お風呂に入れない、化粧ができない… うつ状態がひどいときの日常の工夫

ライフハック うつ病 ユウキ 化粧 お風呂

こんにちは、ユウキです。

うつ病と診断されて3ヶ月が経ちました。医者には「一時的なものと思ってたけどねぇ」と言われ、私もそのつもりでいたのでビックリです。

今日は長期戦を予感する中で生まれた日常の工夫を紹介します!

 

【身だしなみ編】

①ショートヘアにする


ほんとに楽です。私は胸まであるロングヘアでしたが、今は後ろを刈り上げたショートヘアです。今でも見た目的にはロングの方が好きですが、ショートをやめるつもりはありません。

一時期はロング過激派のようになっていた私でもこうなる魔力がショートにはあります。襟足が短いってすごく快適ですよ。

美容師さんと相談して、セットが楽なショートにしてもらいましょう。

 

②撥水加工の服を着て洗髪する


私は、お風呂が無理な時期は頭がかゆくて寝られなくなります。無水シャンプー(アルコールを含むスプレー)でもかゆみが取れず、編み出した技がこの技です。

ウインドブレーカーを着て髪だけ洗います。寒くないので抵抗も少なめです。

 

③シャンプーだけにする


トリートメント、コンディショナー、ヘアオイルの類はやめてしまいましょう。シャンプーすらしない「湯シャン」も体質が合えばオススメです。

①でご紹介したように、ショートヘアにしてシャンプーだけにするとお風呂がかなり楽になります。美容師の寺村優太さん(@trmryt)が書かれた『美髪のルール』を参考にしました。Twitterを見るだけでもかなり参考になりますよ!私はこれで髪が綺麗になり、一石二鳥でした。

 

※ここからはメイクの話になるので、興味のない方は飛ばしてください。

④石鹸で落ちるコスメを使う


一般的なコスメより少し高いのですが、クレンジングがいらないのでオススメです。その分落ちやすいので、日によってはぬるま湯ですすぐだけで落ちたりします。

24cosmeは石鹸系コスメ(と私は呼んでいます)の中では低価格なので取り入れやすいです。

 

⑤メイクはベースと口紅だけする


どちらか片方でもOKです。ベースメイクもしっかりやると大変なので、コンシーラーとフェイスパウダーだけで終わらせています。人は話すときに目や口ばかり見ているものなので、案外イケますよ。

「あの人、頬にニキビがあったな」なんて気づかないし、気づいてもすぐ忘れます。それでも肌荒れが気になる方は、ビタミンCの顆粒を処方してもらうといいです。めちゃめちゃ効きます。私の場合は、抗うつ剤の種類を変えると肌荒れが改善されました。

 

⑥アイシャドウでアイラインを描く


ペンシルタイプだとさらに楽ですが、私はパレットから小さな筆にとって描いています。手元がブレても誤魔化せるので楽です。濃いブラウンをメインに使っていますが、カラーシャドウを使うと気分が変わっていいですよ。余裕がある時は、そのラインから上に向かって筆を滑らせてグラデーションを作っています。

 

【心持ち編】

①「やらなきゃ」と思わないで無の心でやる


着替え、掃除、料理など全ての日常動作に通用することです。

「やらなきゃ」と思った瞬間にめちゃめちゃ面倒になってしまうので、何も考えずに体を動かします。無の心で一度立ってしまえばあとは勢いに乗るだけでいいです。無意識の力を借りる感じです。

やろうと思ったことを出来るだけ言語化せずに体に任せてください。上手くコントロールできるようになればかなり助けられます。不思議ですけど、こうすると面倒なことが頑張らずに出来てしまうんですよね。

 

②「激務 ライフハック」で検索する


参考になるものが結構あります。ここで紹介したのと被るものも多いです。鬱患者の生活って生きてるだけで激務なんだなぁ…と思ったものです。

 

以上、私のオススメでした。

大事なのは、これらの楽な方法でも全く出来ない時があるということです。それが鬱の特徴なので仕方ありません。

出来るときは楽にやる、出来ないときは仕方ない。そうやってゆるゆる生きましょう。何も出来なかったな、という日が続いても全然OKです。日常生活のすべてが上手くいく必要はないと思います。

体力があれば料理編も書きますね。多分。

皆さんの日々が少しでも楽になれば嬉しいです。それでは、ユウキでした。


【執筆者】
ユウキ さん

【プロフィール】
摂食障害、自律神経失調症を経て今は鬱の学生。
欲しいものリスト作りました。→欲しいものリスト


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

ライフハック うつ病 ユウキ 化粧 お風呂
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント