精神科病棟での入院生活を快適に過ごすために

体験談 双極性障害 精神科入院 摂食障害 OD きるはら

摂食障害と開放病棟入院について書きたいと思います。

摂食障害歴6年に突入しようとしている私ですが、若干の双極性障害も患っています。

先日、過去最大のヒステリーを起こし、担当医や家族に入院を勧められ(同意し)開放病棟にぶち込まれたのです。

あそこで首を横に振っていたら間違いなく閉鎖病棟行きだったので、その点過去の自分を褒めておきたいと思います。

入院数日前らのリストット、OD、拒食。完全に鬱状態でした。と思いきや何少しでも癪に触るとヒステリーを起こしブチギレ。過呼吸を起こし1人パニック状態です。

この記事ではどんよりした状態で病棟に入り、(どうやって死ぬ…)などとネットで検索しながら1日を費やし、少しずつ入院生活にも慣れてきた私が体感、もとい痛感したことを書いていこうと思います。

あ、ちなみに今だいぶ精神がマシです。なんであんなこと考えてたんだろうな自分ってくらいに

 

入院生活の心得、その一

食事ちゃんと摂る。当たり前ですけど摂食障害の人怖いですよね。献立のロリーを見てひっくり返りました。怖くて怖くて口に入れられません。

し4日以上何も食べていない身体で採血された私(必ず採血されると思います)医師に呼び出されました。

「点滴4時間打つらおしっこ済ませといて~」

い!?と声が出ましたね。

普通の人なら意識がなくなってもおしくない血糖値でしたら。

震えながら(リスできるのに注射怖い)点滴を待ち刺された所手首。鬱血の跡がまだ消えません。

激痛を抱えながらたまにトイレに行き4時間を終える。それを2日続けました。

あと点滴のガラガラするやつ、結構重いですよ。

まだ完食難しいですが、あの点滴地獄二度とやりたくないので、少しずつ食べられる努力をしています。

食べられない方ゼリーなんも出してくれるので、ご安心を(普通のご飯少しとゼリーです)。

 

入院生活の心得、その二。

家族との面会拒否の書類書くな。

これ完全に個人差もあるし悩んだのですが一応。

本人が面会拒否できるのですが、寂しさで死にそうになります。

ちなみに私書きました。といっても形式上のもので家族との直接のやりとり(電話やLINE)でOKをこちらが出せば看護師さんが呼びに来て確認を取って面会できます。

必要な荷物だったりもありますし何より寂しさで死にそうになります。マジです。

入院すると家族がいに重要ります。今回でようやく学びました。

 

入院生活の心得、その三。

同じ病室の人と程よい距離で仲良くね。

これもまぁ当たり前なのですが、いんせん私コミュ症でして、簡単な挨拶しできないです。

勇気を出して話しけると、思った以上に会話ができます。これマジです。

同じ精神病棟なんですもの当たり前ですよね。

まず朝の挨拶ら始めてみるといいと思います。慣れてきたら自分ら簡単な会話をしましょう。

 

入院生活の心得、その四

眠れない時素直にナースステーションに行きましょう。

眠れなさすぎて翌日採血があるにもわらずベッドの中でソシャゲをしていました(真似しちゃダメですよ)

眠れないのならその旨を伝えて頓服を出して貰うのが一番です。

 

入院生活の心得、その五

外出できる状態なら散歩する。

身体が疲れているとやり熟睡できるので、10分でもいいので外に出ましょう。おまけに新鮮な空気も吸えます。

病院の周りを一周するだけでも違います。

 

入院生活の心得、その六

暇つぶしの道具を持っておく。

これ入院の鉄板ですね。病院によって異なりますが携帯が没収されるところやPCやタブレット厳禁(私の入院している場所そうです)なので、持っていくといいです。

ちなみに私ウォークマン使って最低音量で聴いてます。

あと日記をつけるのもおススメです。

自分の気持ちの整理がつくし後で読み返して色々できます。

ともあれ入院生活、ゆっくり休む場所です。休まったら少しずつ色々始めましょう。

もちろん快適に過ごせるどうその人次第です。ただ私対人関係のストレスが一番だったので一旦それが切れたの快適さに繋がりました。

皆さまも良き入院ライフを



【執筆者】
きるはら さん

【プロフィール】
摂食障害歴6年目。治療は始めて1年目のひよこ

twitter : @kiruhara155


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 双極性障害 精神科入院 摂食障害 OD きるはら
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント