初めての閉鎖病棟、そこで感じた温もりが憎い

体験談 精神科入院 閉鎖病棟 Laster

初めて投稿させて頂きます。

宜しくお願いします。

 

本題に入る前に少し私自身の事についてお話します。

私は大学を卒業した後に一般企業に就職することが出来ましたが、この頃から徐々に精神がおかしくなっていき、ついには退職手続きを行う前に失踪し、余った貯金で東京のネットカフェを転々としておりました(期間にして4カ月程)。

その後帰宅し、暫くニートしていた後、なんやかんやあって前年(2019年)の10月に就職が決まり頑張ろうとしていたのですが、職場環境が私に合わない事に加え家庭環境もあまり良好ではなく、それらが重なった結果として11月末頃に練炭自殺を行いました。

結果として自殺は失敗したのですが、救急病院を退院後に閉鎖病棟へ行くよう勧められたので、それに従って精神病棟(閉鎖病棟)へ入院しました。

 

そんな閉鎖病棟の最初の面談で初めに書かされたのが、隔離に対する同意書でした。

要約すれば、「普通に生活したら何かしらの手段で自殺する可能性があるから、極限まで何もない空間に行って頂けますね?」という事です。

私は流石にこんな所まで来てNoという訳にはいかなかったのでそれを承諾しました。

私はこのという空間が大嫌いでした。とにかく何もない。

トイレと飲み水だけは最低限設置されていましたが、トイレはこちら側から水を流せない仕組みになっていて、水を流すときは外から看護師さんを呼ばなければなりません。

しかし何よりも、何もできずにただ生きてるだけというのが辛かった。

もっと言えば生きてるというより死なないだけという状態でした。

これは本当に「治療行為」なのか?ただの「罰則」じゃないのか?という疑問が頭の中でぐるぐる回転させながら、何とか一日を過ごせていました。

 

幸いにも3日程で地獄のような隔離部屋から引っ越しとなり、普通の患者様方と同じような生活空間に入る事となりました。

この頃から朝、医師・看護師の方々とお話をするようになったのですが、

まだまだ若いんですから大丈夫ですよ」

自殺が未遂に終わって良かったですね」

生きていれば絶対なんとかなりますから」...

このような希望を語る言葉で、私はちょっとずつ傷つきました。

前半部に書いた通り、私の社会人としての人生はボロボロと言って良いです。

何とかならなかった側の人間」なんです。

言ってる本人がそんなつもりで無いのは百も承知なのですが、もしこの後私の人生が良くならなかったら、私の存在自体も否定されてしまうのではないかと、そんな事を考えてしまいます。

特に医師の方がそのような言葉を用いるので、私としては早くここから出るために模範的な生活を送る様にし、結果として1ヵ月弱で退院しました。

只今通院中のクリニックではこのような言葉をあまり使わないため、心情的には大分楽になったと感じております。

 

ここまで長々と書いてしまいましたが、言いたい事は一つだけで「一般論の曖昧な希望を苦しんでる人間に向けて話されるとつらい」と個人的に感じております。

似たような経験、全く逆の経験をされた方。または詳しい知見を持っている方は是非コメント等で教えて頂ければ幸いです。

あんまり纏まりの無い文章になってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。この文章を読んだ方々が少しでも楽に生きられることを願っております。

 



【執筆者】
Laster さん

【プロフィール】
2019年11月に練炭自殺を試みたが失敗、精神病棟に1ヵ月ぶち込まれた後退院。適応障害診察済み。20代も後半に差し掛かろうとしているのに何も出来ない男。

Twitter : @C_nena_E


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 精神科入院 閉鎖病棟 Laster
このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

8823 返信

私も入院生活が嫌すぎて、2ヶ月以上かかると言われていたのに、1ヶ月で無理やり退院しました。おそらく善意のつもりで「あなたのためだから…」と話しかけてくるある意味優等生()でウェットな医師・看護師の言動は、ときに精神的な暴力のように感じました。浅はかだなあと思うこともありました。住んでいる世界の違いを日々見せつけられているようでした。

三原 返信

自分は精神科に通い始めてから4年ほど経つ人間ですが、カウンセラー、看護師からは同じような「一般論の希望」を言われ絶望していました
幸いにも担当の先生は、希望は言わず、かと言って寄り添う事もせず淡々と生きている事実を認めてくれます
そのような人ばかりだと有難いのですが上手くいかない世の中ですよね
どうか投稿主さんも自分も、ただただ生きて生きましょうね

ぽむ 返信

私は今31で、職歴が10以上あって、バックれ(精神的な限界による)が半分くらいだけど、全然生きてるよ。親からはクズだ、ダメ人間だと言われて、私も親はクズだと思ったし実家大嫌いだから家出た。友達も恋人もいない。ひとりぼっちだ。でも、クリニックやカウンセリング受けてだんだん好きなこと見つけて、自分の人生生きれるようになってきたかも。でも死にたい気持ちはあるけどね。まぁ、いろんな生き方があるさ。良い方向へ向かうよう、ささやかながら祈ってるよ。

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント