高学歴からのドロップアウト。アカハラやプレッシャーで適応障害になり、大学院を休学した話

コラム yukisoysh

こんにちは。yukisoyshと申します。

当事者の皆様から見ればこんなの生ぬるいと思われるかもしれませんが、僕の哀れな体験談をお聞きください。

 

僕は普通の家庭に生まれ、勉強が少しできたので地元の公立の進学校に進学しました。そして苦節2年の浪人の末、有名大学の理系学部に入学することができました。大学ではメンタルが弱かったり仕事ができない無能だったりして辛いこともありましたが、それなりに楽しい大学生活を送っていました。

その後、四回生になり実験化学系の研究室に配属されました。そこから僕の人生は徐々に狂っていったのです。

僕の配属された研究室は、実験化学系特有の「遅くまで残って研究することが当たり前。早く帰る奴はやる気がない。」という雰囲気が蔓延していました。また、周りの人達は「陰湿な体育会系」とでも言えばいいでしょうか、「深夜まで残るなんて余裕だろ。」「彼女くらい作れよ。研究室の女子で誰と付き合いたい?」のようなことを言いながら、研究室から早く帰っていく人のことを「あいつは頑張っていない。」などと陰口を言っていました。

また、僕の指導教官は人格が崩壊している人で、自分から散々研究とは関係ない話をした挙句、「ほら、こんなこと喋ってないで早く帰って寝ろ」と意味不明な発言をしたり、僕をストレスのはけ口にしたりしていました(あれは完全なアカハラだと思っています)。

(【関連記事】「アカハラ」からどう身を守る?学生・院生のためのメンタルヘルス対策 )

更に、研究を始めてしばらくして、僕は研究に全く向いていないということが判明しました。「こんなくだらないことをなぜ皆はあんなに必死でやっているんだろう。」と思いながら実験をしていたことを覚えています。

大人しくてのんびりした人間であり、またバイトなどの社会経験が無い僕にとっては、この環境はものすごいストレスでした。このようにして、向いていない仕事、馴染めない人間関係、人格のおかしな指導教官、などのストレスが積み重なり、研究室に配属されて約半年後から、僕は徐々に体調を崩していきました。

主な症状は倦怠感と易疲労感でした。体調不良のため研究室にいられる時間が徐々に短くなり、9時が7時になり、7時が5時になっていきました。土日は鉛のような倦怠感で体が起き上がりませんでした。当時はストレスで体調を崩しているという自覚が無かったので、なんでこんなにしんどいんだろう、と思いながら這うようにして研究室に行っていました。思えばこの時期は終わりの見えない地獄の中にいるようでした。

消化器内科に行ったり心療内科に行ったりしてだましだまし過ごしながら時は流れ、修士一回生の秋頃、長らく続く体調不良に加えて、学生実習の疲れや学会発表のプレッシャーが重なり、全身の力が抜けていくような虚脱感に襲われ、「限界」が訪れました。

そして、研究室を長期休むことにして、休学し、今に至ります。心療内科の診断は「適応障害とうつ状態」でした。

 

現在実家で療養中なのですが、ストレス源から離れたからすぐに治ると思いきや、体調は全く良くならず、一年以上療養生活を続けています。もちろんバイトなどはできていなくて、無職状態です。

こうして、既卒、職歴なし、もうあまり若いとは言えない25歳、現在就労不能、という状態で人生のレールから外れてしまいました。大学の同期はもう就職したり修士論文を書いていたりして、順調な人生を送っています。

この先、いつ良くなるかもわからない体調不良を抱えて、僕はどのような人生を送ることになるのでしょうか。

ニ浪の末ようやく入った大学の大学院で適応障害になり休学するなんて、なんとも滑稽な話ですね。もうあの研究室に戻るつもりはないので、大学院は中退する予定です。

これが僕の哀れなドロップアウトの人生です。


【執筆者】
yukisoysh さん

【プロフィール】
プロフィール:大学院で適応障害を発症した休学中の大学院生。知能検査では「発達障害ではない」という結果だった。
Twitter:@YukiSoysh


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム yukisoysh
このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

AK 返信

私も似たような経験でドロップアウトしました。
化学系実験室の中退者です。
本当にまったく関係ないところで現在働いていますが、
未だに思い出すたびしんどいです。
ただ、別のことをすることでかなり和らぎました。
それだけ伝えたくてコメントしておきます。

返信

本当になんの足しにもならないコメントですが…させてください。
私も、学校や家庭でうまくいかない中でもなんとか勉強をして、そこそこな大学(文系)に入れて、何回か留年しつつも卒業して、なんとかそこそこ大きい会社に就職も出来たのに、2年も経たずにしてダウンしてしまいました。
今は休職してますが、復帰できる気がしません。
同い年の25歳です。
これから、どう生きていくのでしょうね…お互い、死なない方向に進めるといいですね、そう願っています。

のぶちか 返信

私は1浪で難関私大(文系)に入り、病むのを繰り返しながら休学2年しましたがなんとか今年卒業できました。25歳いっしょですね。
現在適応障害でして、4月から就労移行支援に通い、資格の勉強とリハビリをして就職できるようにやっていこうと思ってます。
どこか頼れる所があると思うので探してみるのはどうでしょうか?

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント