ストラテラを1日でギブアップした話

体験談 ADHD あおな

あこんにちは、あおなす。

この文章執筆している6ヶ月前にうつ病、ADHDと診断され、つい最近ASDとも診断されました。精密検査は受けていません。

さて、ADHDには現在成人向けにストラテラとコンサータが処方されるみたいすね。

ADHDググると大量にマシになったという経験談が見られます

しかしながら、合わずに断薬したという話はほとんど見られません。

今回はわずか1でストラテラをギブアップした私のお話す。

なお、最後にも述べていますが、断薬する場合はちゃんと医者に相談しましょう。

読みづらいかもしれませんが、駄文にお付き合い願います。

 

初めての抗うつ剤


ADHDと診断された時、同時にうつ病とも診断され、まずはストラテラではなう抗うつ剤が処方されました。名前は忘れましたが、吐き気や眠気などの副作用があるかもと説明受けたと思います。

そこ、問題なのが、私は事あるごとに吐き気など身体が拒否反応示すことがあり、薬に対してかなり恐怖心がありました

多分薬じゃなくて吐き気に対してかなりの恐怖症があるのだと今は思います。

しかしながら、処方されたものは勝手に断薬してはならないと聞きます。

これマシになるのかなーと恐怖心抑えて数飲んみました

飲んだそのからやたら身体がだるくなり、同時に吐き気が定期的に訪れるようになります。あくびするとめっちゃ吐きそうになるし、も眠いからあくびはめちゃくちゃ出る。

応吐き気止め貰ってましたが、全く効かない。

これだけもう精神的に苦痛すぎてとうとう耐えられませんした

これむしろ悪化してない?

この薬に対しての恐怖感が倍増し、医師に無理だと伝えて断薬しました

また、もうつ問題があって、当時も今も私の行動は全てバイク便りす。

都市に住んはいますが、公共交通機関に乗ると吐いてしまうので、かなりコンディションが良いないと電車に乗れません。

しかしながら、私が処方された抗うつ剤には運転などの操作は避けるよう明記されていました。乗ってるって話したら怒られちゃった(当たり前)

 

初めてのストラテラ


うつ病は今だに改善すらしてないけど、休職期間も終わったの騙し騙し薬なし働いていたら、ついにその提案がきてしまいました。

「ストラテラ、飲んみる?」

正直前回の件かなり抵抗がありましたが、医者が言うには運転も大丈夫とのこととりあえず安心。ただ、吐き気などが出る可能性があると言う事かなり少量の10mgから始めることにしました

そして、次の仕事だったのちょうど良い機会と試しに飲んみることに

しばらく経っても...あんまり良い変化が感じられません。

相も変わらずミスが多かったりボーッとするしなんか吐き気もきました

事前調査たらふく食べると吐き気こないと知っていたので満腹にしていたにもかかわらず吐き気が襲って来ました。

たらふく食べてしまったおかげで、そいつら戻さないことに集中してしまう始末だし、とても仕事がきたもんじゃないす。

なんか全身に倦怠感も来たし、真面目にやばい。

何とか仕事終えてバイクのところま行こうと歩き出すと、やばいくらいしんどいしだるい。

これバイク乗れるか?も乗らないと帰れないしどうしたもんか。

歩くのも無理だし、とりあえずバイク最短ルート慎重に帰ることに。

運転中もなんとか体支えてるのが現状いつ倒れてもおかしくなかったす。

家に帰ってからは即行布団に倒れ込み、家事しては倒れ込みの繰り返しした

次のもなんかしんどいしこれは断薬決定す。

医者の判断どうこうじゃなくてもう無理、限界す。

ストラテラは効果が出るま時間が出ると言いますが、頭冴えても体動かないんじゃ意味がない。

医者に事の顛末告げると「とても敏感すね〜〜」と言われました

それっきり漢方薬以外は服用しなくなりました

当の漢方薬もあんまり効いてる気はしないのだけれど。

 

自動車運転のお話


ちょっと話は変わりますが、自動車運転のお話す。

ストラテラは副作用により眠気やめまいが起こるとされていて、運転などの危険が伴う操作は避けるよう明記されています。

病院によっては避けるようじゃなくて禁止と明言してる場合もあるみたいすね。

実際に私の場合は倒れそうなくらいになったたわけすから明らか運転してはいけない状態した

法律面は詳しくありませんが、この状態運転すると法律に引っかかるよう死傷させてしまうとかなり重い罪になるみたいすね。

この話見て血の気がさーっと引きました

医者大丈夫言うとったやんけ!!!今バイクやぞ!!

 

ということなのもし初めて処方されるって方は自動車の運転には要注意す。

人によっては副作用が目立たない人もいるかもしれせんが、私みたいに副作用が目立ちすぎる場合もあるの飲む数の間は自動車乗らない作って様子見したほうがいいすね。

二輪だったら転けてアッハッハ終わりかもしれませんが、四輪だと他者に対する安全マージンが少ないの最悪の事態になりかねません。

また、ストラテラ以外も抗うつ剤などの精神・神経系用剤は副作用の都合上結構な割合運転禁止になってるの、自動車勢は処方されたら薬の注意事項はしっかり見ましょう。

ちなみに自転車も同上す。

 

まとめ


こんな感じに私は二度も服薬を断念しました

あんなしんどいのには耐えられないので、当時も今も全く後悔していません。

二十数年間これ生きてこれたんだからなんとかなるしょと楽観しています。

というわけ副作用がきつすぎて無理だと思ったら医者に相談しましょう。

私みたいな例は稀だと思いますが、調整してもらったりきるの無理はしないように。

ただ、勝手に治ったと勘違いして断薬するのはまた違うの履き違えないようにしましょう。

どちらにせよまずは相談すね。

私は通院予定が3週間後だったの勝手ながら断薬しましたけど...。

自動車に関しては、致命的な副作用なの本当に注意しましょう。

他人に被害が及んだらそれこそ人生終わりす。

赤字ポジティブなことばっかり書いてる記事が散見されるけど、こういうネガティブな話も増えればいいんだけどなぁ。

ポジティブな話見た後だから落胆がかなり大きかったす。



【執筆者】
あおな さん

【プロフィール】
バイク酷道・険道探索することが趣味のプログラマす。
生きづらさ趣味濁しながら今も生きてます

Twitter : @kiri_wiz

ブログ : 気まま酷道探索記


募集

メンヘラ.jpでは、体験談・エッセイなどの読者投稿を募集しています。
応募はこちらから

メンヘラjp公式ツイッターはこちらから

この記事のカテゴリ・タグ

体験談 ADHD あおな
このエントリーをはてなブックマークに追加

0件のコメント

コメントを残す

返信をキャンセル
返信先コメント