「学校のカウンセリングルームに入るのを見られたくない」あなたへ

ライフハック カウンセリング まつうら

こんちは、まつうらす。私は高校生、家諸問題があり、割回復いうか、きちん活動できるようなるま時間かなり要た。

、そういった過去自分ような人向け、私同じような無為な時間過ごない思い投稿た。文は5部構成、I,II,III,IV,V分かれいます。

 

I,はじめ


辛い時かけられたくない言葉....私的に1位は「具体的なアドバイス」だとは思うすが、もう行なっいる方や、棲み分けため記載ます。

記事題名はまるあなた言いたい結論は「人目が気なるだろうけど、外部もいいから、出来るだけカウンセリング受けようね。」す。

保険適用カウンセリングが受けれたり、自分居住地区福祉サービスカウンセリングが何回か受けれたりもます。もちろん、余裕がないあれば、感情どっぷり浸かっ感じきり、保護者やお金や休学期間、学校成績兼ね合い...など、自身取り巻く制限いっぱいま休んだり、好きなょう。

また、学校以外悩み打ち明けられるコミュニティ参加ょう。計4つくらいある心が安定ます。(余談すが、私は仲が悪かったも、親懇願学校金曜だけ時々休んだり、遅刻が増えたりた笑)

また、1人きる対処法も後述ますが、カウンセリング比べあまり効果はない思います。一応、人よりますから、実際カウンセリングを受け吟味から1人で出来る方法みるべき思います。

あくま前述たよう、自己対処は依存きるコミュニティが学校、家族、地域スポーツクラブ、もちろんカウンセラーさんなど、計4つほどある人がすべき、私から言わせれば1人抱え込むは想像以上きついす。ガタもいつか来ます。こないも身体症状や精神症状は思います。な、自己対処という方法はあくま補助考えださい。それは、書いいきたい思います。

 

II.カウンセリングを受ける理由


まず、なぜカウンセリングいう、色々あるんすが

・他者自分出来事言葉共有するこ持ちが整理きるから。

・自分一人考えるより、他者向け実際アウトプットた方がはるか自分悩んいる全容深く知るこき、事実整理きるから。

2点が重要だ思っます。以上2点つい掘り下げます。

カウンセリング効果、専門記事、ある学習参考書から引用ます。

"カウンセリング受けるこよる効果は人さまざますが、大まかは以下ような効果が感じられるこが多いようす。

  • カタルシスが得られる(スッキリする)

  • 気持ちが整理される

  • 自己肯定感が高まる

  • 視点考えられるようなる

  • 対処能力が高まる

  • 主体的生きられるようなる

  • 症状が治まったり、軽減たりする

  • 問題行動が少なくなる

  • 自己洞察きる

  • 生活質が向上する

  • こだわりから解放される

  • 過去られなくなる

  • 適切な距離が取れるようなる

  • 健康な恋愛がきるようなる

  • 再発くくなる

  • .etc"


(引用 : 心理オフィスK「カウンセリングの効果」より

上記効果言う私が強調た2点は

  • 視点考えられるようなる

  • 気持ちが整理される


該当する思います。

また、両者共通する「整理」いうこ
カウンセリングいう治療方法も、こ原理使っいる。人言葉ないほどみや悩み抱えるきがある。それは自分自身も不気味な内面あり方だ。

そこ、カウンセラーいう名他者わかる言葉話すこ、言葉ない何'か'は「みんなが感じいるみ」や「あみんなが悩んいる困難変わる。こう個人みや悩みが社会共有きる形なる。内面社会化ある。

(引用元:「打倒!センター試験現代文(石原千秋著)」34ページ13行目から35ページ2行目ま)

以上が「カウンセリング受けた方が良い」いう私主張す。エビデンスついは1つ目引用元サイト、カウンセリングエビデンス種類は膨大あるこ、興味があるなら「エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究」(岩崎学術出版)など読まれる良いこなどが記載されいます。

 

III.1人で可能な自己対処の方法


は、次一人きる対処法す。ざっくり言う「メタ認知鍛える。」いう感じ、瞑想やマインドフルネスはこトレンド沿うようなももあると思います。

私が勧めるはマインドフルネス近い思うすが、

「自分気持ちまま言葉感じたり、書き出みたりする。」
「言葉きそうないなら体がどう反応いたり、どういう状なっいるか同様言葉感じたり、書き出みたりする。」

などです。エビデンスは賛美両論のようで、瞑想について肯定的なエビデンスを並べたこちらの記事(「Meditation’s positive residual effects」)のようなものもあれば、マインドフルネスについて否定的な見解を示す記事(「『マインドフルネス』の誇大宣伝に注意!」)もあり、賛否両論のようす。

「気持ち書き出す」ことは、こちらの記事(「Writing Your Way to Happiness」ように肯定的になものもあります。

ただ論争を孕みつつも「メタ認知」流れが来いるは確か、そ方法が自分合っいるか?自分症状効果がありそうなか?論文や研究報告等読ん吟味するが確実ある言えます。引用サイトの多くが英語ごめんなさい。

 

IV,一応読んおいいメッセージ


すごく辛い出来事が起きた時必要なはやっぱり休むこ、気持ちや感情自覚ながら、それにどっぷり浸かりきるこう。

そして回復、動けるようなったら、ちょっ何かみよう。疲れたらまた休めばいい。1人抱え込むはなるべくやめよう。あなた重い話が他人接点がないは、私は痛いほどわかる。だから、専門人や同じ経験た人みよう。

もちろん、接点がないような他人も、そういう話聞いくれる友達はいる可能性もあるからそこも慎重考えみよう。秘密守っくれるか?かね。頑張れなん言わない

「1人抱えいけ。」いう価値観は色んなある。親、社会、時代、自分....色んなもよっ形成される。もちろん長所短所がある、そ度合いは場面よっ異なるから、短所が出きちゃう場面は少なくよう。トラウマ級出来事は抱え込も1つだけど、余裕がきたら吐き出

 

V,余談:私自身つい


自分悩み語れる友達が1人かいないため、ネット上コミュニティが欲い!!いうがこ記事書いたもう1つ理由す。プロフィール同じような境遇人は、ツイッターフォローくれるす。



【執筆者】
まつうら さん

【プロフィール】
高校生両親喧嘩など巻き込まれ受験期が大変た。普通生活はきるようなったも、精神科カウンセリングため通ったり、睡眠障害があります。毎日気張らず、明るく生きます笑
twitter : @five_pieces_


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

ライフハック カウンセリング まつうら
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント