喪女の私が「子供連れのカップル」を気にしてしまうワケ

体験談 かなな

どうもかななです。

私は彼氏いない歴年齢のいわゆる喪女というやつです。

前回「どうしてメンヘラ女子には大体彼氏がいるのか!?」という記事を書いた時、もっとバカにされるかと思ったら共感のコメントも頂き、自分だけじゃないんだと思えて嬉しかったです。

メンヘラ.jpは男性に振り回されたり振り回したりする女性の投稿が多いですが、ここでは喪女の話をしようと思います。

私は大学生くらいの頃から彼氏ができないことに悩み始めたのですが、30過ぎると新たな気になることができました。

道ゆく、小さな子供とその親です。

今まで気にしたことがなかったのに、妙に気になってきて、自分でも怖いんです。

はじめに言っておきますが子供やその家族に害をなすようなことは考えていません。子供を産み育てることは立派なことだと思っているし、産まなくてもそんなことは自由だと思っています。

子供は嫌いではないですが、自分はもし結婚したとしても別に子供はいなくてもいいなと思っていました。自分は発達で小さい頃からうまくやっていけなかったし、子供にも似たような苦労をさせたくないと思っていたからです。

なのに、道ゆく親子が気になる。

職場の人の何気ない子供の話が気になる。

SNSの微笑ましいトレンドとして取り上げられている「今日は運動会!」がひらけない……

私、このまま 子どもを産まないまま死んでいくの?

これは子供が欲しいという話ではないんです。

みんなが普通に送っている日常からかけ離れていく自分が怖いんです。

ここから何十年間も、みんなと大きく違う部分を持ったまま生きていかないといけないことが怖いんです。

どんどん同年代が結婚する、子供ができる、成長する……なのに私はきっとこのまま、ずっと、変わらない……

ここだって、男性はモテない苦悩を吐露する人も少なくないですが一方で女性はメンヘラでも家庭や子供がある人は珍しくありません。

私は発達です。軽めではありますが、普通の人よりも人の気持ちを想像したり空気を読むことが苦手です。

日常会話として、旦那さんやお子さんの話が出てもよくわからないわけです。

自分の子供だった頃の話とか、親の話とかをしても世代がズレてるからちょっと違うわけです。

友達も少ないので、そういう世代的に共有される常識みたいなものに疎いんです。

今まででも全然ついていけてないのに、さらに取り残されていく気がして怖いんです。

別に結婚してなくも、子供がいなくても、何か「自分にはこれがある」という自信が持てるようなことがあればいいのですが、

非正規で大した仕事もしていない上に金もなく、最初に言った通り彼氏なんて生まれてこのかた出来たことがなく思い出にすら拠り所がない。

これでも頑張ってぎりぎりで生きているというくらいの自分に何があるんでしょうか。

頑張って生きて、何があるというんでしょうか。

自分の将来にあるのは、年老いた親の介護くらいでしょう……



【執筆者】
かなな さん

【プロフィール】
広汎性発達障害のアラサー喪女。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 かなな
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

匿名 返信

共感を持って読みました。
私はPTSDと双極性障害で長年独身、親元で療養してます。今は年をとって、高齢の両親の介護をしてます。
彼氏や夫がいたことはほんの少しだけありますが、みんなDV男ばかりでした。まともな恋愛したことないです。
子どももいません。欲しくなかったから。でも閉経近くなると、ほんとにこれでよかったのかとか思います。少し後悔があります。多分、身体の本能ですね。
結局、残ったものは親の介護でした。
でも変な彼氏や夫に悩まされるよりも、子どもがうまく育てられない自分よりも、一人で介護してる方がいいやと思うようになりました。
とは言え、モテないおばちゃんなのに、いまだに彼氏がほしくなることあります。泣けます。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント