通信制高校というコンプレックス

体験談 不登校 通信制高校 鎖骨

お久しぶりです、鎖骨です。
掲載されれば2回目の投稿になります。

1回目の投稿の時は中学校には相変わらず行かず不登校をかましながら普通というものにコンプレックスを感じつつ全日制公立高校の受験をしていました。

【関連記事】
・中1から不登校 普通の人として全日制の高校に行きたい

あれから約1年、結果的に言えば全日制高校には落ちました。

何がいけなかったのか 点数か?内申か?

多分どっちもですね。

そして第一志望に落ちた私は滑り止めとして受けた通信制高校へと進学しました。

タイトルにもある通り辛いです。

そもそも私が求めていた「普通」とは、全日制高校に行き、華の女子高生らしく部活や勉強をそこそこやりつつ居心地がいいと思える友達と笑いながら毎日を過ごして、大学進学か就職かをする、というものです。

ありふれた青春がしたかった、誰かに白い目で見られることなんてない、怯えることなく暮らしたかったんです。

ところが今現実はどうでしょう、世間的に見れば底辺校と言われる高校。

それに見合った生徒達に先生。

友達は出来ても悪口に怯えつつも友達を嫌な奴だと思い、真面目に授業を受けず妨害する奴らに毎日腹を立てる。

部活なんてものはない。

バイトには学校柄か、持病持ちもあるからか落とされに落とされどこも受からない。

大好きで悪いところはあっても絶対に浮気なんてしないと信頼していた彼氏に未遂とはいえ浮気まがいをされ、別れようとするも泣きつかれまだ付き合いながらも毎日思い出して不安になって1人で抱え込む。

辛い、辛い。

どこにも居場所がないような気がします。
家族なんてものはとっくの昔からそこそこに機能不全。

私は未だに普通というものにコンプレックスを抱いている。

通学路で高校生を見る度に中学の時の同級生ではないかと怯えるのも、親が出先で言わなくてもいい事まで言って通信制だというのがいろんな人にバレていくのも、一緒にいてしんどくい時もあって でも好きだから離れられない彼氏も、昔一緒に嘲笑っていた奴と親友が今じゃ1番の友達となっていたのも、病院に行っても意味なんてなくて病名はつかなかったことも。

苦しいです。

はやく人生をやめたい。

でも勇気がなくて死ねない

他人を誰ももう信頼したくない

なにかに怯えながら不安に取り憑かれながら夜寝れなくて泣いてしまうのはもう疲れた。

誰か私を救って欲しい


【執筆者】

鎖骨 さん
【プロフィール】

中一から卒業までほぼずっと不登校 普通を目指して全日制公立高校を受験して失敗した 物心ついた時からメンヘラだった気がする高1


【募集】
メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 不登校 通信制高校 鎖骨
このエントリーをはてなブックマークに追加

5件のコメント

倫理 返信

こんにちは17歳の高校一年生です。
わかります。
と言ったらちょっと厚かましいですね。

わたしは一度工業高校に入り一ヶ月立たないうちに行かなくなり通信制高校に転入しました。その後強い不安とコンプレックスを感じ一年遅れで全日制普通科高校に受験し合格しました。
でもわたしは発達障害などがあり生活がうまく送れずに躁鬱が悪化してしまいました。今はまた転学を考えています。

長々とごめんなさい。人生をやめたいとか普通ということにコンプレックスを感じていることとか不安がたくさんあってきっとすごくつらいですよね。
なんか自分と重ねてしまったのでコメントしてしまいました。

鎖骨さんが不安から解放されて幸せになることを祈ってます。

しおん 返信

通信制高校をもうすぐ卒業する者です。
同じように悩んだ時期があったせいか、自分と重ねてしまいました。

でも大丈夫です。

時間が経てば経つほど嫌なことは思い出せなくなります。
いい意味であなたのことなんて誰も見てないです。

だから大丈夫。

この文章を見て嫌な思いをしたならごめんなさい。
応援しています。

返信

鎖骨 さん はじめまして。
こちらの方にあまりコメントしていないのですが気になったというか共感してしまったというか。
私は倍以上の年齢ですが普通に学校に行きたかったので。
一応高校は行っているんですが後から行った高校で(おかなしなやつとして)伝説になっていたといわれるような学校生活でしたので。自身の傾向が加齢とかで変化して自覚できたんですが。
ただ他の方も言われていますが全日制から通信制、そして全日制に戻ることは可能では、と思います。
大変なお気持ちなのはわかりますがあまり思いつめないようにというかご自愛ください。

Joey 返信


はじめまして。
たまたま読ませていただきました。
僕自身も、家族や自分の置かれている状況に苦しんでいます。


鎖骨さんには、まだ時間が十分にあるではないですか。
挽回のチャンスはまだあります。

状況を変えたいということなら、
戦略として、学校の勉強でとにかく優秀な成績を取るのを奨めます。
そして、進学しましょう。
(家計的に問題があるなら、ヨーロッパの大学が良いです。
日本よりかなり格安です)

(どんなレベルの学校に行っていようと、)学生の特権として、学業の成績が良ければ、道が拓ける可能性が高まります。


あと、メンタル面での病気だと思われているのですか?
ひとつ奨めたいのは、血液検査です。
これは健康診断のレベルではなく、栄養解析をしてもらうという意味です。
女性の場合は、鉄をはじめとして栄養不足になっていることが多いので、それがメンタル面に与える影響が大きいのです。
もし興味があるのでしたら、藤川先生の「うつ消しごはん」を試しに立ち読みしてみて下さい。





Takashion 返信

はじめまして。

私も中学生の時に登校拒否をしていてフリースクールと塾に通い、その後高校受験をして
全日制の高校に進学したが馴染めず、翌年通信制高校に入学して卒業しました。

卒業後は有名大学ではないですが大学に進学して勉強しまくった結果、
それなりの企業に就職して10年以上働いています。

今後の頑張り次第じゃないでしょうか?

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント