趣味のすゝめ 創作は自分も他人も幸せにする

体験談 趣味 紺野

こんにちは。紺野と申します。

突然ですが、私の趣味を並べてみると、トランペットを吹くこと、音楽を聴くこと、DTM、絵を描くこと、文章を書くこと、本を読むこと、ピアス等アクセサリーを作ること、チェキカメラで写真を撮ること……等。

一見多趣味、というか多趣味ですね。クオリティはさておき。

これらの趣味は別に誰に言われて始めたわけでもなく、気づけば自然とこうなっていたのですが、最近「趣味というものはメンヘラにとって重要なのでは?」と思うようになったのです。それはなぜかというと以下の2点。

①どうしようもない感情のサンドバッグにできる
②メンヘラは趣味で他者を幸せにできる

感情のサンドバックにできるという点はまだしも、趣味で他者を幸せにできるという点はどういうことか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。まあまあ気が乗るところまで読んでやってください。それでは参ります。

 

趣味は感情のサンドバッグにできる

これは文字通りです。趣味とまでは言えないけど、Twitterや日記や紙の端切れに色々書き殴ってはいるなあ……なんて方、多いのではないでしょうか。

いっそのこと何か形にしてみてはどうでしょう、というのが私からの提案です。クオリティも、誰かに見せる見せないもどうでもいいので、何かしら形にしてみる。

意外と達成感が生まれたり、自分にもこんな事ができるのかなどという新たな発見にも繋がると思います。また、感情が昇華されていくにつれてどんなタッチのものが生まれるかも変わっていきます。自分の成長をわかりやすく教えてくれますよ。

もっとメンヘラ向けに言うと、自傷がしたい・ODがしたい・死ぬためにあれこれがしたい、そんなときにわざと何かを生み出してみるのです。危険な行動の予防にも繋がりますし、自分の気持ちがわからなくても作品が教えてくれます。「なんだ、これこれだから自分は今、自暴自棄になっているのか」なんて冷静になったりもします。

 

メンヘラは趣味で他者を幸せにできる

これは私が最近、沢山の周りのひとから教えてもらったことです。

他者を幸せにする、と言うととても大きなことのように思えますね。でも実際そうなるのです。

そもそもメンヘラは他者から虐げられて生きてきた、いわば戦場で生き残っている強かであり優しいひとが多いのではないかと思います。残酷さを知っているひとは強かであることを選べます。そして優しさを持っています。

作品とは不思議なもので、それらを全て醸し出してくれます。他者にも伝わるほどに。

それは悲しさ、虚しさ、寂しさ、怒り、一見ネガティブに思えるものかもしれません。それは優しさ、暖かさ、強かさ、人間の生き様、一見とても素晴らしいものに思えるものかもしれません。もしくはどちらの側面も、もしくはすべてを、含んでいるものかもしれません。

それは作品が教えてくれることで私が言うまででもないのですが……例を上げるとしたらこんなところでしょう。

私は自分が生み出した作品を心理士や主治医に見せることがしばしばありました。その度に「あなたにはひとを幸せにする才能がある」と言われていたのですが、当時は内心そんなはずはないと決め付けていました。

ある時から、ちょっとした好奇心で私はそれらの作品をネットにアップしてみることにしたのです。手っ取り早くいつも使い慣れているTwitterへ。

すると、自分の作品が、もっと言うと自分自身が成長するにつれて、暖かいお言葉を貰うことが増えていったのです。暖かい気持ちになったひとはひとに暖かさを還元できます。自分の作品が思わぬところで他者の生活を彩っていたのです。それに気づいたときはとても驚きました。

ただの趣味、しかもクオリティなんてぜんぜん気にしていない、それを生業としている方たちが技術面から見れば相当に下手だろうものが、他者の生活を!彩っていたのです!なんということでしょう!

自分に置き換えて考えてみてください。自分の生活が彩り豊かなものであるとき、とても充実した気分になりませんか。つまりはそう、そういうことです。逆に言えば、ほんの少しでも他者に自分の作品が響いたとき、他者は充実した気分になるのです。それを幸せと呼ばずなんと呼ぶのでしょうか。

以上が私が「メンヘラは趣味で他者を幸せにできる」と断言した理由です。

余程の恥ずかしがり屋でなければレッツトライです。少しずつでいいので自分の開示をするのです。それは自分を知ってもらえるという安心感にも繋がりますし、巡り巡って自分が幸せになります。

そう、つまり「メンヘラは幸せになれる!」。

メンヘラは誰よりも生きるちからを持っています。なぜならば戦場で生き残ってきたのですから。


【執筆者】
紺野 さん

【プロフィール】
PTSD、双極性障害Ⅱ型、境界線パーソナリティ障害。最近解離の可能性が浮上。
Twitter:@ccccconno


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 趣味 紺野
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント