長袖の秘密 誰にも言えないリストカットと私

体験談 リストカット 発達障害 自傷行為 オーバードーズ のまぺ

はじめまして。のまぺと申します。

私は定時制高校に通っている一見フツーの女子高生です。

髪こそカラフルですが、勉強もするし友達とも遊びます。恋人はいませんが…笑

タイトル通り私は年中長袖です。

「で?」って感じですよね。私も書いてて「で?」って感じです。

ちなみに友達には「肌が弱い超絶病弱」と認識されています。

でも違うんです。肌は強力殺菌洗剤がついてもなんともならないほど強いです。

本当は自傷行為の傷跡を隠してるんです。

 

私はリストカットをしています。
(リスカと略すのは好きじゃないのでそのままで書きます)

もう何度腕を切ったことでしょう。

何度二度としないと誓ったことでしょう。

自分でも呆れるほど自分を痛めつけています。

突き詰めちゃうのかも知れません。

ここまで!と決めたらその目標まで突き進む感じ。

だからどんどん傷が深くなりました。おかげで手にあまり力が入りません。そして常に痺れています。最近は『いつの間にやらリストカット』というなんだかボカロのタイトルのようなことなっていて困ってます。

以前はメンヘラ達に有名な『ブ〇ン』1日1瓶飲むほど依存していたり、ネット上の知らない人と会ってみたり(会うだけじゃない)、結構ヘラ散らかしていたと思います。迷惑もいっぱいかけました。迷惑は現在進行形ですが。

 

話を戻すと私はリストカットをしていて傷跡が見えるのが嫌だから長袖なんです。

いつも行っている精神科へ行くと結構バリバリ傷跡が見えてる人がいます。

その人達をどうこう言う訳ではありませんが、見かける度に「自分は長袖を着よう」と思います。自分のために。

 

実はついこの間も腕を切ってしまい夜間救急へ行くことになりました。

人間としてドクターとしてそれを言っていいのか?というくらいかなりボロクソに言われて涙が止まりませんでした。怒鳴られた方がマシだと思いました。帰りたかったです。

でもそれ相応のことをしたのはわかってます。何針縫ったんでしょう。3時間近くかかりました。迷惑な患者で申し訳なかったです。言われたことを思い出して悲しくなることには変わりませんが。

 

一体なにを書きたかったかよく分かりません。

でも一つ伝えたいのは『どうにかなるよ』ということです。

いま現在どうにかなっているかは分かりません。すぐ泣くし、すぐ自分責めるし、すぐしょげます。

でも少なくとも、前の自分よりは進んでいます。着実に進んでいます。

全てが敵で、味方がいなくて、ひとりぼっちで、自分でさえも敵に思える。

そんな日々はいつのまにやら終わりました。

しんどさ真っ只中にいるとなにも考えられなっちゃうと思います。でも気づいたらなんか進んでます。悪い方向に思えるかも知れません。でも前に進んでると私は思います。

発達障害です、不登校でした、自傷行為してます、精神疾患あります。

こんな奴でもとりあえず高校に入れましたし、進路もそれなりに目指すところ決まりました。浪人しそうですが。

私は今、医療従事者を目指して頑張っています。自分の中で「こんな奴がなっていいのか」という疑問がなくなることは無いでしょう。

でも「こんな奴でもなれるんだぞ!」と言えるようになりたいのでめげずに頑張りたいと思います。

最後まで読んで下さりありがとうございました。


【執筆者】

のまぺ さん
【プロフィール】

発達障害もちの高校生。
自分で始めたはずの自傷行為に苦しめられている。


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント