借金と統合失調症 一人暮らしの老後を疑似体験するように過ごす日々

体験談 統合失調症 メンヘラ猫

無職で預貯金が60万円ほどありますが(親からの援助)、借金をかかえているので生活保護を受給していてなおかつ求職中で、採用面接の結果待ちで、毎日ただ家にこもってベッドに横たわって天井を眺めているだけの毎日です。

しかも節約するために1日2食しか食べません。

そもそも、朝早く起きようという意思がなく、統合失調症の陰性症状でボーッ・・・とばかりしています。

友人は1人もいません。

ゆえに、誰とも連絡を取り合うようなこともなく孤独です。

まるで一人暮らしの老後を疑似体験したような感じです。

無職なので親に援助をもう一度お願いをするという情けない状況になりましたが「もうない」「誰にもお願いできない」と断られ、採用面接の結果によっては真夏に預貯金がつきてどうなることやら、という状況です。

借金を債務整理までしていて、もう正直なところ預貯金を貯め始めないと(一千万円は老後に必要だって聞いていますし)老後が今と同じ状況(疑似体験したんですね、一足先に)になるから、自己破産まで視野にいれないとならない。

孤独死していないだけで、老後ってこんなんなんだな・・・と実感して怖くなりました。

 



【執筆者】
メンヘラ猫 さん

【プロフィール】
無職で通院歴1年半以上の統合失調症の陰性症状を抱えています


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 統合失調症 メンヘラ猫
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

たん 返信

メンヘラ猫 さん こんにちは。
読んでいて私と重なる部分が多くて他人事には思えないような気がしてコメントさせていただきます。
実は私の統合失調症もしくは疑い で昨年入院していました。
現在障害者枠や就労支援など視野に入れて就職活動を始めています。
私は幸い実家住まい 家業の手伝いできる範囲で と恵まれている環境にあるかもしれませんが両親は高齢化 ということもありメンヘラ猫 さんさんとある意味同じです。

メンヘラ猫 さんさんは 実家に戻って というのはご無理なのでしょうか。
現時点では
治療 経済的な事情の生活費など 再就職 
など すぐにでもどうにかしないと という状況のご様子。
しないといけない → でも上手くいかない → 何かやる気が出ない → でもこのままじゃ →(最初に戻る)
という私が経験した悪循環に嵌っている様な気がします。
私自身は入院して(焦らずよくなるだけに専念) 退院した後 通院しつつ無理しない範囲で動く
という状態で以前に比べれば落ち着いていますので何となく思ったというか。

長文すみません。 ご相談ではないのに余計なことばかり書いてしまいました(会員登録していない ということもありますが)

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント