メンヘラ.jp

青森市への要望書/青森市からの回答書。青森市はひきこもり問題に後ろ向きだった!

支援者団体
青森さくらの会

 平成31年1月8日に、特定非営利活動法人KHJ全国ひきこもり家族連合会と青森さくらの会は連名で、小野寺晃彦青森市長に「ひきこもりの実態調査及び支援施策の強化を求める要望書」を提出。そして、2月15日には提出した要望書に対する回答書が交付されました。

 青森市に提出した要望書、青森市からの回答書は、青森さくらの会ブログにPDFファイルで掲載しています。
http://aomori-sakuranokai.org/youbousyo/1128/

 青森さくらの会は、青森市と何度か意見交換などを行い、当事者、家族がそれぞれの思いを話しましたが、青森市からの回答書にはありきたりのことしか書いておらず、ほぼゼロ回答同然。加えて、青森市の福祉部障がい者支援課長から「今後の要望書を出すのをしないで頂きたい」との発言までありました。

 このような青森市の姿勢から、ひきこもり問題に対して前向きに取り組む気が無いことが明白に現れてます。

 青森さくらの会と青森市の一連のやり取りについては、総会議案書に記載されているので、ご参照下さい。
http://aomori-sakuranokai.org/wp-content/sakuranokai/pdf/soukai_pdf/%E5%B9%B3%E6%88%9031%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%B7%8F%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E6%A1%88%E6%9B%B8.pdf

このブログを書いた人

shimoyama hiroo_さん