「こころ百科」に関する記事につき、一部不確定な事実に基づく表現がありました、読者の皆様にお詫び申し上げます。

虐待を受けて育った私が、近隣の虐待音に悩まされている話

コラム 虐待 あみ鳥

初めまして。31歳、既婚のあみ鳥と申します。

子供の頃の虐待からのアダルトチルドレン、摂食障害、自傷、自殺未遂等、沢山やらかしているものです。境界性パーソナリティ障害と診断は受けましたが、30代になって落ち着いてきております。

そんな私も29歳の時に結婚をし、実家から出ました。ずっと母と共依存な関係でいたこともあり、結婚生活は家事にパートに大変ですがなんとかやっております。

今のマンションに住んで1年目くらいに、下に家族連れが引っ越して来ました。お父さんお母さん、小学校と幼稚園くらいの子供が3人です。

引っ越しの挨拶には来ませんでしたが、子供3人がマンションの周りで楽しそうに遊んでいました。初めだけですが。

下の住人が引っ越してきてから一ヶ月も経たない内に、下から男の人の怒鳴り声とバタバタ、バンバンという音が毎日聞こえるようになりました。2~3時間ずっとお父さんが怒鳴っているのです。休日なんて一日中です。時折、子供の泣き声も聞こえます。しかしお母さんの声は一切聞こえません。

夏場、窓を開けていたらいつものごとくもの凄い怒鳴り声が聞こえていたので、慌ててベランダに様子を見に行きました。丁度お母さんが必死に窓を閉めているところを目撃してしまいました。

何が言いたいかというと、これ、私と弟が受けていた虐待と全く同じなんです。

 

ウチでは、家にいる人は父が1番偉い。ちなみに、母は専業主婦でした。

怒鳴ってもいいし、鉄製のゴミ箱を頭にぶつけられても、七味唐辛子の瓶を顔にぶつけられ青タン作っても、怒鳴りつけられながらピアノを練習させられても、こっそり撮っておいたビデオを目の前で破壊されても…(TV禁止だったんです)

こんな状態なのに、母は何にも言わないんですよ。

父が怒鳴ってて、母は普通に皿洗いをしているという図が家の中では当たり前でした。母も父からの暴力を受けてました。私は母が死んでしまうのではないかと布団の中で震えてました。

そんな母の口癖は「仕方ないでしょう」でした。

下の住人のお父さんが夜中に何か投げて割ったのか、ガシャーンという音が聞こえました。その後、控えめに掃除機をかけている音が聞こえました。きっとお母さんが掃除しているのでしょう。父が暴れた後始末は母の仕事なんです。

私の父はとっくに死んでいるので、この記憶は奥深くに閉まっていました。時折思い出すと怒りが込み上げてくるのですが、当の本人(父)は死んでいる。一度墓参りでご先祖様に謝ってから墓を思い切り蹴ったこともあります。笑

そうやってなんとか父の呪縛からなんとか解放されようとしていました。

が。下の住人が引っ越して来たことで完全にフラッシュバックして困ってます。

もちろん私も児童相談所に電話をかけたり、警察に通報も2回しました。でも何も変わらないんですね。

なにが「あなたの小さな勇気が子供を救う」だ、と毒づいてます。

きっと下の子供達も今はよく分からない。家はこういうものだと無理矢理にでも折り合いをつけているんだろうと思います。そして今はただただ怖いという感情しかないでしょうが、高校辺りから色々問題が出てくるんだろうなと思ってます。私は高1辺りからおかしくなってきました。

私の症状は前述した通りですが、弟は強迫性障害になってます。あと兄弟揃って「鏡を直視できない」問題もあります。私は醜形恐怖だからなのですが…弟もそうなのかな。

そして恐ろしいことに、ウチの母からは私たちが虐待、DVを受けていた記憶がすっぽ抜けてます。

父は10年前程に亡くなっているのですが、母は「私だけ未亡人で辛い」なんて宣っています。私から父のしたことを詳しく説明しても「そんなことあった?」と返された時は愕然としました。

 

申し訳ないけど、下の住人の子供は私は救えない。ただただ引っ越して貰いたいです。

拙い文章を読んで下さりありがとうございました。

 


【執筆者】
あみ鳥 さん

【プロフィール】
診断名、パニック障害、適応障害、境界性パーソナリティ障害


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 虐待 あみ鳥
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント