死にたいけど死にたくない、自分の好きなことしかできない

コラム 死にたい 引きこもり 紙パック

タイトルの通り、何も出来ない女です。

家庭環境は多分普通なのだと思いますが、父は私が小学生の頃、急に退職して別居。私は母と二人暮らしでした。あの頃は教えてくれませんでしたが、どうやら鬱病が原因だったようです。とはいえ離婚するわけでもなく、週に何度かは家に顔を出していましたし、私が家を出た今も2人で私の家に来る程度に交流はあります。

 

私自身はというと大学進学を機に家を出て、入った学部が合わないだなんだと言い訳のようなことを言い、バイト三昧の生活。そして「実家へ帰りたくない」という理由で休学、そのバイト先も辞め、「何もしないなら帰ってこい」と言われ、高卒で終わるのはいやだと復学したものの、今更学校に戻れるわけもなく引きこもりのような生活を送っています。

本当に何もしていないんです。生活費は家族から送られてきています。多分これだけで充分甘やかされているのですが、私の根本にオタク、ソシャゲ廃人という性質があり、生活費の使い道が課金>タバコ>食費>その他の生活用品となっていて、毎日ぎりぎりの生活を送っています。

嫌なんですほんとに。何がと言うと親の金を使っていること、ではなく親に全ての金銭管理を見られていることが。親の金を使っておいて、その管理をされるのが嫌なんて、なんで自分勝手なことしか考えられないのか自分でも死にたくなります。けど死にたくはないんです。痛いのが嫌なので。

痛くない死に方があるだろうと言われると思います。すいません、本当は死んだ後のことが怖くて死のうと思っても出来ないんです。いっそ大人しく学校を辞めて実家に帰ってでも自分でお金を稼いで自分の為にお金を使いたいんです。でもフリーターはダメだと言われるので、それもできないでいます。私だってできるなら正社員として働きたいけど、高卒は嫌だと言われるので、どうしたらいいのかわかりません。

なぜ全部親のせいにしてしまうのでしょう。悪いのは自分なのに。高卒でも働こうと思えば働けるじゃないですか。なんで大卒にこだわってしまったんでしょう。自分に合わない学校に行くくらいなら、さっさと泣き叫んででもやめればよかった。なんでこの歳になるまで黙ってしまったのでしょう。

 

風呂に入れないのは鬱病の兆しだという情報をよく見ます。お風呂に入ると涙が出てくるんです。泣ききってから出ようとするのですが、リセットしきれない日の方が多くて風呂に入るのが怖いんです。

私も父のように病名をつけてもらえば堂々と家に帰れるのでしょうか。でも病院に行くことすら面倒なのです。そもそも自分のことを全て話せる自信がありません。絶対に自分のいいように話してしまう気がするんです。あと、病院に使う金を親に頼んで出してもらうのが嫌なんです。

なにもできません。私は何もできません。嘘です、趣味にお金を使うことはできます。なんで自分の好きなことしか出来ないんでしょう。支離滅裂でごめんなさい。

 

【関連記事】
「死にたい」まま生きるために 希死念慮と共に生きる人々のストーリー


【執筆者】
紙パック さん

【プロフィール】
何も出来ないただのオタクです


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 死にたい 引きこもり 紙パック
このエントリーをはてなブックマークに追加

10件のコメント

仲見満月 返信

お風呂にはいるが負担なら、アルコールのウェットティッシュや、抗菌のボディーシートで、ふけるとこはふいて。デリケートな股間や細かな脚の間接部は、手で洗う。頭と顔は、洗ったら、スッキリすることがあります。

仲見満月 返信

先にコメントしたものです。よろしければ、こちらのほうにも、遊びに来てください:
「なかみ・みづきの灰だらけ資料庫(書庫)」
(http://gray-naka3-3dsuki.hatenablog.jp/)

koekake 返信

思い切って一旦全部親のせいにしてしまえばいいのではないでしょうか。それは決して結論やゴールではなく、あくまで休息ポイントとして。

有坂 和桜 返信

私は大学をやめ、親からの縁もたち、スマホを解約しネットから離れました。
この時点までは医者にも見てもらっていましたが、薬を薦められ、薬のせいにするのが嫌だったので医者に診てもらうのはやめました。
生活保護も考えましたが、条件的にも難しくしばらくはNPO団体に支援してもらいフリーターとして、お金は極力使わず、電子機器も触らずに、図書館から本を借りて過ごしていました。
本はとても良いものだと感じることができました。
それからスーパーで働いていると全員年上ではありましたが、話をできるようになりました。
今もスマホは持たずにパソコンのみ、将来的には暗いのかもしれませんが、貯金もできています。
話もできるようになってきたので今度は年上の方が多いコミュニティの登山でも行こうかと考えています。
今はとりあえず、自分一人になる環境をつくり、それから考えましょう。

ミント 返信

一応バイト1つやったらどうでしょうか。

kkk 返信

すごくわかります

森の 返信

初めてコメントします。

私はASDですが、貴女が今大変つらい心境に立っている事がよく伝わりました。
お察しします。

一通り読んで、気が付いたところがありました。
それは貴女と親御さんとの間になんらかの軋轢があることです。

例えば以下の文章には、明らかに親への不満が含まれており、
またその不満を全て自分の責にしているような節がうかがえます。
~~~~~~~~
『嫌なんですほんとに。何がと言うと親の金を使っていること、
ではなく親に全ての金銭管理を見られていることが。』
『(親は)フリーターはダメだと言われるので、それもできないでいます』
『(親から)高卒は嫌だと言われるので、どうしたらいいのかわかりません』
~~~~~~~~~
『なぜ全部親のせいにしてしまうのでしょうか悪いのは自分なのに』
~~~~~~~~~
といった部分です。

また私は、文中の『自分でお金を稼いで自分の為にお金を使いたいんです』
『趣味にお金を使うことはできます』『実家へ帰りたくない』
『高卒で終わるのはいやだ』
といった文章などに貴女の大切な本音を感じ取りました。

つまり、この悩みは
『死にたいけれど死にたくない』『自分の好きな事しかできない』
という題名通りの問題ではなく、
『親に金銭管理や学歴を(精神的に)コントロールされていて、どうしてもそれに逆らえない。
本当は自分自身で自分の人生を歩みたいのに』
という葛藤が主題なのではないでしょうか。

諸々の事情を知らないまま書き綴りましたが、誤っていたならすみません。
ただもし親との葛藤で悩んでいるのなら、
それを主題に、改めてここにいる方々へ相談してみてはどうでしょうか。
自分なりに整理するつもりでもよし。何かの罪を打ち明ける気持ちでもよし。
いずれにせよ今回とはまた違った反応が返ってくるはずです。

貴女の悩みは決して支離滅裂なものでもないし、至って正常なものだと私は捉えています。

かしこ

ニート 返信

一つアドバイスすると、北海道で働けばいい

40でフリーターなんてゴロゴロいるし年齢関係なく応募すれば雇ってくれるよ

通りすがりの希死念慮 返信

僕も全く同じです
毎日死にたさがあって、でも死ぬのは嫌だ、
正社員、むり、風呂、入れない
人間向いてない

でも病院行って病名つくだけで全然違いますよ
生きていてもいい、と 言ってもらえます
障害認定を貰えばお金ももらえます
バスも無料で乗れます。移動が楽になります

あとは薬を飲んで希死念慮と戦うだけなんです
僕は病院に通うのがめんどくさくて、まだ休職中です
それでも苦しんで働くよりは、全く理解されないよりは知識がないよりは。
ネットで同じ悩みを抱える人達のコミュニティに入れる今の方が楽です
診断書だけでも貰いましょう

CS 返信

とてもわかります。
自分もだいたい同じ状況です。
自分の好きなことしか出来ない。
そんな自分が大嫌い。
否定的な考えしか出来なくなり、さらに消極的になる。
死にたいけど死にたくない。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント