『傘よりも、一緒に濡れてくれる方が、うれしい』

コラム あがつま ゆい

これを読んでいるという事は少なくとも今日まで生き延びたことになりますね。その勇気に敬意を表します。

これがメンヘラ.jpに掲載されるのであれば9回目となります。あがつま ゆいです。

今回は物議を醸しだしたメンヘラ.jpのツイッターに関して個人的な見解を言いたくて投稿しました。最後まで読んでくれれば幸いです。

傘よりも、一緒に濡れてくれる方が、うれしい。

メンヘラ.jpのツイッターアカウントに掲載されていたものですが、病んでるメンヘラの1人としては

「感情としては全肯定だけど理性としては全否定」

という立場です。

 

まずメンヘラとしては

「分かり過ぎて首がもげて落ちるまで縦振りするのを3回繰り返えしても足りない位」

納得出来ます。

とにかく一緒にワンワン泣いて「つらいねつらいね苦しいね苦しいね」ってひたすら一緒に泣き続けてほしいという感情はあります。

いっしょに涙が枯れるまでワンワン泣き続ければ何か変わるかもしれない。という思いも持っています。

これはメンヘラは圧倒的少数派で、理解してくれることそれ自体がうれしい事だからです。

大多数の人間というのは(医者も含めて)メンヘラというのを理解できません。

人間は「生きているだけで素晴らしい」ものであって、それに対して「そうかなぁ?」と疑問に思う事は一切ありません。

しかし、理性としては「いっしょに泣いても何の解決にもならない」とも思ってまして、医者やメンヘラの近親者など治療をする立場の人なら、そして本人が治りたいとおもっているのであれば、そんな意見は無視して淡々と治療をすべきだとも思っています。

救助隊は遭難した人を救助するためにいるのであって、一緒に遭難してあげるわけではないのです。いっしょに遭難しても死ぬだけで、建設的なことなど何一つありません。

 

そもそもこの漫画は、「好意的に見れば」メンヘラ達への接し方として比較的良く知られているであろう「理解できなくてもいいから共感してほしい」という言い方をやや過激に表現したものだと思われます。

ただ世間に間違ったイメージを抱かせる危険性もあるので、あまり表だって言うと後で足かせになる可能性はあるでしょう。

なので何度もこのサイトに掲載させてもらってる身としては言いにくいかもしれませんが「悪手」とは思います。

一緒に濡れてほしいメンヘラ側としては不服かもしれませんが、支援者・治療者の立場にあるひとであるならば、メンヘラ相手には決して一緒に濡れることなく、傘をさしてあげましょう、とは思います


【執筆者】

あがつま ゆい さん
【プロフィール】

大人になってADHDとアスペルガー症候群の併発が分かった発達障害患者。精神もだいぶ病んで医者曰くうつ病1歩手前。

障害者枠で仕事をしつつ小説投稿サイトで小説を垂れ流す、カッコつけて言えばアマチュア小説家。

この「あがつま ゆい」名義で各種WEB小説サイト、特にカクヨムというサイトをメインに活動中です。もしよろしければ応援よろしくお願いします。
ファンティア:https://fantia.jp/agatuma-yui

【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム あがつま ゆい
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

返信

こんばんは。
このマンガは確かにいろんな解釈ができますね。
確かに傘をかけてもらう のではなく 同じように雨に濡れて欲しい
つまり同情とかでなく同じ状況になってほしい ともとれます。
その一方で
傘をかしてくれる行為(一時的なもの)のも嬉しいけれど一緒に濡れて欲しい(大変さを理解して欲しい)
ともとれるのでは、と。
「感情としては全肯定だけど理性としては全否定」
というのもよく分ります。
理性として私が肯定するようにするとしたら(私が一意見としてです)
関係ありませんが私は4コママンガが好きでよく読んでいます。
4コママンガの基本は
起(1コマ目)承(2コマ目)転(3コマ目)結(4コマ目)
だとか。
ですので
このマンガの4コマ目として
雨のないところへ一緒に行く(理解してもらってうえで安全なところへ行くという意味で)
を足せばいいのでは、と思います。
(安全なところの解釈は人それぞれですので皆様それぞれですが)
長文失礼しました。

返信

連投すみません。
誤字及び説明不足 が多かったかな、と思いましてj書かせていただきます(私も傾向がありますので)
4コママンガ で例えたかったのは
起 一コマ目の 雨で例えた大変な状況
承 二コマ目の 傘で例えたある意味一時的な対応
転 三コマ目の 大変な状況を 理解してくれるもしくは分ってくれる 
それに
結 四コマ目として安全なところへ連れて行ってもらう描写(根本的もしくは抜本的な解決へ導いてもらう)
を付け加えたら
ということです。
3コマ目だけでは解決していないようなきがするんです。少なくとも私はそう思うというか。(オチがないような気がして)
  

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント