性加害を受けた兄を許せない そんな私を責める家族に抱く悲しみ

コラム 家族 DV 練りココア トラウマ

こんにちは。

前回、前々回の記事にコメントをくださった方々、ありがとうございました。全部読んでいます。

【関連記事】
・実兄からの性的虐待とトラウマ それでも家族を嫌いになりたくなかった
・セックスが気持ち悪い トラウマが阻む恋愛と性

今回は、家族のことを書いていきたいと思います。

前々回で書いたように、私は過去に兄からの性的嫌がらせを受けて人生にわりと支障が出ており、まだ気持ちの折り合いがつけられず、引きずったままでいます。

このため、実家に帰ると"また何かされるのでは"と不安で緊張してしまい、ものすごく疲れてしまいます。なるべく兄のことを避けて、考えずにいればなんとかなると思っていましたが違いました。勘違いをしていました。

他の家族にとっては、兄も大切な家族のひとりだったのです。

法事で帰省したとき、兄に最低限の返事しか返さず、できるだけ二人きりになるのを避ける私を見て、家族が言いました。

「どうしてそんなにお兄ちゃんに冷たいの?」「可哀想でしょ?」「昔は仲良しだったのに」「どうして家族なのに避けるの?」「もっと話してあげてよ」「帰ってくるの楽しみにしてたんだよ」「たった二人の兄妹なのに」「仲良くしてあげてよ」「そんな態度ひどいと思うよ?」「(ため息)」「(悲しそうな顔)」

まあ責められる責められる。

ここで、答えがどちらでも地獄の問題が頭に浮かびます。

「なぜ家族は兄に対して冷たい私を責めるのか?」

A1.「兄がそんなことをしていたなんて知らないから」

18年間一緒に暮らしてきたのに気づいてくれなかったの?私泣いてたのに?

A2.「知っているが、もう昔のことだから」

知ってたならどうして助けてくれなかったの?私いまも苦しいのに?

私にとっては加害者なのに。兄以外の家族は大好きなはずなのに。

忘れたいけど、苦しかったことを家族に知ってほしい。知って傷ついてほしくないけど、もう二度と仲良くしろなんて言ってほしくない。

昔仲が良かったのは、実兄から性的な嫌がらせを受けるなんて認めたくなかったからだし、ストックホルム症候群みたいなものだったと思っています。

いろいろ考えていると呼吸をやめたくなるので、できるだけ考えないようにしています。

来世はラッコが持ってる石になりたい練りココアでした。


【執筆者】
練りココア さん

【プロフィール】
いろいろ限界フリーター


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム 家族 DV 練りココア トラウマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント