被害妄想と猜疑心 「自信がない」自分の裏側

体験談 とうふ

自分の些細な悩みを検索すると

「自分に自信がない人の特徴」という検索結果がよく出てきます。

 

確かに私は自分に自信がありません。

例えば異性から容姿を褒められたとしても

「お世辞だ」

「舞い上がらせて馬鹿にしようとしてる」

「後でお金や物を強請られる」

という被害妄想をしてしまいます。

飲み会などでも「自分が料理を取り分けたら、他の人が取り分けるのが嫌かもしれない」等思ってしまいます。

買い物する時も、店員さんの見た目に関わらず緊張して、異常にマナーがいい客になってしまいます。

たまにクレームを言える人が羨ましく思えるくらいです。

社交辞令も私が社交辞令をしていいものかと不安になります。

 

診断名はついていません。過去に何があったか言うのも思い出したくないので書きません。

聞かれても言いたくもない。聞いてくる人がいたら警戒して距離を置きます。

そんな自分の性格を考えて敢えて医師は診断名を出さないのかもしれません。

 

病名の話に逸れましたが「自信がない」という言葉に違和感を感じます。

私が出来ることは、全て出来て当たり前だと思ってます。

むしろ、私が出来ないから、私はこうして無職のままなんでしょう。

 

そもそも「自信がない」のではなく「自信を持っていい人間ではない」と考えています。

何かを始める時に「私はこうだからやるべきではない」と真っ先に考えてしまうのです。

どうせこの人と遊んでも嫌われてしまう。

ブスだから交通機関の遅延でも遅刻したら怒られる。

ミスをしたら頭が悪いと思われて馬鹿にされる。

出かけたら、引き篭もっていろと言われる。

そんな何かをするたびに被害妄想でいっぱいです。

まだまだたくさんあります。

もうプレッシャーだらけで嫌になります。

 

どうにかこうにかこの捻くれた性格を治したいとも思いますが、

治したら治したで簡単に騙されるただのブスが出来上がる気がして治そうと思いません。

 



【執筆者】
とうふ さん

【プロフィール】
23歳。


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 とうふ
このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

そらの 返信

とても分かります!私も自己肯定感が以上に低いです。
でも、少し違うかもしれません。
テンション高い時は褒められて嬉しいけど、病んでる時は、褒められても「いや、お世辞やろ?」みたいに思ってしまいますね。私の場合ですが。

体重とか周りに「羨ましい」と言われてもデブやん…とか思うし、
ブスだなって思うのに妹が「可愛いよー」とか言うので。後、人混みとか行行くと死にたくなったり、知らない人と目が合うと死にたくなる。
服屋の鏡を見るとブスって思う。死にたくなる。

そんな感じです。
とうふさんは、心に余裕がある時など
褒められて嬉しかったりとかしませんか?

あまれっと 返信

自信がないというより、自信を持っていい人間ではない
という部分にとても共感します。
誰が決めたわけでもないのに(他人の影響の場合もある)無意識に自分で自分を縛り付けてるんですよね。
だから、自身がない自分の事は嫌いだけれど、それを改善することも望んでないという。
どこにいっても、何をしても何か物足りなくて、絶望とまではいかないまでも、不快感、苦しみから逃れられない。人生はこういう物だと割り切ってしまえば楽になるけれど、やっぱり少しは期待してしまいます。
人も、社会も、この世界からとび出て逃げ出せたら良いんですけどね。それは死という選択しかなく、死にもまた苦しみが伴う。
楽に、なりたいですね。

ウンチョマス! 返信

自信というのはそれを持てない人にとっては持っても基本は毒になると思います、かと言って自信を持たなければ自己肯定感不足に苛まれます。
なので自信を持つことが難しいなら自信という概念、期待、希望という概念をなるべく消す努力をすべきだと思います。特別な修行や教えはいりません、ただ期待を止め、自信という何かに依る思考を止めるよう心がければ完全にとはいきませんがらくになりますよ。
人間は動物と違い未来を考えることができます、それ故に希望と絶望を持つのです。難しいとは思いますが現実の延長は未来ですのでそこに期待、希望、絶望などを混ぜ合わせない限りなく客観に近い未来を見るようにすれば楽になると思いますよ

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント