友達が一人もいない

体験談 発達障害 社会的孤立 tomo

友達や相談できるひとが誰もいないことについて書きたいと思います。

私はもともと、ほとんど友達がいませんでしたが、小学校、中学校の頃は軽くいじめられながらもそれなりに遊んだり一緒に帰ったりする友達はいたように思います。

高校生になったあたりから他人との違和感が際立ち始めました。

話しかけても無視されたり、ひとりその場に取り残されたり、集団で移動してもひとりになったりなど、どう考えても仲間に入れてもらえてないんだな、と思い知らされることもありました。

 

○○デビューを目指す。


思い起こせば、予備校、大学、就職、転勤と何か変化があるたびに、友達を作ろうと頑張って挫折した日々でした。

そのたびに、気が合いそう、と思った人に話しかける行為を繰り返しました。

が、話してしばらくも経たないうちに相手はドン引き。

あからさまに近寄ってきてほしくないオーラがさすがの自分にも伝わるか、2人組を組んだり、お昼に食事をする場面などで、当たり前のように避けられる自分。

そんなことばかりでした。

予備校、大学、職場では友達はひとりもできませんでした。

 

出会い系サイトでメールのやりとりはできた


現実の世界では話をすることもままなりませんでしたが、正社員で、穏やかな自分をアピールすれば(写真を出せばたいていダメでしたが)ある程度メールのやり取りができ、気を紛らわせることができました。

たぶんこれまで、100人以上の人とやり取りして、10人くらいの人と会ったと思います。

2回以上会えた人はほとんどいませんでしたが。

電話で話したら、「会う前に話してみてよかった」と言われ、直後に音信不通になった人などもいました。

その後、諦めてひとりで旅行と温泉に行くのにはまりました。

誰かと行くなんて考えられませんが、ひとりだと好きなように行動できることもあり、週末に電車で2時間くらいで行ける場所に旅行に行ったり、温泉に行くようになりました。

本を読んだり、ネットを見るだけなんですが、気分転換になって案外はまりました。

ただ、誰とも交流しないので、どんどんひとりが固定されてしまう結果になりました。

 

なぜ友達ができないのか?


自分でもよく分かっていませんが、コミュニケーションが成り立たないことが多かったり、身だしなみが整っていなかったり、言うべきではないことを言ってしまう発達障害の特性と、容姿や引っ込み思案な性格などが組み合わさってできないのかな、と思っています。

基本的に関わりのあった人に自分から連絡を取ったりすることがないのも原因なのかなって思います。

 

友達がいなくて困ること


時々すごく寂しくなることです。

一定期間経つと回復するんですが、話をする相手がいないのは時々辛いです。

あと、気軽になんでも相談できる相手がいたらメンタルにとってどれだけ救いになるんだろうと、そんな人がいたことがないので想像に過ぎませんが思います。


これからどうしようか


今は2次障害と思われるうつ状態でとても無理ですが、趣味のサークルや発達障害の自助グループなどで、話せる相手を見つける努力は続けていこうと思います。

カウンセラーさんやネットなどでもかまわないので、相談できる相手はなんとか確保していきたいなと思っています。

 



 

【執筆者】
tomo さん

【プロフィール】
就職直後にうつ病になり、10年以上通院。
43歳にして発達障害(ASD、ADHD)と診断されました。
40代男性です。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 発達障害 社会的孤立 tomo
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント