気づかない内ににボロボロになってた件について

体験談 離婚 いじめ 学校生活 機能不全家族 ひらひら

初めまして。ひらひらです。

今回は私が知らない内に約13年間「溜め込んで」いたせいで夢を失った話をつらつらと書いていこうと思います。拙い文章ですが暖かい心で見守ってくれると助かります(^^)

私が幼稚園に通っていた頃、父が鬱病と診断され仕事を長く休んでいました。

「なんでパパは働かないの?」

と私が父に言ってしまったことがあるようで(記憶にはないですが…)物凄く怒られたそうです。

女の子の戦隊モノが好きで変身するオモチャで遊んでいたのですが父に「うるさい」と言われオモチャを投げつけられたり、読んでいた本の角で頭を打たれたりしました。

また幼稚園に父親参観日があり外に出れない父の代わりに母が来てくれたのですが、周りの友達は皆父親が来てるのに何で私は母親なの?と…。

その頃からパパ嫌いが始まり一切話さなくなりました。(現在は良好な関係を築けています)

その頃父の鬱病に耐えられなくなった母は他の男と不倫関係を持ち、その関係を何年も続けていました。それを知ったのは中学1年生の頃です。なので、7、8年近く隠していた事になります。

母に「父親には絶対に言うな」と口止めまでされ、「バラしたらどうなるか分かってるよね」と脅されるようにもなりました。

とうとう離婚話が始まり家庭裁判所など色んな所で弁護士を通して話を進めていたのですが、不倫の話は一切出ず結果としては母親に都合のいい状態で離婚する形になりました。(詳しい事はその頃の私には分からなかったので曖昧な文章になってしまいました…申し訳ないです。)

その後無事高校に入学できたのですが高校2年生の時に陰湿ないじめ(財布の中身抜き取り等)にあい不登校、単位が足りず進級できるか分からない所まで追い詰められました。

いじめに関しては証拠が無いことを理由に先生にはスルーされました。

いじめの話はしたのですが母親は学校に行かない私を見て「学校に行け」と怒鳴りつけてくるので久々に学校に行ってみると、教室に近づくにつれ不安になり号泣、手の痙攣、過呼吸まで起こしました。

その後保健室まで運ばれ保険の先生や学校がお願いしてるカウンセリングの方とお話した結果、精神科(心療内科)の受診を勧められ行ってみると「神経症」と診断されました。(未成年は初診保護者同伴と言われた為母と行きました)

「ではそうなったきっかけは何か思い当たりますか?」

と医師に質問され母が、

「いじめには合ってるみたいですけどね」



「あれ?」と思いました。

それまでにあった事をゆっくり振り返ってみると、恐らく神経症のきっかけは「いじめ」では無く「幼稚園(父親鬱病)~高校(いじめ)」だったのではないでしょうか?

計算すると約13年間の年月をかけ耐えてきたんだと。

考えてみれば相談相手は居なかったし相談しても聞いてくれなかったです。

【張っていた糸切れた。】まさにこれです。

結局、進級は出来ず退学する事になり、今は治療に専念。不登校で訛った身体をゆっくり起こしてます。

これを読んでくれた悩んでる方、溜め込まないで息抜きして下さい。

溜め込めば溜め込む程あふれた時が辛いです。溜め込んで私は「高卒」を捨てる事になったのです。(本当は大学まで行きたかったです)

自分の好きな事や安心出来る人に助けてもらうのは悪いことじゃないです。

また悩んでない方もどうか悩んでる人に手を貸してあげてください。

「相談して来ないから大丈夫」じゃなくて「相談出来ないくらい辛い」んです。

もし相談してきた相手がいたならどうか「その程度の事で…」なんて言葉はかけないで下さい。ただ頷いて話を聞いてくれるだけでいいんです。

最後までありがとうございました!



【執筆者】
ひらひら さん

【プロフィール】
どん底まで落ちましが今現在這い上がろうと頑張っます。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 離婚 いじめ 学校生活 機能不全家族 ひらひら
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント