抗うつ剤を拒否していた私が実際に服薬してみて感じたこと

体験談 うつ病 自律神経失調症 摂食障害 ユウキ

こんにちは。ユウキです。3月に大学を無事卒業し、またどこかで学生をしています。メンヘラの境界線をウロウロしていると思っていましたが、7月に入って完全に鬱状態になりました。今は抗うつ剤を飲んで生活しています。

私は今まで二度、心療内科に通っていた時期がありますが、抗うつ剤だけは拒否していました。依存してやめられなくなりそうだし、副作用で太るのも嫌だし、何より、どうせ効かないだろうと思っていたからです。実際、それまでに処方された様々なメンタルの薬は効いていないと感じていました。

今日は私が実際に抗うつ剤を飲んで分かったこと、感じたことを正直に書きます。名前を出すと「セルトラリン」という薬です。

結論から言うと、①依存性はないらしい ②太らなかった ③効いてる実感がある、ということを今日は皆さんにお伝えしたいです。

まず依存性について説明します。学校の先生が勧めてくれたメンタルクリニックで、院長から「依存性はない」と言われました。一人の医者の言うことですので、信じられないという方もいるでしょうが、私は信じることにしました。勧めてくれた先生に「メンタルの薬は信用できない」と相談したときに「そんなこと言ったら食べ物だって信用できないよ。とりあえず飲んでみて、効かなかったらやめればいいよ」と言われたからです。

私は摂食障害の経験があり、その名残りで食べ物や人体について今もかなり調べています。確かに、食べ物が人体にどう作用するのか、という研究結果は年々変わります。塗り替えられていきます。ですので、心から「その通りだな」と思えました。そして、初診で鬱状態と結果が出たときに、すんなりと抗うつ剤を受け入れることができました。体感としても、依存性は無いように思います。しょっちゅう飲み忘れそうになるからです。

次に、体重の増減についてです。抗うつ剤を飲むと太るという話はなんとなく知っていました。しかし、院長から「心が落ち着いて太る人もいるけど、それは稀」だと言われました。少しは太る覚悟をしましたが、今のところ体重に変化はありません。食欲が増すということもありません。嗜好品を求める気持ちがそこそこ強くなりましたが、食欲の総量としては変わらないという感覚です。

むくみはたまに出ました。週に2~3回くらいですかね。私は奥二重なのですが、朝起きた時に目が二重になって、フェイスラインが少したるむ程度のむくみです。少しの変化ですが、薬を飲み始める前にはこんな事はめったにありませんでした。本当に薬のせいか、と聞かれると私にも判断できませんが…。

最後に、効果について説明します。今これを書いているのが8月下旬ですので、薬を飲み始めて一ヶ月以上は経ちます。

飲み始めた頃には「本当に効くんだ」と思いました。お風呂や歯磨きなどの日常生活が困難になるのは鬱の特徴ですが、薬を飲むとそれらが以前より楽に出来るようになりました。朝起きて「なんか今日学校行く気しないな…」と思ったら昨夜薬を飲み忘れていた、という出来事もあり、効果を実感しました。

以上の話は一番少ない量を処方してもらっていた時の話で、それから鬱が悪化したので徐々に増やし、今は4倍の量を飲んでいます。

何もやる気が起こらず、1日のほとんどを横になって過ごしていた週もあったのですが、量を増やしてもらってからは外に出られるようになりました。集中力も上がり、学校の課題に取り組めるようになりました。ただ、普通よりも疲れやすいので週に2~3回はほとんど頑張れない日があります。そんな日でも顔は洗えるし、歯も磨けるし、少しは外に出られるので助かっています。シャワーは今もできない日があります。

私はこの薬を飲み始めて「よく今まで抗うつ剤なしで乗り切ったな」と思いました。そのくらい、日々が楽になりました。

よく考えると、診断されてないだけで昨年春あたりから鬱の症状はあったと思います。つまり、抗うつ剤なしでも今までやってこれたという事です。私が大学4年生だったからちょくちょく休んでも困らなかっただけかもしれませんが。それらを踏まえて、あなたはどう感じたでしょうか。

私の話は以上です。抗うつ剤を導入するかしないか、迷っている人の参考になれば嬉しいです。


【執筆者】
ユウキ さん

【プロフィール】
摂食障害、自律神経失調症を経て今は鬱の学生


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 うつ病 自律神経失調症 摂食障害 ユウキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

よしつね 返信

私はパキシルを使用していたときは依存性が少しあり太りました。個人差ですかねぇ。

それより安定剤のソラナックス、デパスは離脱症状がきつく、そのための依存といった形はありますが、意欲があるときは、離脱症状も忘れて断薬出来たりします。良いことではなさそうですが、、、。

はらぺこ 返信

私は親が医学関係の仕事で、身近にそう行ったものを服用しておかしくなった人がいるというネガティブな噂を話してくれたことがありました。その影響で、抗うつ剤は良くないものだとあまりにも漠然としたイメージを刷り込まれており、一度服用したらもう戻れない麻薬ほどの悪い想像をしておりました。今回こちらのお話を聞いて、これから治療の一環としてとてもポジティブに考える事が出来る気がします。ありがとうございました。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント