「こころ百科」に関する記事につき、一部不確定な事実に基づく表現がありました、読者の皆様にお詫び申し上げます。

鏡に写る自分の顔が、何故か自分だと思えない

体験談 Oki

はじめましてOkiと申します。
今日は私のちょっと変な習性についてお話ししようと思います。お付き合いください。

しばらく前に気がついたのですが、私は自分の姿がいまいち自分だと思えません。

「自分の外見の特徴から自分だと判断つくけど、それが自分の姿だと認識しにくい」

ような感じです(文章にするとわけが分かりませんね)。

だから自分の写ってる写真を見ると少々混乱します。

思えば昔から写真は苦手でした。

最初に写真の中の自分を見て気味が悪いと感じたのは、たしか小学1年生になってから見た幼稚園の卒業アルバムです。しかし写真は見なければ済む話ですから大した問題ではありません。

問題なのは鏡。とくに試着室の全身鏡が厄介です。

リアルタイムで「自分なのに自分じゃない気がする問題」が発生するうえ、外から店員さんが声をかけてくるのに答えなければいけないのが厳しい。

試着している服のサイズ感もチェックしないといけない。だから鏡を見ないといけない。

鏡に自分の姿が映っているのを見ると、それは自分じゃないように思えるけれども確実に自分である。混乱してうまく言葉が選べない。返答しないとまた店員さんから声をかけられる。

慌てると服がきついかゆるいか分からなくなる。わからないから返事ができない。言葉が出ない。自分のはずなのに自分じゃない気分はとても不快です。

私にも多少の常識があるので、鏡に一人で向き合えば鏡に映るのは自分だと知っています。

けれど脳のどこかが「映っているのは私じゃない!」と反発します。脳内に私じゃない私がいるように感じます。頭の調子がおかしいのでしょう。

それでも成人するころには対処法を身につけることができました。全身鏡の場合、顔を見ないようにすると「自分である感」が減るようで、私じゃないほうの私はとくに反応しません。

また意外にも化粧は何の問題も起きません。

近視のため鏡に顔をもの凄く近づけて施すので顔全体を見ることがないからです。

また出来栄えをチェックするときだけ顔全体を見ますが、化粧後の顔はすでに自分っぽさが薄れているので自分だと感じません。

さて冒頭でお伝えした通り、この自分じゃない感そのものは最近気づいたわけで、それまでは何が何だかわからないまま写真や鏡を恐れてきました。でもこうして多少わけがわかれば次の手が打てそうな気になります。

私としては鏡や写真を避けるのはなかなか面倒なので、面倒を感じないようになりたいと思いました。それはどうしたら可能になるかな?と考えた結果、

「私が自分だと思う必要がないんじゃないか」

というところに行きつきました。

「じゃないほうの私」の言い分に合わせるということですね。

では次なる「私は自分の姿を誰だと思えば『じゃないほうの私』は文句を言わないか?」問題ですが、たとえば自分を誰か別の他人と認識するのはだいぶ問題がありそうです。

ならば何と思えばいいか。私でなくて私以外でないものとは何か。

ここまでたどり着いたら一瞬で思いつきました。答えはガワです。自分の姿は自分の着ぐるみか何か、ガワのようなものと思えばよいわけです。

ガワと思って鏡の前に立てば、鏡に映るのは私のガワです。
じゃないほうの私も文句はないらしく混乱や不快感はありません。
私の脳内の情報処理の方便ですからそういうことでいいでしょう。

たぶん。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。


【執筆者】
Oki さん

【プロフィール】
無職の鍼灸師。精神科や心療内科はまだ行ったことがない。
Twitter:@okiokinada


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 Oki
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

それわかるんるん 返信

海外サイト『io9』でその理由が説明されている。それによると、この現象には脳の働きが大きく影響しているとのこと。というのも、私たちは普段目で見ることによって様々な情報を得ているのだが、脳は視界に映るものすべてに注目しているわけではないというのだ。

例えば、あなたがパソコンの画面を見ているとき、視界にはパソコンが置いてある机やその周囲にあるものが映っているだろうが、脳はそれらを見てはいない。だから、パソコン画面に集中していると、時々周囲の物のちょっとした変化に気付かないことがあるのだ。

つまり、脳は目で見たものの中から重要なものだけに注目し、そうでないものを無視するため見えない部分が出てくるのだという。

この現象を簡単に実感するには、水色の円が描かれた図をご覧いただきたい。円の中央にある赤い点をしばらくのあいだ見つめていると、1分も経たないうちに水色の円が消えていくのがわかるだろう。

これは「トロクスラー効果」と呼ばれるものだ。赤い点に注目したことで、青い円は脳に無視されて白い背景に同化し、消えたように見えるのである。

これこそが、鏡に映る自分の顔が化け物のように見える理由だという。顔の一点だけを見つめていると、見ていないところはその周囲の部分と同化していき、顔の一部が消えたり歪んだりしているように見えてくる。すると、人は本能的に、それを自分が理解できる何かに結び付けようとするため、「お化けだ」と恐怖心を抱いたりするというのだ。

実際、この現象を実験によって示したある研究報告がある。それによると、被験者に鏡の中の自分の顔を10分間見つめてもらったところ、人によって鏡に映った物の捉え方が異なっていたそうだ。

いちばん多かったのは、「自分の顔が歪んで見える」というそのままの回答。しかしその他にも、「実際には存在しない怪物のようなもの」「知らない人の顔」「少しだけ変化した自分の親の顔」「猫や豚、ライオンなどの動物の顔」など、何に見えるかは人それぞれだったのだ。

この仕組みを知ったうえで、もう一度鏡に映る自分を見つめてみると面白いかもしれない。ちなみに、少し照明を落としてやってみると、鏡の中の変化が現れやすいようだ。あなたの顔は何に見えただろうか……。

参照元:io9(英文)

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント