「褒められたい」「認められたい」、ただそれだけ。

コラム

初めまして。このサイトの存在を知ってから、辛い時やふと読みたくなった時に覗いています。

文章力があまり無いので読みづらいかもしれませんが、とりあえず心の中にしまっていたものをぶつけたいと思います。

 

私は親から褒められたことがないです。少なくとも私の思い出せる記憶の中では。

学生時代にテストで満点を取っても、何かを頑張って成し遂げても。「へぇー」とか「ふーん」とか、そんな反応しかされてきませんでした。ただ、運動会のリレーで選手に選ばれて、走った時にすごく応援してくれてたのは今思い出しました。それくらいです。

私は単純な人間なので、褒められれば「よしっ!次も頑張るぞ!」ってなるタイプなのですが、思い返したらそういう言葉をかけてくれた人は周りにほとんどいませんでした。それでも、私は私なりに頑張りました。勉強も運動も。でもそれだけでした。

大人になった今でも私は私なりに頑張ってます。それがたとえ世間からしたら当たり前のことでも。褒められるようなそんな大したことじゃなくても。ただ、ふとした瞬間思うんです。

「誰かに褒められたいな」と。

別になんでもないことでもいいんです。「ありがとう」とか「凄いじゃん」とかそれくらいで。たったそれだけで「あっ、自分は認められたんだ」って思えるんです。

以前、職場の人と雑談してた中で言われた言葉でビックリした事がありました。

「凛さんって自己評価低いよね。もっと自信もって生きればいいのに。」と。

確かに私は自分のことをクズ、ゴミ、ダメ人間だと思ってます。だって、定職にもつかず色んな仕事を転々とし、家事すらろくに出来ず、ゴミ屋敷みたいな部屋に住んで、ただ毎日を消化してるような生き方をしてるんですから。ああ、こんな生活してて「褒められたい」だなんて図々しいにもほどがありますね。

とにかく自分は底辺の人間だという意識しか無かったので、改めてそんなことを言われるとは思ってませんでした。自信をもって生きてる人は、やはりそれなりに成果を出してる人だと思ってます。

まさに、私の母がそれです。自分大好きで自信家。でも、1人で私を育てたし料理も上手ですし力仕事も出来ます。コミュニケーション能力もあります。だから自信をもって生きていけるんです。

けど私はダメです。私は母が持ってるものを何一つ持ってません。

そんなんで自信をもって生きてなんかいけないし、周りが認めないと思う。

ああ、結局私のせいでした。

「褒められたい」「認められたい」なんてやはり図々しいことなのでしょうか。


【執筆者】
凛 さん

【プロフィール】
何とか生き続けてるフリーター


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

桜桃 返信

今日まで何年も、ずっと生きてきて偉いですね。
よくがんばりましたね。
こんなに頑張ってる人のことを図々しいと思う人は
いませんよ。
私は、この記事が読めて嬉しいです。
書いてくださってありがとうございます。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント