リストカットが親にばれて

体験談 死にたい リストカット 自傷行為 希死念慮 イツキ

最初のリストカットは、高校に入学してすぐの時、テストの結果を両親に見せたら難しい顔をされたことがきっかけでした。

マズイ、今まで何でも両親の望み通りに実行する良い子でいたのに。そう思うと急に見捨てられる事が怖くなりました。

それからは勉強についていけなくなり、成績は最下層。

ゴミのような2年間を過ごしました。親怒鳴り散らされる日々。

叩かれ蹴られ、虐げられもう居場所はありませんでした。

親族には過度な期待を寄せ続けられ…。

そんなとき、ふとリスカを思い出し「楽になれるなら」と藁にもすがる思いで切りました。

 

リスカが親にバレた時は「次はないと思え」と怒鳴られました。

気がひきたいんだろ。そんなことしてるから成績が落ちるんだ。お前なんか産むんじゃなかった、恥ずかしい。と余計に罵られました。

私はただ、皆の前で明るく元気な良い子を振舞いたかっただけなのに。

いろんな感情が混ざり合って一晩中泣き明かしました。

それからはもう何もかもどうでもよくなりました。

ただどうしようもなく死にたい毎日です。

責められ、疎まれる毎日が苦しいし、クラスではメンヘラ=キモイという考えがあって取り繕うのに必死。

もう疲れました。

 

自傷は、それでも生きたいと努力する人たちの藁にもすがる思いなんだと考えます。

気を引きたいんじゃない、自分の中の希死念慮と必死に戦ってるんだ。

どうか、こういった考えが広まってくれるように願っています。



【執筆者】
イツキ さん

【プロフィール】
高校に入学して2か月で鬱になり、希死念慮と毎日必死に戦っています。
リスカ、アムカ、瀉血等の自傷癖あり。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

くま 返信

読ませて頂きました。
私も同じくテストの成績が悪くて怒られるのですが、イツキさん程ではなくとても辛いだろうなと思いました。
私も自傷行為を見えないところにやっていますが、同じような考えを持っており共感出来たのでコメントさせて頂きました。
私の親は暴力をふるう訳でもなく何かを褒めてくれるものでもなくただ単に失望するという表現があっているという親です。
辛いですよね、割と身近にいる人に見捨てられるのは。
すみません、何を言いたいのかわからなくなりましたが…
もし病院に行ったことがなく、親にバレてもいい、経済的にも自分で出す余裕があるのであれば1度検討してみるのもいいかもしれません。
私は親にバレたくなくて1回行ったきり辞めました笑
ですが、医師に診断をつけてもらえるだけでも心が変わります。
もし良ければ参考にしてください。
すばらしい文章ありがとうございました。

抹殺 返信

俺が子供だったらそんな親肉塊にしてるわ(^^)ボコボコにして金づるにして死ぬまで吸い尽くす!そうされてもしゃあないよ君のカス親。
君はいい子だ。もう休みなさい。

やさい 返信

読みました。よく頑張っていますね。とても、とてもえらいと思います。高校生で逃げ出すことも出来ないあなたに、ご両親はとても酷いことをしていると思います。あなたの言う通りで、リストカットは死なないための方法なんですよね。みんながみんなそうとは言いませんが。私もリストカットをしていました。私の場合は痛みが可視化できて安心すから、今を生きるために、という理由でした。その歳でその事を知っているあなたは誰よりも優しい人だと思います。どうか、あなたが少しでも楽になれる方法を見つけてくれますように。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント