弱い男の生きづらさ メンヘラ男に救いはないのか

コラム ジェンダー どっと45

本当に辛いときに、メンヘラ.JPを読んで力を貰うことは何度もあった。

メンヘラであることは、何ら恥ずべきことではない。そう言われている気がして嬉しかった。不意に襲ってきた希死念慮を、メ.JPを読むことで耐えしのいだこともあった。メンヘラが本当にいざという時にどうすればいいかという実践的知識も手に入った。そういう意味において、私はメンヘラ.JPという媒体にとても感謝しているし、そこに投稿していらっしゃるライター全員を尊敬しているつもりだ。

でも、時々読んでいて納得できない記事もある。

 

初めに書いておくが、私は男性であり、(自分ではそうではないと思っているけれども)おそらくある種のミソジニストである。

今読んでくださっているあなたがそういう人間に嫌悪を催す人種ならば、今すぐブラウザバックしてほしい。

一番強く印象に残っている記事は、「自殺を決めてからの5日間」である。

自殺を決めるほどに会社で冷遇されるのは、全く不当なことである。そこまで人を追い詰められるほどの人間関係というのはこの上なく残酷なものであって、自殺未遂をする前にこのエントリの筆者が職場を辞められるような環境を整える必要があるだろう。どれほどの苦しみか、たかだか数百文字で語られているところだけしか読んでいない私には想像もつかない。

その苦しみに、私はケチをつける気はない。エントリの筆者が少しでも幸せであるように私も祈っている。

 

しかし、後半はどうしても納得できないのである。具体的に言うと、自殺の相談を彼氏にするあたりからである。

以下引用する。
「家には同棲している彼氏がいる。親兄弟、友人とも縁を切った私の死を唯一悲しむ人間だ。」

「彼氏をなるべく無視したが向こうが話しかけてくる。すると申し訳なさや寂しさで号泣してしまう。」

「私は耐えきれずに聞いた 「もし私が自殺しても許してくれる?」 彼氏は「大丈夫、何をしても許すから」と言ってくれた。」

このエントリの筆者はおそらく女性である。そして、彼女には、とても恋人思いの彼氏がいる。

この関係性が、男女を逆転させた状態で存在しうるか?

まずないだろう。

メンヘラの男性は、女性が恋人に対して求めるおおよそのものを一つも持っていないのである。

甲斐性はなく、頼りがいはなく、金はなく、美しさもなく、面白さはなく、強さもない。

だから、メンヘラ男は多くの場合、恋人なんていない。

たとえ自殺未遂をしたとしても、心配してくれる人間なんてほとんどいない。

そこには「死に逃げるような情けなくて怠惰な男」が一匹いるだけである。もし男性が七輪を焚いても、誰も助けてくれずそのまま御陀仏である。いや、仏にもなれない。情けない男には、死後の名誉すらない。

もう少し引用しよう。
「生活は一変し私は職を失い、死ぬ権利も失った。なぜなら彼氏は死ぬ私を救ってしまった、それは人生をかけて私の面倒をみるという決意表明だ。その思いに応えなければいけない。」

こんなセリフは、男だったら間違っても吐けない。仮に恋人がいるメンヘラ男が自殺未遂して、運良く彼女が自殺未遂を阻止できたとしよう。

もしメンヘラ男が「死のうとしていた俺を助けたんだから、死ぬまで面倒みてくれ。俺の人生に責任を取れ」と彼女に言ったなら、どうなるだろうか?

間違いなく別れを切り出される。すぐにはそうしなくても、数ヶ月後にはそうなる。彼女本人がどう思っていようと、少なくとも彼女の周りの人間はメンヘラ男を非難するだろう。男性が人生の責任を他人に取るよう要求することは、社会通念の上では邪悪なこととさえ扱われる。無責任男である。

 

言いたいのは、「確かに筆者は凄まじい苦痛を味わっただろうが、しかし何処かに救いはあるじゃないか」ということである。

ここで重ねて注意してほしいのは、

「私は女性特有の生きづらさや悪い男に食い物にされる苦しみを軽んじたいわけではないし、だから女性は恵まれている、男性は不幸だなどと分断を煽りたいわけでもない」

ということである。

それでも、どうしても言いたい。メンヘラ男には救いはなく、慈悲はなく、助けもなく、ただただ不必要で汚らわしいものとして扱われ、静かに孤独に死んでいくしかないのである。

 

「女性の発達障害者や精神障害者が、理解ある恋人を得て幸せになる物語」を叩いているツイッター界隈がある。

私が観測する限り、その界隈のメンバーは多くの場合男性の発達・精神障害者たちだ。

彼らがそういった物語を叩くのは、彼らにはそのような救いは絶対に訪れないからである。男というだけで、自分の体には徹底的に責任を取らされるし、社会適応するような強い圧力をかけられるのだ。

それは社会全体からの圧力の場合もあるし、同時にもっと狭いコミュニティからの圧力であることもある。

一番わかりやすいのは家族である。多くの場合、父親が稼ぎ頭の家に生まれた子供は、父親からの強い圧力を受ける。金を稼いでいる人間には逆らえないのである。

父親は一家を養うような人であるから、強い男というジェンダー規範を強固に持っている。よって、家庭の中では弱い男は許容されず、家庭で精神状態が好転するまで療養することはできないし、発達障害的特性も無理矢理に矯正される。

そして前述の通り、彼らのような魅力のないメンヘラ男は、理解あるパートナーなど永久に得られない。

某アンダーグラウンドなヴァーチャルユーチューバーの名言、「男でメンヘラとか普通ならんやろ、キショッ!」からもわかるように、男のメンヘラは男として扱われない。

「男らしさを持たない=男ではない、もはや人間ですらない人型のタンパク質の塊」として扱われるのである。

だからこそ、かのツイッター界隈では、「誰かに大切にされて、自分自身の在り方を認められている女性」に対して自分たちの境遇は不当であると怒る男性たちが多いのである。

男女平等ならば、女性も男性と同じくらい社会適応のために痛めつけられるべきだし、苦しんでいるときに助けてもらえない状況に置かれるべきだというわけである。

もちろん、理想は女性と男性が同じくらい大切にされることである。だが残念なことに、それはまず叶わない。男性にそこまでされるほどの価値はないし、そこまでの社会的リソースもない。

 

最後に、少し前にツイッターでプチバズした増田のエントリから引用しよう。このエントリはおそらく創作実話だが、それでもメンヘラのような弱い男たちの切実な叫びを代弁している。
「『いい人を見つけて幸せになる?』そんな人生の救済ルートは無能な男には端から存在しなかった。」

「俺は社会になんて出たくなかった。姉のように優しいパートナーに養われるヒモみたいな人生を送りたかった。」

「何故俺だけが苦しんで、何の努力もしなかった姉は救済される?」

「答えは簡単、無能な女は男の性欲に愛されて、無能な男は女の性欲に愛されないから。」

「6年もニートやってた社会経験0のコミュ障な男に『公務員の女と結婚して養ってもらう』なんて選択肢があるか?あるわけねーだろ。」

「脳みそ含めて五体満足生まれた有能な男女にはわからないかもしれないが、無能には無能の世界がある。無能な男は異性に媚売って守られる生き方すら許されず、それは即ち毎日が生きるか死ぬかの戦いで、この世に味方は一人もおらず、そこがどれだけの地獄なのか、考えたことがあるだろうか。」

弱いメンヘラ男の人生に、救いはないのだ。

 

【関連記事】
・メンヘラ男性に恋愛・結婚は無理だなと思ってしまう



【執筆者】
どっと45 さん

【プロフィール】
メンヘラ男子大学生。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

コラム ジェンダー どっと45
このエントリーをはてなブックマークに追加

38件のコメント

トミン 返信

性規範被害やラベリングは深刻な問題です。
自分は、この記事を読んで投稿者さんと話し合ってみたいなと思いました。そして出来ればご自身に付けてしまっているラベルを剥がせるまで寄り添ってみたい。

ローズティー 返信

非常にショッキングな記事でした。
こういう現実に気づいていなかった自分がいて、それもまたショックでした。
男の性欲に食い物にされるメンヘラ女性、という図式はわかっていたはずなのに、その逆の立場は想像もできていませんでした。
何ができるわけでもないけれど、とても引き込まれて読んだので、コメントを残させていただきました。

himori 返信

おっしゃること分かります。性差別の問題は男尊女卑とか女性やマイノリティ差別という切り口から語られがちだけど(かつそれには十分理由があるのだけれど)、私は結局は男性にとっても害のあるものだと思います。メンヘラ男性だけでなく、究極的には地位や力があって威張っているおじさん達にもです。

人間なんてどういう括り方をしようと、個人差より大きい違いはないのに、男だから女だからという思考にはまっていると、目の前の相手が見えない、分からない。ボスゴリラみたいなおじさん達は、奥さんや子供とうまくいっていない人多いです。「養ってもらう」とか、「性欲で愛される」とか、上下関係や有用性で規定された関係は愛ではないと思います。この世にひとりでも、自分をそのまま見て、理解して、特に何の役に立つとかではないけれど、居てくれると楽しいし嬉しいし何だか励まされるという存在があるということ。友情のないところに愛はないと思う。

この性差にこだわるアホらしい思考体系が根強く残る世の中で生きるにあたって、男と女とどちらがしんどいかという不毛な議論に終始するのではなく、こういうアホなことは結局みんなに有害なのでやめましょうという方向に向かう人が増えるといいな。

たしか 返信

himori様のコメントにおおむね賛同です。

記事を読みながら強烈な違和感があり、また読み返していたのですが、カテゴライズすることにより、主語が大きくなりすぎているように思います。
「男メンヘラ」を「筆者」に置き換えれば、理解できる部分もあります。筆者のことに関して、筆者がそう思って述べるのであれば、それは個人の人生の話で、我々が口出しできるものではありませんから。

Twitterで見て来た名無しです 返信

一方は価値があり、価値があるからそれを食い物にしようとする者がいる。
だがそもそももう一方は価値がない…………。

少なくとも、そう見なす社会と、その根拠になる替え難い生物学的差異がある。

記事内容に、とても強く共感しました。

まりさん 返信

丁寧で偏りもなく、とてもわかりやすい文章でした。私は女ですが、男性メンヘラ目線の記事を拝読し目から鱗が落ちる気分です。
私もメンヘラであり、メンヘラjpは時々見ていますが、最近はメンタルの調子も良く職場でも楽しく働いています。それは理解のある夫・彼氏のおかげではなく、信頼できる家族や友人、職場の人たちのおかげです。なにも女であるからといって必ずしも男性に頼る必要はないと、この記事を拝読し自分の中で再確認しました。

?. 返信

この人には「愛」も「金」も「承認」もないんだよ。
少なくとも「金」と「承認」のある存在と違ってね。
本当の「愛」がないと言ってもこの人には何も響かない。
「愛」よりも切実なものすらない状況なのだから。

つしま 返信

過去の職場で鬱の旦那さんと支え合いながら生きてる方いましたよ。
彼女曰く、だってとても良い人だから、だそうです。
支えてもらえる人が現れるかどうかは、もっと性根の部分にあるのではないかなと思います。
それこそ医者では治せない領域です。

あと女性は女性でも私のようなドブスメンヘラババアにも救いはありませんよ。
それを言っちゃお終いだと言われるかもですが、男性だけが苦しんでると思わないでください。

通りすがり 返信

"もしメンヘラ男が「死のうとしていた俺を助けたんだから、死ぬまで面倒みてくれ。俺の人生に責任を取れ」と彼女に言ったなら、どうなるだろうか?"

「もちろん。一生一緒にいよう。私があなたの生涯の面倒を見よう。生きててくれてありがとう。愛してる。」

あれ 返信

だから自分にできることをする
誰も救わず、全てを無制限に責め続ける

戸高 返信

多くのメンヘラ男が思ってる事をストレートに言ってる。その気持ちを誰かが、広く代弁するのは意義のある事だと思う。

ただ、全てのメンヘラ女に"養われる"という救済が用意されてる訳じゃない。それが用意されてるのは比較的、容姿やコミュニケーション能力に優れる一部のメンヘラ女にだけだ。器量が悪く、愛想も振り撒けないメンヘラ女は「救われる同性もいるのに自分は救われない」という地獄を味わう事になる。

自分達の苦しみを吐露するのはいいけど、苦しみに優劣をつけるのは避けたいものだと思う。

そう 返信

まぁ男のメンヘラとしてはよく分かるんだよな。
異性からの救済という部分だけ見れば、どうしても女性のほうが異性から救済されやすいもんな。
これは本当にもうどうしようもなくそういう傾向がある。
ただ「女性は救われやすい」とされると、器量の悪い女性がふざけんなとなるのも分かる。
俺なんて友達もろくに居ないから、友達は割と居て彼女がいないだけの男の泣き言も、ちょっとふざけんなと思ってしまうし。
ないものねだりと言えばないものねだり、幸福のグラデーション。

むじな 返信

器量のいい男メンヘラもヒモになれますよ。
そういうのが好きな女も一定数います。
メンヘラ男で器量が悪くても彼女が切れない人は、話を聞いてくれるお人好しな女を見つける嗅覚が凄まじいです。
女の容姿を度外視してとにかく優しい人に寄りかかるのがコツらしいです。
知り合いに何人かいます。

でも全力で長期間寄りかかれる相手って幻想すぎやしませんかね。
結局カウンセリング、家族、友人、このサイト…etc分散した一部を頼るのが理想じゃないかなと考えています。

代打 返信

私もメンヘラ男ですが
一言一句同意と言っていいレベルです。
さらに付け加えるなら
精神障害者は障害者の中でもヒエラルキーが下のように思うのですが
それも救いの無さに拍車をかけている気がします。

以前障害者と障害者に理解のある人を対象にした婚活パーティーの募集要項を見ましたが
学歴や年収、職業と高めのスペックを要求されていました。
非正規雇用になりやすい精神障害者は門前払いですね。

彼女いない歴=年齢である私には
高校生カップルですら嫉妬の対象になる始末。
街を歩くだけでメンタルを削られる時がありますね。

とりぷたさん 返信

この記事思い出した。

辛い話…救急に運ばれてくる自殺未遂のメンヘラ、男と女とでその状況に大きな差があるらしい「確かに」「これは辛い」
https://togetter.com/li/1322990

通りすがりのキモメン 返信

弱者男性の一人としてほぼ同意見です。女性は精神的な弱さや脆さが異性にとって魅力に映る場合もあるかと思いますが、男の場合、精神的な弱さや脆さは異性にとって(さらには同性にとっても)蔑視の対象なんですよね。だからこそメンヘラ女性にわりとありがちな「理解のある彼氏や旦那がいたから救われた」といった体験談に対して強烈な違和感があるのです。その違和感によってミソジニーに転じてしまったメンヘラ男性もいることでしょう。この社会が依然として男尊女卑というのは確かかと思います。ただしそれは有能な男性がピラミッドの頂点という意味であり、最下層に位置するのは子供でも女性でもなくメンヘラ男性かと思います。メンヘラ男性は社会的に庇護される対象にはなり得ず、自己責任として蔑視され見放され孤立を深めていくケースが多いように思います。メンヘラ男性にやさしくしてほしい、などと言う気もなく、自分はそういうもんだと割り切っているつもりですが、「理解のある彼氏や旦那がいたから救われた」系の能天気な体験談には心底うんざりしていますし、なんの参考にもならないので目にしたくないというか、結構イラッとするので、出来ればそういうクソみてえな体験談は控えてくんねぇかなぁというのが正直なところですね。まぁメンヘラ男は黙って孤独死。そういうことですわな。

_ 返信

無能な男性でもイケメンなら救われそう
ようは顔なんだよね、何かしらに秀でた魅力がなく容姿も愛嬌もない人間は男女関係なく救いはないですよ

何とかなり太郎 返信

同じ境遇で共感します。女性嫌悪の感情を持ちながらも、それを強く自覚し、筋が通らないことを認めて抑えようとしている様も見て取れます。しんどいですよね。

この手の話題はネットの各所で見られることが増えていますが、どこでも共感してくれる人と嫌悪を示す人の断絶が深いように感じます。ここは共感せずとも理解をしてくれるコメントが多く素晴らしいと思います。

「男のメンヘラには需要が無い」という言葉には2つの苦しみが含まれていると思います。必死に愛を求めるのに何も与えられない男性と、必死に愛を求めるのに愛を装った毒を盛られる女性です。毒を盛られるのと毒すら与えられないことは比較すらできない次元の違う苦しみです。

男女に関わらず多様な苦しみを、共感せずとも認め合うことが第一歩ではないかと考えています。

避けられない蔓延資産 返信

ヤサシイワタシのヤエが男なら成立しない
イケメンなら別かも

nobody 返信

イケメンならメンヘラでも救われるは基本的にないよ
あっても専業、兼業主夫レベル、もっと低いかも
イケメンの友達がいたけど内向的で友達が私以外いなくて彼女もいた事ない
なんなら女子からはキモオタって避けられてた
そんな自分が嫌いで嫌いでどうしようもなくていなくなっちゃったんだよな

男性で容姿が悪いから自分はモテないって認識の人は受け入れ難いだろうけどモテるのは自分からアプローチをする事が出来る人だよ
そのアプローチをする自信を担保してくれる1つが容姿
ここで言うモテるは不特定多数に言い寄られるという意味ではなく一人でも性的承認してくれる相手がいるって事を指してます

とおりすがり 返信

男らしさや女らしさを、ポジティブに捨てられる世の中になれば良いんですけどね。
性別と魅力の結びつきが、特にシスジェンダーの異性愛者の間では、強いなあとは思います。
たまたま産まれてきた性別に違和感が無い、というだけなのに。

Twitterで見て来た名無しです 返信

精神的な苦しみを抱えているか否かに関わらず、男性のライフスタイル、価値が(どれだけ他者に尽くせるか否か)でしか測られない。

社会に出て運良く結婚した所で、大黒柱としての有能さ、甲斐性を発揮できないと家族から承認されない。
恋愛においては、女性側をどれだけエスコートできるかが見られる。
弱音を吐くことが自身の価値を損ないうるから、それができない。むしろ自分の価値を示すために、自身を追い込む方向に走るしかない。

健康な男性もこんなんだし、たぶん他人の男性を思いやる余裕はない。むしろ、見ていてイライラするかもしれない。
女性ももちろんそういう不安定な男性を受け入れることができない傾向がある。

社会的に強者で、心身ともに健康な男性も自身の悩みを打ち明けられるのは家族くらいしかいないって人は多い。また、その家族にすら愛されず、仕事にしか居場所、自身の価値を見出せない人も多い。

健康で仕事をしてる男性でさえこんなのが多い。メンヘラ男性は男性の悲惨な点が包み隠さずに露わにされているだけで、その愛されなさ、承認のされにくさは男性全体が抱えうる問題だと考えている。

女性にももちろん承認のされにくい方、誰からも愛されない方がいらっしゃるのは十分承知している。

ただ、女性の問題が社会問題として話し合われがちな一方、男性問題は個人の責任としてしか処理されない傾向がある。また、精神科が介入しようとしても、男性は女性より声を上げ難いために、なかなかケアが行き届かず、それが自殺者の差としても統計に現れている。
こういうサイトで、男性の方が女性より苦しいとか、女性叩きが始まるのは好ましいことではないが、男性が自分の苦しみや生き辛さを言葉にし、それについて貶すことなく話し合う場は必要だと思う。また、こういった動きも歓迎すべきだし、今後もより多くの男性が自分の弱音を吐き出す場が作られればいいと思う。

返信

男性はプライドが高いからヘルプを出さないって聞くけど、今の若者世代にはあんまり関係ないよな。ヘルプ出したら、ただでさえ価値がない自分が更にゴミにランクダウンするみたいな予感があるから、ヘルプを求められなくなる。
やっぱり女の子は価値があるよ。どんな人でもいるだけで尊い。
男性にはそれが通用しないんじゃないか。
引きこもりでもそうだけど、何者にもなれなかったって時にめちゃくちゃ男女から見下されたり、叩かれたりするのは男性が多いな。
生物的にも社会的にも男性の価値の低さがまずあって、付加価値をつけないと、社会から承認されないもんな。下手したら加害者、不審者だ。

健康な男性もそりゃ仕事にしがみつくよな。不景気なったとたんに自殺者倍増するわな。

ほんとは女性の強さとかを見習わなダメだろけど、無理だわな。

さなだ 返信

nobodyさん
確かにイケメンというだけでは女性に愛されませんね
自分の兄がそうです
結構容姿がいいのに性格が原因で今まで一度も恋人がいません
女性は容姿が悪くても性格がよければ受け入れてくれる傾向があるようにみえますね
まあ、その内面に最も障害を抱えていて実質解決不可能に近いのが我々メンヘラなんですが・・・
やっぱり整形で解決できる分、メンヘラ男性よりメンヘラ女性のほうが救いはあるかもしれませんね

雑魚男 返信

生涯未婚率も交際歴なしも
自殺者も男の方が多い
数字上では
男の方が生きづらい(孤立しやすい)
のは明らか。

元々女性は、出産や子育てで
離職することが多いので
復職する場合も
女性向けの軽作業が多くある
なので精神的に躓いたりして
空白歴があっても
女性はパート労働などで社会復帰しやすい
男性の場合
長いブランクから社会復帰するにしても
人権無視の奴隷のような
ブラック重労働しか残されていない
メンヘラ男(特に底辺層)の社会復帰は
まさに命懸けである。
男の社会復帰は超惨めだ。
苦労して働き出したところで
ほとんど救いはない。
多くの末路は孤独死。

どちらかが生きづらいか、というのは
既に結論は出ている。

もちろん個別的なケースはある
女性の場合でもうんぬんかんぬん
様々な事例があるだろうし
女性には女性の苦しみがある
それも、当たり前です
だけど、それはそれ

だけど
男と女のどちらがツラいかという
問いがあったとして
その答えは出てます。

男女の自殺者の差を観れば明らかです。
自殺者の7割は男。

なぜ男の方が
自殺者が多いのか

男の方がつらいから

以上

あざっした

とおりすがり 返信

形だけでも、体目的でも誰かがそばにいたりするのが女性メンヘラには多いな。ただ、容姿が男性にあまり受けないであろう女性メンヘラにも彼氏がいたりするのを自分はめちゃくちゃ見たから、男性メンヘラみたいに誰からも選ばれなかったような女性は本当にレアなんじゃないだろうか。
ただ、自分を愛してくれなくても誰かがそばにいるか、もしくは本当に親以外の他者と関わらずに生きていくかの違いがデカイな。
男性のメンヘラ、弱者は本当に物理的にも精神的にも孤立しているからな。十中八九。

女性のパーソナリティ障害の人みたいに、周囲に何かを訴えようとしても、そもそも誰も周りにいないというな。
やっぱり男性に生まれたらずっと頑張っていくしかないんやなって

B郎 返信

よく言ってくれた
俺は頭よくないからこれしか言えない

Twitterで見て来た名無しです 返信

ツイッターで女性の人権運動が大きくなって(それ自体はいいことだろうけど)男全体が強いとか、男には社会を作ってきた責任があるとか、女性から選ばれるような男じゃない奴がパートナーを求めるなんて加害行為だ!とかがバズってくるし、透明人間にされている男メンヘラの皆様はそりゃ苛立つよな。

ゆんゆん 返信

男性メンヘラに「ギャンブル依存症の患者」や「アルコール依存症の患者」を含めると
「メンヘラ男を必死で支える共依存の女」は数十年以上前から本に書かれる程に
いたと思う。

廃棄物 返信

俺も新卒で入った会社で仕事ができず、弱りに弱っていたら彼女に捨てられたよ。
それからもう何年も経っているのに、今でも強烈な無価値感に苛まれる時がある。
男は強くなきゃ愛される価値が、生きる価値がないんだと信じるようになった。

返信

男性が女性パートナーを求めすぎっていう論者を見るけど、たしかに異性のパートナーというものに夢を身過ぎな気はするんだよな(誰からも必要とされない、人格を承認されない辛さはわかる)

人格を見て付き合ったり結婚してる人らばっかりじゃないからな。女性の結婚相手に求めるものとか、女性の男性への損切りの速さを見ても。

ただ、男性の異性からの承認の渇望ってのはもはやDNAレベルのものなんじゃないのかな
じゃないと専業主婦養うとか、メンヘラ女性の王子様になるみたいな行動する奴もいないだろうし。
男性の異性への渇望は女性にとってメリットにも脅威にもなる。男性にとっては自身の社会性を揺るがしかねない衝動であったり、パートナーに尽くし続けて、パートナーのために稼ぎ続けるという足枷にもなる。

だから、二次元とかに男性が向いて、リアルの女性に興味を抱かないという男性が増えるのは歓迎すべきだ。

国は衰退するだろうが、どうせ違う民族がすぐに国を満たしてくれる。

ななし 返信

救いがないことこそが救い。救われてしまえば他人にとって都合のいい物語に作り変えられて終わるだけだよ。

返信

コメント欄にも、自殺率を盾に男は辛い、女は幸福論をぶちあげてる人がいるけど
(そしてTwitterで、この手の事を言ってる男の多くが過激なミソジニーです)
日本は女性の自殺率が極度に高いんですよ、海外に比べて。

他の国よりも、のたうちまわって苦悩して追い詰められ自殺してる人口あたりの女自殺率が遥かに高い、女性が生きづらい、女性に厳しい国が日本なのです。

「日本女はつらいよ」ですね。

日本の男は自殺率が高くて日本男は不幸だよ論はそれだけでも破綻しますよね。
メンヘラや発達障害や非モテの男性がTwitterで、日本女性はイージーモード、日本のクソ女だけ幸せでムカつくと毎日言ってるのに不思議ですね。

生きづらさを他人(異性)の幸福(思い込み)のせいだと責任転嫁してるうちは余計に救われないんじゃないですか。メンヘラや発達障害で、毎日ネット上の女叩きネタを目を皿のようにして探して女性叩きに全力を注いでる方々は。 (だが現実とは掛け離れた馬鹿馬鹿しい創作も多いし、タピオカ屋のおじさんを可愛くないと貶す人がたった1人だけ存在したら、狂ったように叩いて女性全体を袋叩きにする)

日本の男が生き辛い、のでは無くて
単純に、貴方の能力や容姿や魅力が劣るから生き辛いだけですよ。

発達障害やメンヘラの男性の異常な攻撃性や自分可哀想論、他の恵まれてる奴が憎い論は元々の特性な所もありますが、屁理屈をこねて間違ったデータ(先進国で1番の男社会で出世で、大学合格しやすく恵まれていて他国に比べて自殺率の低い日本男性の自殺率で、他国に比べて自殺率が高い日本女性を叩く理由にする)等の人を巻き込む姿は本当に見苦しいですよ。

能力が高くても大学を性別原因で落とされたり、出産したら女側だけ退職させられる女に比べたら、殆どの原因が自分の能力にあるという事が理解出来ないのも、病気や障害のせいなのかも知れませんが。

恵まれている性別の中で能力が低く落ちこぼれ、魅力が低くて異性に選ばれない個体だとだけという事から逃げて、ネット上で異性に屁理屈で他害して迷惑をかけるのはやめましょう。恵まれない人生を歩んでいるミソジニーの皆さん。

a 返信

能力の低い男と女では扱いに性別由来の大きな差があるよね、という話をしているのだと思いますが…。
全てはお前個人の責任だ、が正しいのなら女性の生き辛さにも同様のことが言えてしまうのですが?
ミソジニー呼ばわりする貴方がバリバリのミサンドリーなのは何かのギャグなのでしょうか。
ひょっとして私釣られてる…?

雑魚男 返信

>流 さん

他国と比べたところで
現状としては
自殺者の男女格差はありますし
男女を比較した場合
男性の方が自殺差が多いのは
まぎれもない事実なので
それはもう
データが出ている以上は仕方ないことですよ。

自分の場合
とくに女性が憎いってわけじゃないので
様々な男女格差は是正された方がいいと思ってますが
同じ男性として弱者男性の窮状もわかるので
そこは訴えていきたいところです。

自分としては男女どちらも
生きやすい社会になっていくことが望ましいですし
自殺者も減ればいいなあと漠然と思っていますが
あなたの主張によれば
男性は既に女性に比べて生きやすい社会だし
男性が死ぬのは自己責任、恵まれない人生も自己責任
自分には関係ない
っていう感じなんでしょうかね。

うーん実に「男らしい」
マッチョな主張だな
と皮肉まじりにお返ししときます(笑)

さなだ 返信

この記事によって掲載の自粛要望がかなり届いたそうですね(小山氏のNOTE参照)
ミソジニーを憎むミサンドリーを刺激してしまったんだと思います。

あー 返信

男性が弱音を吐くと自己責任、加害、気持ち悪いってなるからな。ツイッターではそれが可視化されるだけでは。自身を弱者として声を上げられないのは、男のプライド故にではなく、こういった反応があると知っているからでは。
男性の自殺を減らすには、まず男性の弱音に対する二次的な批判とかを批判する風潮を作らなければならないし、男性が時に弱者になりうるということを常識にしなければならない

あれ 返信

そりゃそうだ
こんな記事があったら、男という絶対悪を失い自分の被害者としての正統性を失う

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント