知識が必要になる場面も出てきます。

メンヘラ.jpでは「ライフハック」という枠組みで、当事者目線で役に立つ知識を日々紹介しています。

福祉制度について、コミュニケーションのコツについて、考え方や思考法について、恋愛について、独り暮らしの方法について…

メンヘラにとっての生きるハードルは、「普通のひと」たちとはまた少し違います。メンヘラ.jpでは「メンタルヘルスに問題を抱えつつも楽しく生きる」というテーマに沿った、当事者ならではのライフハックをご紹介していきます。

 

 信頼できる『支援者』とのつながり

現在準備中の取り組みです。

福祉、医療、自助、社会復帰など、それぞれ違った分野で活躍されている支援者の方をピックアップし、足を使った取材で具体的な活動内容やどんな方が支援に携わっているのかを記事化する。そうすることによって、支援の存在を広く知らしめ、また支援を求めるハードルをより低くする。こういったことを目的としています。

メンタルヘルスに問題を抱える当事者と支援者とは、最も『つながり』が必要な関係にも関わらず、今まで十分な情報交換が中々行えていませんでした。多くの読者を抱えるオンラインメディアとして、この問題を解決する一助になればと考えています。

既に、いくつかの取材企画が進行中です。初夏までには形になったものを読者のみなさんにお届けできると思います。

メンヘラ.jpからの取材にご興味のある支援者の方は、以下のメールアドレスよりご連絡ください。担当者から追ってご連絡します。

menherajp[@]gmail.com

 


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム わかり手
このエントリーをはてなブックマークに追加

6件のコメント

ノエル 返信

読んでいて、泣きそうになりました。
私は先日「双極性障害」と診断されたのですが、診断までがとても長くて、「自分が自分でないような感覚」を何度も味わって…本当に辛かったです。とても孤独を感じていました。
わかり手さんのおっしゃる通りで、「こんなに辛いのは私だけではないのか?」って何度も思ったし、「私が変なのかな?」とも感じていました。
このサイトを知ったのは比較的最近なのですが、皆さんの記事に何度救われたか数えきれません。このサイトを作ってくださって本当にありがとうございました。
これからも皆さんの記事を楽しみに生きていきたいと思います。

藤元 返信

色々記事を読んでると、ただ辛くなりそうですね。自分に寄与するものがあれば、それを読むのはいいことですけど。
読む人が自分にあった記事を手軽に見つけれて、かついいたいことをもっと共有出来ればいいですね。お互いが、お互いの参考になるような関係の維持。ようするに、発展的な関係が見込めればなーと。
このサイト、今の時点では、ちょっと閉鎖的で内向的な印象を受けました。承認またないと記事が反映されないという、「内向性」はいいものだと思いますが。

管理者さんツイッター凍結されたようですが、電話番号なしで登録するやり方があるのはご存じですよね。それでもまた凍結されるのかな・・・。

リベラルちゃん 返信

1966年生まれで1969年に反戦デモに参加して、
同時に、生まれた35年後まで診断されなかったADHDで、
診断のはるか前の大学時代には4階のゼミ室から飛び降りることばかり考えてて、
心惹かれるサイトを見つけたなあと思ったのですが

自分にはもう一つの(最近のネット社会での)ディスアドバンテージ、ハードコアリベラルがあるので、残念です。
お互いの怒りがストレスを増してしまうやもしれませぬ。

つけたし 返信

意見が違うだけだと分かりあいたいのですが、本当は。

またつけたし

ごめんなさいよけいなこと書いちゃったけど消せない(泣
痛みを感じている側として、誰かに痛みを与えないように気を付けたかったし
わかり手さんにも(お名前がわかり手さんですし)ちょっとそれを期待してみたかったのですが、いかんせんわたくしはとても不注意でした。

国籍環境にかかわらずつらい思いをする人が少しでも減りますように。

twitter大好き 返信

記事の内容とtwitterの乖離がひどすぎますが、統合失調症+ADHD(仮診断)の特性がわかりやすく示されたいいサイトだと思います!

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント