私が会社で「死にたい」と言った経緯とその後

体験談 死にたい 白い犬

1.生い立ち


私は母子家庭に育った。幼い頃から薄々うちは貧乏なんだろうな、と感じていたのは、中学校に入った頃からサラ金の方らしい人から度々「お母さんいるか」とか、そんな電話をとったり、ハガキが来たりしていたことがあった。

車で夜の仕事に行ったりしていたけれど、朝になっても帰って来なかったりしたこともあり。高校時代奨学金を生活費としてぶんどられたり。祖父が倒れて歩けなくなっても入院手続きを私がしたり。

そうこうしてるうちに、大学に入ってまもなく、母は私にわずかながらの生活費が入った祖父名義の通帳を私に託し、いなくなった。後でわかったことだが、彼女は収監、服役していた。何をしたのかは知らないけれど(多分無車検とか、免許期限切れとか、飲酒運転だったのではないかと思う)。

そんな感じだったので、一刻も早くこんな家は出ていってやる、と思い猛勉強した。そして、教育関係の公務員に採用された。その後母は、そんな私に「事業を始めたいから連帯保証人になって。実印郵送して」とか「土地を買いたいから銀行から900万借りて」とか妄言を吐いていたが、送ってきた銀行の書類は全て切り刻んで送り返した。3年前に亡くなったのだが、せいせいした、という感情しかなかった。

 

2.そんな私が「死にたい」という言葉を発した


そんなこんなで20歳になるまでに結構壮絶な経験?をしてきたので、大概のことは冷ややかに流せてきたのだが、昨年5回目の転勤辺りからちょっとしんどくなってきた。

多分、経験年数、年齢的に中堅の立場になって、役割も連絡調整が増えてきたから。いろんな人の考えや利害を調整するのはちょっと負担だなーと。

時には前の職場の上司に泣きながら電話して、「こんな話が通じない上司、もうやってられん!」て言ったこともありました。その時上司が言った言葉が、「腹の中で、うるせーこの〇ゲ!と思いながら仕事しなさい」。この言葉に大分救われたというか、自分が間に受けすぎてたなーと。以来少し落ち着いてきたわけです。

しかし今年度。仕事がさらに増えまして。去年まで一緒にやっていた方が転勤、新しくAさんとBさん2人きて担当になったのですが、要は私がよく分からない分野についてコレコレこうして、と助言するんですが、なかなかその連絡調整が上手くいかず。んでBさんに「どうなってるの?」と問い詰められ。時間はどんどん過ぎていく。この前もそんなことを一方的に言われた時、自席に戻っても言われたことが呑み込めない、次に何をしていいか分からない、という状態になり、もう自分の中で数段階段を踏み外した感じで、ああ、死のうと思ったわけです。(連絡調整の努力を放棄)

んで、そのどうしようもない衝動をとりあえず近くにいた、一番近しい人に声をかけ、別室に来てもらい、「もう死のうと思う(死にたい、ではなかった)」と告げた。もう、ここから、自分は開けてはならないパンドラの箱を開けてしまったような、しゃべってしまった、という感情。話を聞いてもらい、さらに上司がきて話を聞いてもらい、様々ありました。その日はそれで帰り、上司から妻に「家でも見守ってあげてください」と電話(妻は妻で自分の父の入退院のことでパニック状態だった)。

次の日午前中病院に行こうと思ったけれど精神科はどこも予約がずっと先。とりあえず内科に、「頭が痛い。これは~からのストレスで、私は具体的に死ぬ方法を考えている」と言ったら、安定剤を処方してくれたのでそれを飲んでとにかく寝た。

 

今感じていること


1.またこういう騒ぎにならないように


ウラで結構大変な騒ぎにはなっていたかと思うけれど、この前ニュースで騒がれていたやつ(上司に死にたいメール→上司が警察に連絡→警察に刃物振り回し暴れて逮捕)みたいなのもあったので、それよりはマシかも。それで何とか、自殺に向かう自分にブレーキをかけれたので。皆さんには本当にごめんなさいなんだけれど。

でもまたこういう騒ぎにならないように、ちゃんと精神科行って、悪い事を考えたら薬を飲んでとにかく寝ようと思います。

 

2.自分にやりやすい、やりたいと思うことから


今まであまりにも忙し過ぎたけれど、ちょっと休んで気分が良くなったら、以前から気になっていた車のバッテリー交換を、ネットで調べながら自分でやってみた。ああ、やれるんだーという自信になり、妻からもすごい!と言われ一石二鳥。

 

3.こんなくだらないことで死んだらバカみたい


妻のいう通りです。薬を飲んで寝て、自殺願望を少しずつ和らげながら、死にたい→転職したい→今日は仕事休みたい→あの仕事は後回しにしたい→誰かに任せたい、くらいまでレベルを下げていきたいなーと。

まだ今の私は紙一重の不安定さがあり、月曜日仕事に直面するとどうなるか分かりませんが、今日日曜日はせめて好きなことをやりたいと思います。

それにしても、一日はこんなにゆっくりだったんですね。



【執筆者】
白い犬 さん

【プロフィール】
某地方公務員。最近そのブラックさに注目が集まる。アラフォー。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 死にたい 白い犬
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント