「優しい」能力主義社会は成立するか

体験談

はじめまして、雪と申します。

仕事について常々思う事があったので、投稿させて頂きました。

この記事の結論は、「『お金になる能力を持つ人が稼ぎ、お金になる能力を持たない人へ分配するシステム』があればいいなあ」ということです。

好きなことがもっと評価され成果を残しやすい社会になれば、やりたい仕事だけで生きていける人が増えるのではないかと思いました。

かなり極端な意見となっておりますが、「個人のつぶやき程度」とどうか御容赦下さい。

 

まず、私は4大新卒としてメーカーに技術職入社し、馴染めずに統合失調と強迫性障害を再発し退社しました。

そこで、周りから「正社員に戻りなさい」「一度レールから外れるともうまともには生きられない」と圧を受け、疑問に思うことがありました。

「働くのは義務、無職は甘え」「仕事が楽しくないのは当たり前」「正社員として同じ会社に勤めるのが美徳」「好きなことをするのは悪いこと」という意見です。

なんでだろう。

誰も明確な答えを持っていないのに、本人のためと「安定性」ばかり論じられるのは、好きなことをやるのに罪悪感を植え付けられているのはなぜだろう、と考えました。

 

そこで私は学生時代を遡って教育に観点を置きました。

ここで感じたのが、どうやら世の中には、『お金になる能力とお金になりにくい能力がある。』という事です。

例えば数学や英語が得意な子供はいい大学、いい就職先に行けますが、体育だけが得意な子が一生スポーツで食いつないでいくのは難しい

なので学校も親も、不得意科目を無理やり叩き込もうとしてくる。

折角絵や歌が得意な子も「それより勉強しなさい」と芽を摘まれてしまい、嫌々勉強させられる。これが、社会人の持つ仕事への不満の一要因ではないかと考えました。

 

私は、能力によって期待値(給与の得やすさ)が違うだけで、「好きなこと」や「出来ること」も立派な仕事になるのではないかと思ったのです。

そこで、『お金になる能力を持つ人が稼ぎ、お金になる能力を持たない人へ分配するシステム』があれば個々人が様々な仕事をできると考えました。

具体的には、稼ぎやすい仕事から収益を得て経済をまわし、稼ぎの出にくい仕事に補助金や助成金を出して、続けさえすれば生きる資金を賄えるようにするなどです。

好きなこと=仕事になれば、今まで働けなかった人も自分の能力の範疇でやりたいことができ、お金がもらえるわけです。

自身の能力(好きなこと)で生きていける社会が成り立てば、みんな仕事が好きだし、ベーシックインカムで社会が回れば、リストラや老後の不安も減りそうです。

さらに、好きが仕事なら生産効率も良くなり、娯楽に費やす時間もお金も増える。

そうすれば今まで稼ぎにくかった仕事(例えば漫画家やプロゲーマー)にもお金が回りやすくなると思うのです。

職種や雇用形態に対する偏見のない社会になれば幸せな人も増えるのでは、と短絡的に考えています。

 

もちろんこの仕組みが近い将来に実現することはあり得ないし、突拍子もない事を言っている自覚はあります。

ただ、社会問題の糸口として、お金になりにくいビジネスの展開も広がれば良いと考えていたところです。

実際にYouTubeやブログ等、「今までは稼ぎにくかった好きなこと」で稼ぐ人も増えてきていると思います。

私自身精神状態が悪化しており社会でバリバリ働いていく自身が無く、自分の経験からなんとかビジネスチャンスを掴みたいと思っています。

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。




【執筆者】

雪 さん


【プロフィール】
大卒入社後、精神状態悪化の為退職。統合失調症・重度のうつ。現在は療養中で強迫性障害と希死観念、頭痛嘔吐に苦しんでいるフリーター。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加

4件のコメント

Concerned Citizen 返信

Thank you for your post!

匿名 返信

葬儀屋やゴミ処理運搬業など、決して人から好まれる職業ばかりではないし、そう言う職種ほど重要だったりする。
しかし、人間がいる限り無くならない職業だし、だからこそ収入は人並みに安定している職業だと思う。
こう言う仕事をしている人達には日々頭が下がるばかりだが、この能力主義ではそれらの業種や、それらの業種で働く人達にとってはデメリットしかないように思えて仕方がない。

お金にならない能力で好きな仕事をする人にとっては優しくメリットしかない話だが、そうでない人からは反感をかっても可笑しくないような気がする。
多くの人間が好きな仕事だけをしていけば、好まれないけど必要な仕事をする人間が減り、負担が増え、フラストレーションは溜まっていく一方だろう。

好きなことを仕事にするのは悪ではないが、かと言ってこの能力主義と言う考えは、正直言って甘いと思うし所詮妄想だと感じてしまった。
分配する側のメリットも考えてもらいたい。


あと、再び誤字があるので、運営に見直して修正してもらいたい。

匿名 返信

優しい能力主義の世界では
人気がなく、需要がある職業は
システムやAIに置き換わるのではないでしょうか。
分配する側のメリットは、
お金の循環が行われ、経済がまわること、
治安の維持
等があるのではないでしょうか。

匿名 返信

お金の循環が行われ、経済がまわること、
治安の維持

お金を使うのも自分の身を守るのも、わざわざ他人に頼まずともお金があれば自分自身でするのでは

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント