メンヘラ.jp

第21回 みとうじしゃ研究会 ~梅のつぼみっておいしそう~

第21回 みとうじしゃ研究会 ~梅のつぼみっておいしそう~

日時 2020年2月18日 17:00
場所 茨城県水戸市宮町1-1-1水戸駅周辺(お問い合わせください。)
費用 無料
定員 0人 / 10人

(み)とうじしゃ研究会 イベント主催団体

ま湯 イベント主催者

参加するために会員登録

水戸市の当事者研究会。毎月1回の開催です。

参加者の抱える「こまりごと」について、あーだこーだとおしゃべりします。

参加費無料。時間内の入退室は自由です。

セミクローズドのため、開催場所はお問い合わせにて。メール、SNS他、手段はなんでも。

---
「(み)とうじしゃ研究会」
は、水戸を中心として活動しています。

当事者研究とは……
北海道の「浦河べてるの家」で始まった、取り組みです。
SST(ソーシャルスキルトレーニング)や、認知行動療法などが基礎となっています。
特徴は、カウンセラーや支援職をメインにせず、当事者と参加者全員で行うという点です。
参加者の困りごと(=研究テーマ)について、ホワイトボードに可視化しながら、
みんなで研究して行きます。

当初は、精神障害の当事者や、その家族に向けて行われていました。
ですが、現在はその垣根を越えて、「子育ての当事者研究」「支援職の当事者研究」など、さまざまな当事者研究が行われています。

「(み)とうじしゃ研究会」は、「なんかモヤモヤする人」や、「なんか生きづらい人」の当事者さん、そしてその周辺の方々が参加できる当事者研究のあつまりです。
---

「悩み事」や「困り事」は、一人で考えこむと、負のスパイラルにはまりがちです。
ここは、ひとりだけではなく当事者同士の場です。
複数人で、「個人」ではなく、「悩み事」や「困り事」そのものについて話し合うことによって、より客観的に問題へ向き合いやすい環境を作っています。

☆もちろん、「とりあえず見学だけ」も大歓迎。
気になったらお気軽にメッセージください。

-----------------
もっと当事者研究?という方は……
→『べてるねっと 当事者研究の部屋』https://bethel-net.jp/tojisha.html
当事者研究発祥の地、北海道浦河の事例集です。「生きづらさの研究」等は、共感できる方も多そう。

開催場所

参加するために会員登録