23歳社会人一年目。退職し生活保護を受けて生きる決意

体験談 うつ病 広汎性発達障害 りんかく 生活保護

初めまして、りんかくと申します。半月前に、発達障害とうつ病の診断を受けました。

普通にできるはずのことが普通にできない僕は職場で孤立していました。社会人一年目、たった5か月で逃げるように退職しました。働き盛りなはずの23歳男は、今、社会の何の役にも立っておりません。

「どうしてこんなことに…」と思う反面、「まあそうだよなぁ」と納得してしまうのは、昔から普通以下の自分に悩んできたからです。

「きっとトラウマ的な体験が僕をこんなにも脆くしているんだ。治療すればきっと普通になれるんだ」なんて思った時期もありましたが、僕は虐待された経験もありません。ただ、何も言えず何もできない弱い親に育てられただけでした。

僕が成人するまでに経験した、普通じゃないであろうことをピックアップさせてください。

・幼い時に見た激しい夫婦喧嘩や統合失調症になってしまったお母さんの酷い姿
・アル中のお父さんと兄妹で夜逃げや車上生活をしたこと
・義務教育もまともに受けられない時期があったこと
・新興宗教に入れられたこと
・児童養護施設で暮らしたこと

こういった経験が関係しているのかは知りませんが、少なくとも僕は真面目だけが取り柄のボンクラとしか言いようのない人間として今生きています。

 

昔から、普通になりたいと思って普通のふりをして生きてきました。しかし、良い大学に入っても恋人を作っても、自分が嫌になるだけでした。僕には人を好きになったり嫌いになったりするだけの感受性や共感性が無いようでした。かといって、一人で生きてやると誓う精神力もありませんでした。

何より情けないのは、人並みの頭さえなかったことと、それに23年経った今気が付いたということです。みんなみたいに欲望を持って、自分の見たいように世界を眺めて、みんなと同じように生きたいなぁなんて思っていたかつての自分が恨めしく思えます。

「もし遺伝やら何やらで生まれる前から人生が詰んでたのだとしたら」と先日のコラムでえんぴつ様が書いていらっしゃいましたが、僕も同じことを思っています。これまで苦しんで悩んで生きてきた自分って何だったんだろうか、と。

ずっと間違った視点で間違ったものの見方をして、間違ってることに気づかず無駄に泣いて無駄に依存して。全部無駄だったのに、なんてバカなんだろう。

そして、この歪んだレンズを通してしか世界と接触できないなら、これからも間違い続けることしかできないんじゃないか?今まで通り意味の通らない支離滅裂な言葉しか使えずに、誰からも歯牙にさえかけてもらえないまま無駄に死んでいくんじゃないのか?

 

突然ですが、先に断っておきます。統合失調症患者の方とそのご家族の方、不快にさせてしまったらごめんなさい。

現在、僕の両親と妹が統合失調症で入院しています。そして、僕は統合失調症患者が嫌いです。社会に適合できず、でも自殺もできない、弱い人間が罹患する病気だと思っているからです。「生きていてごめんなさい」と言いながら図太く生き延びる家族を、いつしか僕は煩わしいとしか感じなくなっていました。

僕はこれ以上自分を嫌いになりたくありません。次は自分の番だなんて想像するだけで気が狂いそうなほど苦しいです。

だから、行政書士に生活保護の相談に行きました。金銭的な後ろ盾がなく鬱病の診断も受けているため、申請は間違いなく通るとのことでした。申請書の作成と提出を委託したので、あとは預金残高が減るのを待つのみです。

 

僕は生きます。色々なことから逃げて、適応も自殺もできないまま、生きます。

社会に迷惑をかけてまで、この誰がどう見ても取るに足らない自分という人間を少しでもマシにするべく生きます。歪んだレンズでも面白い何かを見つけられるはずだと信じて、いつかそれを通じる言葉で人に話せるようになれると信じて生きます。

とりあえずは通院して鬱病の経過をみながらゆっくり過ごそうと思います。

この記事が誰かの暇つぶしになってくれれば、僕は本当に本当にうれしいです。

まとまりのない酷い文章失礼致しました。



【執筆者】
りんかく さん

【プロフィール】
23歳男、某国立大中退後就職。4か月で辞職。じき生活保護の申請をする予定です。
twitter:@curing_ka


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 うつ病 広汎性発達障害 りんかく 生活保護
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

ヒトデ 返信

興味深く読ませて頂きました。人並みにできないと仰っていますが、お若いのに人並み以上のご苦労をなさって、大学も卒業され、真面目で正直な生き方をされている。文章からも明晰という印象を受けました。大変な状況の中で最善を尽くされているりんかくさんは、立派だと思います。比例名簿当選して弱者叩きをしている国会議員の報酬より、生活保護費の方が遥かに税金の有効利用だと思います。大変な境遇でも生きるということは、同じように苦労している誰かの希望になる。使える制度は何でも使ってまずは休み、療養され、どうかご自身の努力を正当に評価することができるまで回復されますように。

モスモス 返信

拝読させて頂きました。私よりも過酷でとても辛い状況でありながら、冷静に前向きに生きていく姿に感動しました。
励まされます。今の自分を受け入れ前に進むというのはとても難しいことなのだと思っています。どれほどの時間がかかりそこへ至ったか、気になりました。良い意味で自分のために家族を切り離す勇気、すごいと思います。今後穏やかな日々を過ごせることを願います。
また近況など聞けたらなと思いました。頑張ってください。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント