自分の発達障害の遺伝子をこの世に残そうと思えない

体験談 恋愛 うつ病 発達障害 茶川ひつ 機能不完全家庭

始まらなかった恋の話をさせてください。

私は発達障害です。親からの遺伝で、両親は二人ともカサンドラ症候群となり、私の高校卒業式の日に離婚しました。

高校卒業後、少しだけ専門学校に通いましたが、うつ病が発症、結局専門学校は中退し、1年程療養した後に病院から勧められ障害者雇用でバイトを始めました。

そこで、好きな人が出来ました。

すごく人間として尊敬できる人でした。

彼は別部署の人で、私が入った数ヶ月後に入社してきました。後から知ったのですが私が障害者であることは同じ部署の人たちにしか知らされていなかったようで、はじめ彼は私を完全に健常者だと思っていたようです。

彼と私は休憩時間がかぶることが多く、そこで会話も交わすようになりました。彼が好きだというものは私も好きなものでした。趣味が同じこともわかりました。そうしていくうちに向こうからある時「俺は君と話をしている時が一番楽しい」と言った言葉を聞きました。正直嬉しかったです。私もそうだったから。けれど同時にこれはもしかして恋愛感情を向けられているのではないのか、と怖くなりました。

私は恋愛をするつもりはありません。発達障害が理由です。発達障害は遺伝性がとても強い障害です。そして私は物心ついてからずっと生きづらくて、何度も何度も生まれて来なければ良かったと思ったことがあります。

ですから私は私の遺伝子をこの世に残そうとはどうしても思えません。自分と同じ思いを誰かがするのは嫌です。生まれてくる子どもが可哀想だから、幸せになれると思えないから、私は母親にはならない。そう決めていました。

だからいっそのこと、最初から人を好きにならないようにして、恋愛とか結婚とかそういうものには目を瞑って耳を塞いでいようとも決めました。直視してしまったら悲しさと寂しさに耐えられないと思うから。もちろん発達障害があっても幸せな家庭を築ける人がいることも知っています。けれど私にはその人たちのような勇気も強さもありません。だから諦めるという選択をしました。

はじめは彼の私に向けた言葉を適当に受け流すことができたけれど、彼からのアプローチはその後も続いてどんどんわかりやすくなって行き、殆ど告白そのものの言葉も何度か聞きました。不快感は一度も感じませんでした。むしろ尊敬に値する人から好意を向けられて嬉しかったです。けれど私はひとつも受け取ることができなくて、彼のそういった言葉を聞くたびに悲しさと罪悪感で押し潰されそうでした。

一度、私が障害者だということを伝えました。そしたら彼はそんなこと全然気にしないよ、と笑って言ってくれました。その言葉が綺麗事ではなく、本心からの言葉だということはすぐにわかりました。その時にそんな言葉をさらっと言える彼だからこそ私は彼に惚れてしまったことを自覚したのと同時にこの人には普通の身も心も健康な人と一緒になって普通に幸せになって欲しいとも思いました。

1年程前、私は大学に入学し直すことに決めて、それを機にバイトを辞め、職場の人たちとの関係も全て絶ちました。悩んだ末に私は彼に私もあなたが好きだということを結局最後まで伝えることができないまま、退職をしました。

私のしたことが正しかったのか間違っていたのか、後悔しているのかどうか、どちらも自分ではよくわかりませんが、何か未練が残っているからメンヘラ.jpさんに読者投稿なんてしているのだと思います。この話をしたのは私がただただ吐き出したかっただけなので、特に役に立つようなことが書いてある話ではなくてごめんなさい。拙い文章を最後まで読んでくださってありがとうございました。



【執筆者】
茶川ひつ さん さん

【プロフィール】
20代女/機能不完全家庭育ち/手帳は3級/診断名はADHDとアスペルガーの混合型と二次障害が色々/今はクローズでパートをしていますがまあまあしんどいです


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

かめ 返信

親兄弟の問題で非常に苦しんだので、遺伝的な要因があるのかと不安で子どもをつくりたくない気持ち、よく分かります。好きな人にハンデを与えたくない気持ちもよく分かります。でもいくら相手のためを思うと言っても、その人にとって何が幸せかを判断するのは、こちらがすることではなく、その人本人の権利なんだと思うんですよね。よく考えて判断してもらって、結果がノーだったらへこむけども。でもそれは結局誰とつきあうのでも同じことだし。

あと、別に障害の有無に関わらず、子供が欲しいとは思わない人もたくさんいるし、また子供は好きだけど血縁関係なくてもいいと思う人もいる。「普通の身も心も健康な人と一緒になって普通に幸せになってほしい」というふうな考え方を私もしたことがありますが、これも方向性は違うとはいえ「普通」の押し付けじゃないでしょうか?相手はそんなこと求めてないかもしれない。

以上、相手のためを思って身を引くというのは、実は失礼なことという考え方もあるよ、というつぶやきでした。

まだまだこれから色んな人と出会っていかれると思います。幸せになってください。

返信

人に対して愛情を持てるという事は、実は、それだけで素晴らしい事です。
世の中の人は、愛情って当たり前に持っているもので、人を好きになる事は、誰にでもできる自然な事だと思っていると思いますが、私にはそれがありません。
独占欲や性欲で異性に興味や関心をもてても、相手を思いやったり、相手に対して『愛情』という感情を持つ事ができない私にとっては、あなたが『人を好きになる』という感情を持っているという事は、率直に言って羨ましいです。
私もあなたと同じで、自分の子供に障害が遺伝する事、そのせいで子供に辛い人生を歩ませたくないという気持ちがあり、結婚は諦めましたが、愛情を持てない私の場合は、さらに、子供がいなくてもパートナーに辛い思いをさせる可能性が高いため、誰かと一緒に人生を歩むという事も同時に諦めました。
そんな私からすると、少なくとも人を愛する事ができるあなたには、幸せになるチャンスはあるし、その為に必要な事も、あなたは持っていると思います。
子供がいなくても、誰かを愛する事ができて、誰かと一緒に人生を歩めるのなら、それはそれで、選択肢としてアリだと思います。
自分の持っているもので幸せになれそうなら、可能性があるなら、できそうな事を考えてみればいいし、ダメならダメでしかたないんです。
だから、『幸せになれたらラッキー』くらいに気楽に考えてみればいいと思いますよ。

発達障害 自閉スペクトラム 返信

あなたのアイドルマスターの記事を読んだ事があります。
ですが、私はアイドルマスターでひどいめにあいました。
俺は発達障害 有名いじめられっこなんですが、ライブビューイングにいったらあいつ〇〇じゃねww と嘲笑された。田舎であること、アイドルマスターの人気と、俺が広範囲にいじめられてたのが合わさり起きた出来事です。
あいつらは軍団をつくり、同級生同士か?俺を嘲笑し雰囲気は最悪に。
ほかの人にもあいつガイジだよって広めてました。
俺は発達なんで行動がおかしいらしく、立ち座りを繰り返したりキョロキョロしたり、絶叫したりしました。
そしたらあいつ頭おかしいガイジだってネットにかかれて、直接悪口もいわれました。おまえには居場所はない消えろ、誇り高いプロデューサーの場所を汚すな障害者と。
殴る勇気もなく嘲笑され、逃げ帰った。途中で帰ったら帰ったで、途中で帰んなよと悪口いわれた。
声優なんかそもそも興味ないし、ネットではニワカとかいわれて辛かった。
興味あるのは10〜20人ぐらいのロリキャラだけ。全然興味ないやつが殆ど。

ライブビューイングでは話しかけられて、あうあう対応になって、そいつは他の人にやっぱこいつおかしいよ ガイジだよ って嘲笑してた。たくさんの人に嫌われ笑われ 昔の俺を知ってるやつらにあい嘲笑されて。なんでこんな目にあわなきゃいけないんですか?障害者は消えろって他のプロデューサーの人達いってきます。なぜ?

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント