自殺未遂から休学が決まった短大 ここからの進路が見えない

体験談 うつ病 自殺未遂 休学 おしゅ茶

はじめまして。以前はおしゅしばったの名前で投稿していましたおしゅ茶です。

私の過去については以下の投稿をどうぞ

【関連記事】
通信制高校という選択肢 いじめと不登校を経て、通信制高校から短大に進学した私の話

私が短大を休学したのは2年前の秋のことでした。

ある朝、突然起き上がれなくなったのです。

体が重くて何もやる気が起きなくて、ただただ横になることしか出来ませんでした。

その後、学校を休む事を嫌う父にネチネチ文句を言われ続け、初めてODをして自殺未遂をしてしまい、休学が決まりました。

最初は理解をされず「寝てばかり」「バイトしたら?」「手伝いぐらいしなさいよ」など罵倒され続ける辛い日々でした。

でもゲーム実況動画を見たり、スマホをしたりは出来たので、ハマったアニメを一気見して気分転換をしてなんとか自分を保ってました

やっぱり少しでも自分の好きなものをまったり観るという時間は大切なのですね。

そしてその間に初めての精神科入院があったり、少しずつ外出できるようになって、今では自分のお皿や家族が使ったお皿を体調のいい時は洗えるまでになりました

その間、主治医から命を心配されるほど親と揉めたりしていて、未だに母親の気分で暴言を吐かれたり怒鳴られたりするので、まだ怖いし、しんどいです。

将来やりたかった販売員のお仕事やバイトも、うつやADHDの疲れやすさ、だるさ、手術した傷跡があるせいでなかなか出来ないという現実。

そして小学校~高校までいじめにあっていて、進学を機に自分を変えられると思ったのに、途中で挫折してしまった無念さ。

外に出たら翌日だるくて動けないので、毎日は外に出られない。

お風呂も4日〜6日に人と会う前に入るのが限界です。

でもすぐ短大を辞めず、休学という手段を選んだ事はよかったと思っています。

私の場合はこのままADHDやうつと付き合って短大に通う事について未だに悩んでいます。

いっその事やめて障害年金などを申請して一人暮らしするか?

とりあえず短大残り1年半くらい頑張って、短大でしか学べない勉強をやってみてから、ゆっくり将来に向き合うか…

正直奨学金を借りる怖さ(返済が無理そうだし、それがさらに負担になりそう)から、どちらかと言うと辞めようかな…って思いがあります。

同じ状況の方いますか?

また、同じ悩みがあった方はいますか?

正直、自分でもどうすればいいか分かりません。

未だにADHDやうつを理解してくれない家族、

まだ上手く操れない体と思考、

良かったら同じ悩みの方やアドバイスやADHDやうつとの付き合い方を教えてくれたら嬉しいです。



【執筆者】
おしゅ茶 さん

【プロフィール】
短大休学中のニート、自殺未遂2回経験あり
うつ&ADHD診断済み
気軽にTwitterフォローしてくださいね!

twitter : @meaple_ 


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 うつ病 自殺未遂 休学 おしゅ茶
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

返信

はじめまして。
年齢とか違うのですが重なることが多いのでコメントさせていただきます。
私もメンタル的な問題に家族が不理解で辛い思いというかしてきましたし現在も ですが。
生まれ付きの問題と二次障害的なもの なのですが私の幼い頃は発達障害とか自体なかったというかメンタル系の病院も地域に僅か そして偏見的なものもいまよりずっとでしたので(ブラック企業とか声が大きくなってようやく自殺等される方にも事情がある と認知されてきたような気もします)
話が逸れてすみません。
私も特に父に(母はまだ理解があるので)入院したのもあって今でも言われていますのでお気持ちは分かるような気がします。
思うところはあるのですがなんとなくですが
書かれているここはコラムとかエッセイなどのところで相談のやり取りがしずらいような気がします。
お悩み相談のほうに再度ご投稿されてみてはどうでしょうか。
ご縁があれば私もまたコメントさせていただきます。

ひきもら 返信

はじめまして。私も短大生、しかも去年の夏頃にメンタルをやってしまい(元からだったそうですが)休学していました。
そのおかげで周りの友達は進級し、新入生が入ってきて居心地はあまり宜しくないです笑

話が逸れましたが、何故休学したのかというのも主に友人との関係のことでした。表向きは「病気のせい」ってことになってますが、実際は友人だと思っていた人物に嵌められ親に学校に私が悪いとでっち上げられ、挙句休学した方がいいと言われるという。(たしかにメンタルやってるのも原因の1つですが、それも休学中にだいぶ良くなったものなのである意味一過性のものだったのかも知れません。)
親も、一応理解は示してはくれているものの見当違いなことをしてはドヤ顔で「いい事をした」というようなタイプなので、所々共感できたとともに「ひとりじゃないんだ」と思えて少し救われた気分になりました。

ご縁があったらまたコメントなど交流させていただきますね。ありがとうございました!

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント