通院の途中、いじめの主犯と遭遇した

体験談 リストカット いじめ 自傷行為 ねむこ

こんにちは。以前読者投稿をさせて頂きました、ねむこと申します。
年を越して世は新生活を迎えようとしている中、こうして私は生き延びています。

以前の投稿から本当に色々あり、その中でも一番苦しかった事を書かせて頂こうと思います。

昨年、たまたまイジメの主犯に遭いました。

その日は通院の日で、医師にどんな事を話したら良いかとか、今日は寒いなーなんて呑気なことを考えて居ました。そんな中、中学のイジメの主犯に遭いました。

当時、彼女の周りにはいつも人が集まっていて、私に対しては

「お前の事を好きなやつなんて1人もいない」

と言っていました。

暴力こそありませんでしたが、毎日毎日私が顔を上げるたび、髪の毛をいじる度、口を開けて話す度指を指して笑いからかい、キモい。と言って来ました。

そんな彼女がある日私の目の前に現れて、息が止まるかと思いました。

ほんの数分間の出来事だった筈なのに凄く長く感じ、久しぶりに遭った彼女は綺麗で、おしゃれをして立って居ました。彼女は私を一瞬見て、スマホをずっといじっていました。きっと気づいて居たと思います。

それでもその後何とか病院にも行き、割と気にしてないかも?なんて思ったのも束の間、帰宅した瞬間涙が止まりませんでした。

あの子が学校へ行ってた頃私は学校へ行けなかった。あの学校で卒業できなかった。
転校先で良い友達に恵まれたけれど、そうじゃない。そんな簡単なことじゃない。
私が苦しくて死のうとしていた頃、他の子をイジメて笑っていた。

「お前の事を好きなやつなんて 1人もいない 」

その言葉を忘れた事はありません。顔のハンデを指摘された事も忘れていません。
でもきっと彼女は忘れています。

その子だけが私をイジメた訳ではありません。でも夢に出てくるのはいつも貴方です。

でもどうしてでしょうかね、私は貴方を憎むのは嫌なんです。

粘着質でしょう。私はきっとこんなだからいじめられ、今も前に進めないのです。自分でも嫌という程分かっています。そんな自分が嫌いでたまりません。

親には忘れなさいと言われました。こうして苦しむことは情けない事だと言われました。耐えられずリストカットと首絞めをしました。泣きながら嗚咽をし、情けない自分を罰しました。

別にその後どうこうなった訳ではありません。

リストカットが定期的に復活したぐらいで今はなんとかやり過ごしています。

これが去年1番苦しかった事です。本当は今年も時々夢に出てきます。でも、どうすることも出来ません。生きるというのはとても難しく、苦しい事ですね。

お読み頂き有難うございました。



【執筆者】
ねむこ さん

【プロフィール】
反復性うつ病と診断を受けている20代。
今年も家族に理解されないまま、家族のために何かと動いています。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 リストカット いじめ 自傷行為 ねむこ
このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

佐藤 返信

私もいまだに中学生時代のイジメの影響が色々と残っており、当時の状況が夢に出てくることもあります。
私はねむこさんと違い今でも彼らを恨む気持ちは抜けないです。

そのような私から見ると、
イジメをした、そんな相手に
「私は貴方を憎むのは嫌なんです」
と言えるあなたは素晴らしい人です。
どのような心理や理由で言っているかは関係なく、です。

ただ、その優しさと考えで苦しんでしまうのはとても辛いですね。
私は専門家ではないので何かできるということはありませんが、
一つ言えるのはあなたは絶対に情けない人などということはありません、ということです。





えめねう 返信

分かります、私もずっとそれで苦しんでいる。

なまけもの 返信

これっていじめを行なった人から謝られてもいないんですよね?
なら許す必要なんてないし、憎んで当然でしょう。

「毎日毎日顔を上げるたび、髪の毛をいじる度、口を開けて話す度指を指して笑いからかい、キモい。と言う」なんて、そんなことする人はよっぽどメンタルに問題があると思います。そんなことされて苦しまない人なんていないし、むしろ「普通」は苦しむ。気に病むからいじめられるという考え方は、「ネガティブ思考だからガンになったんだ」レベルのとんでも理論だと思う。

いじめられていたと聞いても別にその人を嫌いになんかならないけど、いじめてたと知ったら、かつそれを謝罪も反省もしてないと知ったらドン引きしますよ。

メンタルおかしいのは彼女。あなたではありません。あなたは悪くない。おかしくない。前に進むというのは忘れることではなく、自分を責めることで自分へのいじめに加担することをやめることではないでしょうか?

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント