定期的に人間関係をぶち壊してしまう

体験談 解離性障害 たぬきばやし

私は今まで19年間生きてきているのに、友人関係が2年もったことがほぼありません。1人だけ、ブランクはあれど5年続いた人もいましたがその人とも縁を切りました。

タイトルにあるとおり、定期的に人間関係をぶち壊しにかかってしまうからです。

正確に言えば「気づいたら人間関係がめちゃくちゃになってた」ってことが多いのです。なんでめちゃくちゃになったのかはわかりません。記憶が無いのです。「何か自分がやらかしたんだな」「いやでも記憶が無い」こういうことが昔から頻発していました。今までこれが当たり前だと思っていましたが、去年、解離性障害と診断されました。こんな病気あったんだーというのが素直な感想です。

 

つい最近では、「とある男友達に告白したらまあ受け入れられたけど、相手が好意を抱かないので詰め寄ったら嫌がられ、悲しくなりリスカだの嫌がらせ(大規模)だのをして、その彼+周りの方々に嫌われる」などということが起こりました。

そりゃもう酷いことしてました。自分に記憶もないし目が覚めたら大惨事なのですが、まあ周りから見れば私が犯人なのであってその場は私自身が謝ることでなんとかなった…?のかなと思いますが、それにしたってひどい。ちなみにその彼の周りの方々から日々地味ーな嫌がらせをされているので精神がマッハです。

この惨状を把握した時、もう生きていられないと思い自殺を決行。死にませんでした。普通にやめといた方がいいです。あと田舎は救急車が近くを通るだけで噂になるし何より疲れます。

あぁ、安定した人間関係を持ってみたい。気がついたら人間関係壊しにかかってるとか怖すぎです。生きづらいですね。

あとは色々不満が。「私がやったことではないのに何故私が尻拭いしなければいけないのか」「こういう病気だって前もって伝えてるのにいざとなったらこちらを責めるしかしない人達が多いなぁ」

ということです。病気のことは信頼できる人にしか打ち明けてないつもりですが、それでも理解されなかったり傷つけられたりすることもあるしだったら離れてくれと思います。あとは尻拭い。本当に嫌すぎる。でもこればかりは仕方ないんですけどね。

多分、私は社会に向いてないんじゃないかと思います。定期的に人間関係を壊してしまうのも、きっと社会生活がつらいから。山奥で生活してる方がマシな気がします。だからそういう生活が送れるように今はすこーしだけ頑張ってみようかなと考えてます。

乱文失礼致しました。ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。



【執筆者】
たぬきばやし さん

【プロフィール】
短大生。解離性障害と共に生きています。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 解離性障害 たぬきばやし
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

おp 返信

皆そんなもんでしょ。自分なんか友達ゼロだわ。

通りすがり 返信

山に引きこもってた方がマシなんじゃないかと思ってしまうときありますよね…ほぼ常に、の状態で

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント