生活保護を受けてから発達障害の診断が出るまでの記録

体験談 発達障害 生活保護 しだれちゃん

こんにちはこんばんは、しだれです。

前回の記事の続きになりますので、まだの方は一度読んでいただけると幸いです。

【関連記事】
・ホームレス寸前から生活保護を受給するまで

生活保護が始まってからすぐ、派遣ではあったが仕事は見つかった。

でも、体調はずっと悪いままだった。

働き始めて間もないある日の晩。

人生初の突如喘息の発作が起こった。

耐えきれずに119番通報。

またも療養生活が始まる。

派遣会社との契約は続いたが、派遣先との契約は一旦打ち切りに。

それからというもの、喘息の症状が落ち着いても体も精神の状態も悪化の一途を辿った。

 

これからだ、ここからだ、という時に体調を崩したりする。またこれか。

生活保護受給者だ。

仕事を探さねば。

頭痛がする。吐き気がする。

そんな思考が脳内をグルグルと。

 

一昨年の暮、担当ケースワーカーから精神科に行くことを進言された。

『病院へ行って求職活動を続けるのが適切なのかどうか、指示を仰げ』ということでした。

明確な理由がない限りは、求職活動をやめてはいけないのです。

 

一昨年の末に予約をして、昨年の最初の営業日に初診を迎えることとなりました。

当日はかなり緊張したのを覚えています。

生活保護申請の際も、生い立ちや、いわゆる自分の痛いところを掻き回されているわけですから。

とにかく、自分の弱さを曝け出さなければならない事、何を言われるのか、どう扱われるのか‥不安と緊張と、そして家の外に出ているという"圧"のようなものでいっぱいでした。

 

担当医には、生活リズムが壊滅的であること、外に出ようとしたり求職活動について考えると頭痛や動悸、腹痛や吐き気がすること、気分が激しく落ち込む事、そしてケースワーカーから受診をすすめられた事など、現状をありのままに話しました。

すると担当医は『まずは初対面なんで、少しあなたの事を教えてください』と、出身や家族構成、家庭環境、学校ではどう過ごしていたか、その後、仕事などはどうだったか。"少し"と言う割には結構細かく聞かれました。

話し終わると担当医は、学校では忘れ物多かったですか?仕事で単純なミスや指示を覚えきれなかったり自分でも分からないような失敗しませんでした?など、的確に私の急所を突く質問を投げてきました。

どれも大当たりです。

 

『問題の根底には発達障害の傾向があるかも知れないので検査した方がいいかも知れないですね。』

との事でした。

そもそも発達障害については自分でも疑っていたところもあったので、あぁ、やっぱりか。といった感じです。

『ただ、今の状態で検査をしても悪い方向に振れるだけなのでまずは生活リズムを整える事と精神的に安定させる方を優先しましょう。』

医師はそう言いました。

そうして、私に与えられた病名は鬱と睡眠障害。

診断書(費用は役所負担)を書いて頂き、私は求職活動をせず療養に専念することとなりました。

 

その事をケースワーカーに伝えると、今度は自立支援医療制度について医師に確認するよう言われます。

元々、生活保護で医療費を自分で払わない私には関係ないように思えますが、生活保護は区が、自立支援は国が負担するので、まぁ使える制度は全部使った上で生活保護受けろよって事です。

この自立支援医療制度についても医師から診断書を頂き(診断書代は役所負担)、晴れて?自立支援医療制度も適応となりました。

この申請は専用の申し込み用紙と診断書を持参するだけでしたので、負担となったのは役所へ足を運ぶ労力だけでした。

 

かの有名なwais3を受けたのが昨年の2月。

内容は単語の意味を答えたりブロックの並び替えな。IQテストなのでそんな感じです。

九時半から十三時頃までの予定でしたが、結局、一時間ほど延長しました。終わった後の疲労感はとんでもなかったです。脳の全部を使った感じで、微熱があるような、頭が火照ったような、そんな状態になりました。

ちなみに、このテストは自費です。2500円です。

結果を教えてもらえたのは一ヶ月も先の事でした。

この間、発達障害だったらどうしよう?ハッタツショウガイってなに?どうやって生きていくんだろう。発達障害じゃなかったらどうしよう?ただのダメな人ってこと?これからどうやって生きていくんだろう。

これの繰り返しでした。結果が出る前の週なんかは整いかけていた生活リズムも精神もボロボロでした。

結果としては、言語理解や処理速度は平均以上でしたが、見た情報を記憶する能力、短期的な記憶、ワーキングメモ…要は記憶力が壊滅的でした。

記憶力が悪い為、同時作業がダメ。

何かに取り組んでいる時に話しかけられると内容が全く入ってこないなどの困難が発生します。

他にも発達障害由来の"生活する上での困難"はたくさんあるのですが、それはまた別の機会にでも…。

 

自立支援医療ですが、2ヶ月ほどで審査が通り、昨年の8月末には障害者手帳も取得しています。

現在は、鬱の症状も幾分マシにはなりましたが、倦怠感が酷く、また、睡眠のリズムも安定していないため、なにかの施設や求職については難しい状態が続いています。

正直、どこに、何に頼ったらいいかもよく分かっていません。

これから私はどうしたらいいのでしょうか。



【執筆者】
しだれちゃん さん

【プロフィール】
鬱、睡眠障害、発達障害のトリプルアクセル

Twitter : @shidarechan
blog : https://shidarechan.hatenablog.com/


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 発達障害 生活保護 しだれちゃん
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント