V系バンドマンと付き合うメリットデメリット

体験談 恋愛 みずゆきりん バンドマン

私は高校生~大学生までの間、ほぼ、バンドマンとしか付き合っていません。

ちょっと芸人に寄り道したり、ちょっと某ニーズに寄り道したり、ちょっと大企業の息子に寄り道したり、ちょっとホストに寄り道したりもしましたが、基本的には、ずっと、V系と言われるバンドマンと付き合っていました。

そんな私が考える、バントマンと付き合うメリットとは。

 

V系バンドマンと付き合うメリット


①自慢できる

彼氏のバンドのフライヤーをロッカーに貼ったり、割と学校内ではオープンにしていました。当時は嬉しくてやってただけだけど、今から思えば、結局それって“マウンティング”ですよね。女子校だったし。

「私って、そこらの一般人じゃなくて、“バンドマン”の彼氏がいるんだぜ!へいへい!」みたいなアッピルが出来る、これが何と言っても大きなメリットでした。

 

②ライブのチケット代が無料

彼氏によっては、ライブでパスを出してくれたりします。

単純にチケット代がいらないので、これもメリットですね。

しかも、ファンの子に「自分は特別なんだぜ?へいへい!」みたいなアッピルが出来る。

学校外でも“マウンティング”ですね。

女の世界は、常に戦場なので。

 

③バンドのレアグッズがもらえる

これはバンドによるかも。

私はナンバリングしているようなグッズも、貰ったりしていました。

楽屋に入ることが出来るぐらいの関係性が出来ていたら、彼氏のバンドのメンバーの着替えのシーンなんかも、撮影したりできました。

これは、ファン上がりの彼女だったりすると、こんなメリットは他にある???????ってぐらい、最大のメリットだった気がします。

もはやレアグッズの域を超えている。

 

④ツアーの交通費が浮く

私の場合、ツアー回るとき、バンドによっては機材車に乗っけてもらったりもしていたので、交通費も結構助かってました。

普通にメンバーみんなで新幹線で行ってた時も、スタッフとして経費で落としてくれたりとかも。

当時仲良くしてくれてた元彼のバンドメンバー、本当にありがとうやで……って感じ。

 

と、こんな感じでしょうか。

こうやって書いてみると、意外にメリットあるな…(もっとないと思ってた)

さて。

次に、バンドマンと付き合うデメリット。

みなさん、ここからが本番ですよ!

いいですか???

 

V系バンドマンと付き合うデメリット


①怪我が絶えない

まず、ファンから刺される危険があります。ナイフじゃなくて、私の場合は、針を刺されました。回数は覚えていません。

刺されるだけじゃなくて、ボコられたりもあります。後ろから、何か硬いモノで殴られたりします。流血したこともありました。

何者かに蹴飛ばされ、捻挫したこともありました。

 

②ネットに晒される

普通に買い物をしてるだけの場面を隠し撮りをされて、5ch(当時は2ch)に貼られたりします。

ファンが家に押しかけてきて、家族の情報を書かれたりもします。

父親がハゲていることもネットに書かれました。

たぬき(V系初代たぬきの掲示板)に個人スレもたちます。彼氏や友人知人にお願いしまくって、必死に擁護してもらわなければなりません。大変です。

私は自分で削除依頼を出して、バレて、余計に叩かれました。

 

③彼氏が浮気をする可能性が非常に高い

彼氏が死ぬほど浮気をしやすい環境にいます。

 

ファンは、推し麺に彼女がいようといまいと、常にワンチャン狙ってきますし、メンバーの手をとって自分の乳を触らせたりするような、過激なおねー様方もいたりします。

そんな状況で、果たしてどこまで浮気をせずに耐えられるか……??

普通は、心配で心配でたまらないと思います。

私は本当にレアなパターンで、がっつり、関係者みたいな感じで囲ってくれる彼氏が多かったので、不安もクソもない神環境でしたが、それでも、目の前で、色んな女が彼氏に色目を使っているのを見るのは、気分よくありませんでした。

 

④外でデートが出来ない

彼氏の家の近所とかも、ファンがウロついていたりするので、歩けませんでした。

基本、車での移動。

梅田とか難波とか、人が多いところを歩くことも出来なかったし、遊びに行っても、もしファンに見つかって二手に分かれて逃げ回ったり、あんまり外でゆっくりデートが出来た記憶はありません。滝とか見に行ったりはあったかなぁ。

 

⑤お金がかかる

これは彼氏の売れ具合にもよるけど、それなりに売れてるバンドマンでも、サラリーマンより稼いでる人はあんまりいません。

というか、機材のローンを抱えてる人が多すぎる……。

その点、ボーカルと付き合っている時は、結構よかったかも。まぁその人が印税めっちゃ貰ってたというのもあるけれど。

メジャ麺でも、よっぽどじゃない限り、なかなか贅沢は出来ないです。

密が大量にいるとか、そういうバンドマンだと違うんだろうけど。私の彼氏たちは、密は全員お断りしている、誠実な人たちでしたので。(これも自慢です)

 

と、こんな感じでしょうか。

色々とデメリットがあるけれど、それでも私は、過去の思い出として、それなりに良い思い出として残っていたりします。まぁ、こうやってネタにはするけれど。

やっぱり、元ファンだったりすると、彼女になれた喜びっていうのは計り知れない喜びだし、セックスの初挿入の時とか、感動でちょっと頭おかしくなっちゃうんじゃ?ってぐらい、幸せで、脳みそが溶けるんですよね。

ってここまで書いてふと思ったけど、結局それって、大好きな人と付き合えた喜びじゃね?って感じですね。はい。

好きな人と付き合える喜びってっていうのは、バンドマンとか関係なく、みんな同じかな?とは思います。でもやっぱり、付き合っている途中は、普通の人と付き合っている時、バンドマンと付き合っている時は、全然違います。

今日挙げた例は、あくまでも私の場合の話です。

V系かそうじゃないかでも、変わってくるとは思います。

「へぇ~、こんな付き合い方もあるんだなぁ」ぐらいに思って貰えれば幸いです。



【執筆者】
みずゆきりん さん

【プロフィール】
Twitter : @mzykrn


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 恋愛 みずゆきりん バンドマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント