希望がない。ただ終わらせたい。

コラム 死にたい ひんしのきつね

もう当事者に言っても苦しませるだけなので、でもどうしても心情は吐露したくて、赤の他人という緩衝材があるこの場で吐きます。

自己診断だが、私は以下の傾向にある。

・緘黙症
・鬱病
・ADHD

これに加え、本日彼女からの指摘により「自己愛性人格障害」の可能性が出てきた。ネットの情報を基に自己分析した特徴は以下の通り。

・非難に非常に弱い。
・小さな過ちであればあるほど、指摘されると無能感に陥る。
・非難はどんな内容でもひどく落ち込む。(正統性の判定と聞き入れないという選択肢が取れない)
・成功を収めても、次に続かない。
・非難によって欠点が暴露されることを恐れて引きこもることもある。
・現実問題の処理が出来ない。
・対人関係は自分を誉めてくれる人か、自分の代わりに現実を処理してくれる依存対象の二種類を求める。
・他者に対する共感性の欠如。
・肥大した自己愛的理想と、卑小な現実のギャップに苦しみ、自分の小さな世界に閉じこもったり、対人関係を避けてしまう。

当てはまる傾向だけに絞っても上記の通り。

この項目に当てはまってしまう事がただただ辛い。最悪。もう希望がない。病気のせいにしたり性格のせいにしたり、色んな言い訳で現実問題から逃げているだけ、ってきっとその通りで、治したいけど益々何をしていいのか、どうしたら変われるのか分からないし、希望がない。

自分は幸福にしたいと思った人を不幸にするだけのたちの悪い生き霊でしかない。そんな気がしてる。現に今、どうすれば改善するかを考えずにこんな下らない文を、親友の気分を害するだけの悪文を書いて送りつけようとしていた。

はっきり言って死にたい。僕が死ねばまた不幸を拡大させるだけなのに死にたい。希死念慮ではない。

多分自殺する人の半分以上は実は希死念慮では無いとさえ思ってる。死ぬのが「希望」に感じて死ぬのではない。

希望がなく、ただ終わらせたい、これ以上長く続けたくない、だから死ぬ。そういう人がほとんどだとさえ思ってる。

私もそうしたい。でもきっとできない。

もうぐちゃぐちゃ。



【執筆者】
ひんしのきつね さん

【プロフィール】
現在フリーで映像や写真の仕事をこなしているフリーターです。大手商社マンである父の仕事の関係上、日本と海外を一定期間おきに移住していました。
二年留年した海外の高校で映画の魅力に引かれ、大学は映像学科に。卒業後就職を試みるも半年で退社。転職先の映像ベンチャーでも長時間労働や精神的苦痛から半年で退社。バイトも長続きせず収入もないのに彼女と同棲。とうとう怪しい案件に手をだし、しかも途中で精神を壊し1ヶ月以上の労働拘束があってもギャラが1円も入らず、借金して買った機材を売り飛ばして生活を繋げるも、借金は返せておらず、今後に希望がない。彼女も悲しませる一方。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 死にたい ひんしのきつね
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

よしつね 返信

ネットの情報をもとに自己診断、また専門家以外の診断は危険です。私は病院で検査を受けましたが、ネットで出来るような単純なものではありませんでした。
可能な限り専門医にかかりましょう。
経済的に厳しいようであれば、お住まいの市区町村の健康福祉課に相談し、精神保健福祉士さんと話せないか、他の相談窓口が書かれたパンフが貰えないかなど確認してみましょう。
まだ死ぬ前にやること、出来ることはたくさんあるので、足掻いてやりましょう。

null 返信

“ 自殺する人の半分以上は実は希死念慮では無いとさえ思ってる。死ぬのが「希望」に感じて死ぬのではない。
希望がなく、ただ終わらせたい、これ以上長く続けたくない、だから死ぬ。そういう人がほとんどだとさえ思ってる。”

まったくその通り。
自分の困難や不安が自分の処理の手に負えない、だから止めたい。
よく訳知り顔のおっさんが、ゲームみたいに消してやり直せると思ってるんだろう、とか言いますが、むしろハードごと爆破して二度とできないようにしてやりたい。ハードが生きソフトがある限りゲームはやり直せますからね。それこそ希望がある人の話です。
いずれにせよ、自分も現在似たような感覚に陥っています。自分の絶望の吐露が、少しでも希望を持っているメンヘラの迷惑になる、すごく分かります。

かといって、何か励ましのお言葉をかけることもできないんですけど。自分も今やさぐれてますし。
ひとまず、死は希望であるという勘違いには一矢報いる内容です。
存在証明できない神も仏も前世も来世も無いのです。勝ち負けを測り勝たなければならないというのもナンセンス。
今、この人生の苦痛が消えるか消えざるか。薬や心理療法で延命するか、自ら閉じるか。
我々にはそれしか興味がないのですから。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント