世間から許されたい。専業主婦である私を批判する”世間の言葉”を想像してしまう

コラム 統合失調症 ゆみち

はじめまして。30代半ばの専業主婦ゆみちといいます。

大学在学中の19歳の頃に統合失調症を発症し、入退院を繰り返しつつ、過食嘔吐をしたり、ひきこもりだったりしてました。昨年、自閉スペクトラムが発覚しました。

私はいま、子なしで専業主婦です。寄生虫と叩かれそうだし、他にも「気楽ね」とか「働けば?」とか…批判の言葉はいくらでも出てきそうです。

このように、私は、世間からの批判の言葉を想像して気分が悪くなります。時には想像した批判の言葉に混乱してしまい、泣きわめいたり、寝込んでしまいます。私にとって、世間からの批判はとっても恐ろしいものです。

私はよく「私は生きていくべきではない」と思っていて、世間からの批判は、その気持ちを後押しします。

世間からの批判に「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝り続けても、世間は厳しく、許してくれるわけはありません。許してくれるということは、世間に「生きていいよ」と言われることです。そんなこと難しすぎますね。到底無理です。でも、無理だとわかっていても許されたいんです。

「旦那さんが許してくれてるならそれで良くないか?」と言ってくれる人もいます。同時に「あんな嫁で旦那さんがカワイソウ」という世間の声も聞こえます。

”世間に許される”ということがとても困難なのはわかっていても、「自分」というものの指標がグラグラなので「世間」という指標に頼るしかなく、いつも勝手に傷ついて、勝手に絶望しています。

「世間に許されたい」とずっと思っていますが、どうやったら許されるのか?と考えても、「自分が自分じゃなくなること」という答えが出ます。そんなことどうやったって無理です。

毎日、世間のことを考えるのはとても苦しいです。世間という概念から解き放たれたいです。許されてもきっと満足はしないし、本当の平穏はそこにはないような気がしています。自分をしっかり持てるようになりたいです。


【執筆者】
ゆみち さん

【プロフィール】
10代で統合失調症発症し、最近自閉スペクトラムが発覚した30代半ばの主婦


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 統合失調症 ゆみち
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

YunnKoo 返信

ゆみちさんこんにちは。
無意識のうちに私が投稿したのではないかと思ってしまうくらい似た環境で暮らしてる者です。
私は大学時に鬱と境界性人格障害が発覚、遺伝的に発達障害もあるのでは?と言われてる30代子無し専業主婦です。
周囲の目、普段気にならないのですが、傷つけてしまうと気が付かないのか驚くことにこちらの暮らしぶりを素朴な疑問としてピュアな目で「なんで子供ほしくないんですか?」「なんで働かないんですか?」と言ってくる人もいますし、そういう人に出くわした日は自分の価値を見失ってしまい本当に凹みます。同世代と比べたら馬鹿みたいに劣ってる自覚は本人である私が一番あるんですがね。
その上私はアスペ特有のコレクター気質があり金がかかります(汗)なので時々小銭稼ぎにバイトなんかはしてますが。子育てしない、働かないな上でのこの性質なので楽しいのですが情けなくてしょうがなくなります。
しかし、クヨクヨしててもしょうがないのでとにかく夫や親に心配かけない。健やかに生活することが私の仕事だと思ってしっかりしようと頑張ってます。この恵まれた家庭・家族への恩返しが人生で一番したい事ですね。
世間の王道な生き方や平均的な事ができないメンヘラだからこそできることもある!と信じる毎日です。
私も日々頑張りますね。私の話ばかりでごめんなさい。ご投稿ありがとうございました。



コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント