人付き合いがうまくできない

体験談 カルキ

私は小さい頃から人付き合いが苦手だった。

人付き合いが苦手な人は、この記事を見てる人にも多いんじゃないだろうか。

私の場合、性格の問題も相まって人間関係でトラブルばかり起こしている。

幼稚園のときも、小学生のときも、中学生のときも。環境が変われば変わるほど、周りと上手く馴染めずに孤立していった。

どうやったら良好な関係が長続きするのかも分からず、もうずっと独りでいた方が良いんじゃないか。自分も相手もいやな思いするだけで、他人と関わるだけ無駄じゃないか。そう思ってはいるものの、やっぱり独りでいるのは苦しくて、寂しいもので、人と関わるのはやめられない。そしてまたトラブルを起こす。その繰り返し。

少なからず、私の周りには私から離れないでいてくれた人たちが何人か居た。

それはすごく有難くて、だけどいつかまた同じように彼らも私から離れていくのではないか、そんな事を思ってしまう。

けれど、例え今だけでも傍にいてくれるならば、私は彼らを、大事な友人たちと一緒にいたい。



【執筆者】
カルキ さん

【プロフィール】
ネットの海と人生をふらふらしながら生きてる高校生。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 カルキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

Vol 返信

人付き合いって結局といつめると面倒くさいし特に楽しくもない、また見返りもない。苦手って言うよりは、心から楽しんだことがないのが、自分が思う原因

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント