「死にたい」が「死のう」に変わったとき

コラム 双極性障害 自閉症スペクトラム 希死念慮 解離性障害 複雑性PTSD しあおと

はじめまして。しあおとといいます。

初めて投稿するのは「死にたい から 死のう に変わったとき」です。

これを投稿したら少しは気が変わるかもしれない、と思って。

まずはじめに自己紹介です。

双極性障害Ⅱ型
複雑性PTSD
解離性障害

自閉症スペクトラム

の4つをもっています。

あとは軽い摂食傾向あり。

 

思えば中学生の頃から頻繁に死にたいと思うことがあって、実際に三回自殺未遂をしています。

一回目は列車飛び込み、二回目は首吊り、三回目は列車飛び込み。

全部上手くいかなかった。

最後に自殺未遂をしたとき、「次こそはきちんと計画して、完璧に」と思ってから、早数年。

気づけば23歳の夏を迎えようとしています。

実は一年前にも綿密な計画を立てて実行する予定でした。

でもその時には、もう体がいうことを聞いてくれなくなっていて断念したのです。

ついこの前、死にたいと思いました。

未来が見えなくなってきたから。

ここらへんで、もういいかな、と。

はじめは「死にたい、でも、死ぬのが怖い」とカウンセラーさんに言いました。

何て返ってきたっけ。忘れちゃったけど。

自宅に戻って、一年前のことを思い出したのです。

今だったら、まだ体が動く。

今なら死ねる。

と。

私の中で、死にたい が 死のう に変わった瞬間でした。

 

計画はほぼ立ててあったので、あとは最期にどの洋服を着るか、とか、どの音楽を流すか、とか。

一番厄介、というか、やらないと心残りになりそうなのが遺書でした。

 

まず私は、書きたい人をリストアップしました。

そしたら多いこと、この上ない...。

ああ、私はこんなにもたくさんの人に支えられて、お世話になってきたんだなあ、と思いました。

現時点で26通書かなければなりません。

一日一通。

丁寧に。

便箋選びから。

遺書を書き終えたら私は死ぬのだろうと思います。

でも、多すぎて途中で飽きて、やーめたってなるかも。

 

死にたい が 死のう に変わったとき、気持ちがとても楽になりました。

心に余裕ができた感じ。

遺書を書き終えたら本当に死ぬのか分かりません。

死なないかもしれないし、それはそれでいいのでしょう。

未来は分からないものです。

この記事が採用されるかどうか、見てみたいものです。



【執筆者】
しあおと さん

【プロフィール】
日本南方に住んでいる心理系大学生。23歳。
3つの精神疾患と発達障害もち。

Twitter : @hare__cs_


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

へっぽこ 返信

読みました。
それだけお伝えします。

aaaa 返信

本当に死にたかったらこんなもの書く前にさっさと死んでますよ

たん 返信

しあおさん はじめまして。
何となく読んでいて私も似たような経験があって コメントさせていただきます。
思えば思いつめてというか 死ななくてはいけない と思っていたときも私にありました。
ここみたいな提示版で相談して後押ししてもらう形で通院を決意して と。
私もいつでも死ねるからもう少しだけ と思うというかそれで気がついたら10数年以上経っています。(通院しながらですが)

未来が見えなくなってきたから。

とありますね。
先のことは私も不安ですがなんだかんだとあれから10数年生きてしまっています。

未来は分からないものです。

全くもってその通りだと思います。
私も発達系の傾向がありますが10数年前は(あったかもしれませんが)そんな診察などされたことなく転院してから診断されました。
ある意味10数年生きてきたからそういうのがある と知ったともいえますし医師とかにも相談できるともいえます。
あと余談ですが
コメント欄の方へ
そういう方もいます。でもそうでない方もいますし しあおさん もかかれていない事情や思いもあると思いますよ。
(私個人で言えば死ぬ勇気がなかったのは認めますし相談したサイトで通院を勧められたことを渡りに船 と思った気もしなくてないですけど。)

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント