死にたくないけど殺して欲しい

体験談 死にたい ぽいか

死にたくないけど殺してほしい。

生きている価値がないと思う。

親に対して、黙って金を出してくれりゃいいのにと思っている。おそらくこの考えも態度に出ている。親を敬う気持ちがない。だから平気で親に怒鳴ったりできる。多分。怒鳴っている時、やつ当たっているとき、私にその自覚がないのが最もタチが悪い。

 

そもそも親って何?敬称としてママと呼ぶけど、親ってなんなんだろう?ともだちとなにが違うの?親の尊敬出来るところなんてひとつもない。彼女が歩んできた人生全てを貶すことしか出来ない。他人どころか肉親まで貶めないと私は自我が保てないらしい。どれだけ蔑んでも気持ちはコントロールできないし、自分の気持ちも分からない。ただ悲しくて涙が溢れて嗚咽が止まらなくなるだけだ。

せめて、他人を下げて自分も上がる努力をするクズだったらよかったのに。私は努力ができない。別にそれを特別視して欲しいわけじゃない。(多分) なのに母は私をなじるように「トクベツ」と言ってくる。その前に私が散々八つ当たりしているようなので何も言い返せない。

 

死にたいって言っちゃいけないんでしょうか。もう口から溢れて止まらないし止められるものでもなくて、別に言わなくて済むんなら言いたくないけど自分で塞き止められるものでもないのに。別に貴女がそこにいようがいなかろうが死にたいって毎日言ってるんです。別に貴女に向けて言ってるんじゃないんです。ほんとだよ。これは本当。申し訳ないって気持ちは微塵もなくて、それが今はほんとうに申し訳ない。

親は私に

「みんなだって死にたい」
「私だって死にたい」
「毎日言われる身の気持ちはわからないだろう」

っていうね。

「お前が死にたいのは特別じゃない」とも。

みんなが死にたかったら死にたいって言っちゃいけないんでしょうか。普通に死にたい人は、死にたいって述べるのは駄目なんですか。もっと特別な事情がなきゃダメですか。母親が深夜コンビニに買い物に出かけたまま帰らぬ人となりました、とか。貴女が理由になってくれるんですか。

 

酷い考え方だね。自分でもそう思うけど、もう昔みたいに罪悪感すら芽生えなくなってしまった。どうしたらいいんだろう。どうして幸せを感じられないんだろう。辛いことばっかり増幅して身体に入ってくるから毎日が辛くてしょうがない。私の心のパラボラアンテナは幸福を受信できないようになってるのかな。

 

今日だってね、無駄にクッキークリッカーをインストールしたわけじゃないんですよ。とにかくしんどくてしんどくて死にたくてしょうがなかったから、死にたいのを逃がそうと思って、喋りながら読みながら画面を見なくても出来るゲームを導入したかったんですよ。でも貴女はめちゃくちゃ怒りましたね。僕としては理由があってやってたんだけど、ハンドスピナーでもあれば良かったのかな。

 

貴女の最初の恋人はビルの屋上から落ちて亡くなったそうですね。私にとって貴女は呪いのように染み付いた存在なので、貴女より先に死ぬ時は、高いところから飛び降りようと思います。せいぜい苦しんで欲しいと願いつつ、明日も働かなくてはならないので寝ます。死にたくないなあ。死にたくない。



【執筆者】
ぽいか さん

【プロフィール】
生まれてきた性別と人生がしんどい。今は自分を少年だと思い込んでる。親と相互DVしながら生きてきた。死にたくなってしまったのでメンヘラjpに書きなぐりを送り付けた。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 死にたい ぽいか
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

なめこ 返信

とてもよく分かります。この感覚

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント